色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

造幣局の桜の通り抜けの屋台の様子は?最寄り駅はどこ?所要時間は?

2017/01/26

614635

造幣局の桜の通り抜けを見に行くことを考えた時、「周辺に屋台とか出ているのかな?」と気になることもあるかと思います。

せっかく行くのでしたら、桜を見たり、美味しい食べ物を食べたりして楽しみたいですよね。

ここでは、造幣局の桜の通り抜けの周辺の屋台の様子はどうなのか、最寄り駅はどこになるのか、造幣局の桜の通り抜けにかかる所要時間はどれくらいなのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

造幣局の桜の通り抜けの屋台の様子はどうなの?

造幣局の桜の通り抜けの周辺に屋台は出ているのかどうかですが、造幣局の敷地内(構内)には記念メダルなどの販売テントを除いて、屋台などのお店は出ていませんが、造幣局の通り抜けのルートに沿った大川沿いの散歩道には、桜の通り抜けが行われる期間は盛大に屋台が出ます

 

また、桜の通り抜けが行われている期間はライトアップがされ夜桜を楽しむことができますが、屋台も昼間だけでなく、その時間帯に合わせて出ています。

 

屋台が出ている時期は、桜の通り抜けが行われる1週間前あたりから、まばらではありますが屋台が出始め、桜の通り抜けが行われている期間中がピークとなり、通り抜け期間が終了するのに合わせて屋台もなくなります。

 

ただし、造幣局の敷地内での飲食は禁止されていますので、屋台で購入したものは造幣局の敷地内には持ち込まず(食べ歩きなどはせず)、周辺の公園などの敷地外で飲食を行うようになさってくださいね。

 

造幣局の桜の通り抜けの最寄り駅はどこになる?

造幣局の桜の通り抜けの最寄り駅ですが、

・地下鉄谷町線・京阪本線「天満橋駅」

・JR東西線「大阪天満宮駅」

・JR東西線「大阪城北詰駅」

となります。

 

地下鉄谷町線・京阪本線「天満橋駅」から向かう場合

天満橋駅から向かう場合は、主に2つのルートがありまして、

1:「京阪東口2号出口」を出て川を渡り右折し、川沿いを歩いて向かう

2:「1号出口」を出て土佐堀通りを京橋方面へ向かい、今橋を渡ると大阪城側から伸びる陸橋があるので、そのたもとを左折し、京阪の高架をくぐり、川崎地蔵尊横の川崎橋を渡り右へ向かう

というルートがあります。

 

「1」のルートが多くの方が通る主なルートとなりますので、桜の通り抜け期間中は結構混雑しますので、劇的な混雑ぶりに変化があるわけではないですが、少しでも混雑を避けたい場合は、「2」のルートをおすすめします。

 

徒歩で向かう場合の所要時間の目安は

・「1」/「2」のルートとも『約15分』(混雑時)

程となっています。

 

ご参考までにアクセスルートの地図をご紹介しておきます。

※青の点々がルート「1」です。

 

JR東西線「大阪城北詰駅」から向かう場合

大阪城北詰駅から向かわれる場合は、『3号出口』から出られて造幣局の入り口まで向かうルートがありますが、造幣局の入り口まで少し距離があります。

 

ですが、比較的スムーズに造幣局の入り口まで向かうことが出来るのでおすすめのルートとなります。

 

ご参考までにアクセスルートの地図をご紹介しておきます。

※青の点々がおすすめのルートです。

※徒歩で向かう場合の所要時間の目安は『約15分(混雑時)』です。

 

JR東西線「大阪天満宮駅」から向かう場合

大阪天満宮駅から向かわれる場合は、『JR2号出口』から出られて造幣局の入り口まで向かうルートがあります。

 

こちらも造幣局の入り口までは距離がありますが、地下鉄谷町線・京阪本線「天満橋駅」から向かう場合よりはスムーズに向かうことが出来るかと思います。

 

ご参考までにアクセスルートの地図をご紹介しておきます。

※青の点々がおすすめのルートです。

※徒歩で向かう場合の所要時間の目安は『約20分(混雑時)』です。


造幣局の桜の通り抜けにかかる所要時間は?

造幣局の桜の通り抜け通路の距離は『約560m』となっていまして、大まかな目安での所要時間は【約15分】程となります。

 

ですが、混み具合により、前に進む速さも異なってきますので、長い時ですと通り抜けるまでに【約30分】ほどかかる場合もあります。

 

写真などを撮ったりしていれば、さらに時間はかかることもあります。

 

また、造幣局の桜の通り抜け通路は《一方通行》となっていまして、入り口は「造幣局南門(天満橋側)」から入り、出口は「北門(桜宮橋側)」となります。

※北門からの入場はできませんのでご注意ください。

 

通り抜け通路の開閉時間は、

・平日…「午前10時~午後9時まで」

・土/日…「午前9時~午後9時まで」

となっています。

 

日没後にはぼんぼりなどでライトアップされ、夜桜を楽しむこともできます。

 

造幣局の敷地内での注意事項ですが、

・敷地内での飲食厳禁

・敷地内は全面禁煙

・自転車での入場は不可

・ペットの入場は不可

・敷地内での日傘や自撮り棒の使用は不可

・ロープで規制されている区域内への進入は不可

となっていますのでご注意くださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

造幣局の敷地内での飲食はできませんが、実際に訪れる方々の多くは、桜を見る楽しみと、屋台を見て回る楽しみとの両方を楽しまれていますので、ご自分のお好きなペースで楽しい時間をお過ごしになってくださいね。

-春の行事
-,