色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

秩父の羊山公園の芝桜の見頃は?アクセス方法は?食事はできる?

2017/01/27

380309

秩父の羊山公園に芝桜を見に行こうと思った時、せっかくなら良い時期に行きたいですので、「見頃はいつなのか?」と気になりますよね。

ここでは、秩父の羊山公園の芝桜の見頃はいつごろなのか、見に行く場合のアクセス方法や食事をするところはあるのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

秩父の羊山公園の芝桜の見頃はいつ?

秩父の羊山公園の芝桜の見頃はいつ頃なのかですが、見頃の時期は「4月中旬~5月上旬」頃までとなります。

 

その時期の天候などにより多少のズレが起きることもありますが、4月の中旬を過ぎた辺りから見頃の時期となり、ピークは4月の下旬頃となります。

 

毎年、芝桜が見頃となる時期に合わせて「芝桜まつり」が開催され、多くの方々が訪れます。

 

普段は入園料は無料なのですが、芝桜まつりが開催されている期間の間は入園料がかかります。

 

その入園料は、

・一般…「300円」

・一般団体(20名以上の申し込み)…「250円」

・中学生以下は「無料」

・障害者手帳、療育手帳、又は、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方は「無料」

となります。

 

また、入園時間は「8時~17時まで」となっていまして、ライトアップは行われません。

 

芝桜の開花状況に関しましては公式サイトで詳細を確認できますので、よろしければご確認なさってみてくださいね。

⇒ 芝桜の開花状況を公式サイトで確認する

 

秩父の芝桜を見に行く場合のアクセス方法は?

秩父の羊山公園までのアクセスですが、車と電車によるアクセス方法がありますのでご紹介します。

 

車でのアクセス方法

車で羊山公園に向かわれる場合ですが、カーナビをお持ちで羊山公園の住所を入力する場合は、「郵便番号368-0023 秩父市大宮6360」と入力なさってください。

 

次にアクセス方法ですが、

・「関越自動車道花園IC」から国道140号に入り、『皆野寄居バイパス』を利用して【約25km】走る

・「圏央道狭山日高IC」から国道299号に入り【約39km】走る

がありますが、秩父へ向かう道がこの2つのルートしかないため、芝桜の見頃の時期はどちらのルートとも大変混雑します。

 

そのようなことから、羊山公園には駐車場(約300台分)も幾つか用意はされていますが、その駐車場にたどり着くまでに相当な時間がかかることを覚悟なさる必要があります。

 

特に芝桜の見頃のピーク時となる4月下旬頃は、ゴールデンウイークに入る時期と重なるため、特に大変混雑してします。

 

そのため、入園までにさらにかなりの時間がかかってしまうこともありますので、出来る限り早めに出かけられることをおすすめします。

 

ちなみに、羊山公園内の駐車場に車を停める場合は、芝桜の見頃の時期のみ有料となり、その駐車料金は、

・普通車(軽も含む)…「500円」

・バイク…「200円」

となっています。

 

もし、駐車場が満車の場合は「臨時の駐車場」へ案内される場合があります。

 

また、「4月25日以降」の土・日・祝日は交通規制が行われるため、羊山公園内への車両進入が禁止となり、郊外に設けられた臨時駐車場へ駐車されて、そこからシャトルバスに乗って羊山公園へ向かうことになります。

 

その場合の臨時駐車場の場所は「道の駅ちちぶ裏」と「秩父ミューズパーク」となりますので、各それぞれへのアクセス方法は公式サイトにて詳細をご確認なさってください。

道の駅ちちぶの公式サイトはこちら

秩父ミューズパークの公式サイトはこちら

 

電車でのアクセス方法

電車で向かわれる場合は、

・「西武鉄道横瀬駅」から徒歩で『約1.4km』

・「西武秩父駅」から徒歩で『約1.5km』

・「秩父鉄道御花畑駅(芝桜駅)」から徒歩『約1.5km』

などの方法がありますが、どの駅も最寄りの駅といっても、羊山公園まではそれなりの距離があり、それまでの道のりには坂が多くあります。

 

とはいえ、小さなお子さんでも十分に歩くことが出来ますが、ある程度の時間がかかるということを考えられておいたほうが良いでしょう。

 

ご参考までに、あくまでも目安ですが、所要時間は【20分~30分(長めに見て)】くらいかかることを考えられておくと良いでしょう。

 

また、道中は坂道が多い他に、舗装されていない場所もあったりしますので、道中で足を痛めたり、靴ずれを起こしたりしないためにも、履いていく靴はできれば「スニーカー」などの歩きやすい靴にされたほうが良いでしょう。

 

最寄り駅から羊山公園まではバスなどの公共交通機関がないため、基本的な移動方法は「徒歩」か「西武秩父駅、秩父鉄道秩父駅からの構内タクシー」を利用することになります。

 

ただし、タクシーに乗った場合ですが、周辺の道路は大変混雑していますので、歩いたほうが良い場合もあります。

 

また、徒歩の場合ですが、周辺の道路や羊山公園内の道路などには、多くの車が通ったりしますので、歩行の際には十分にご注意なさってくださいね。

秩父の芝桜が見られる場所で食事をするところはあるの?

芝桜が見られる羊山公園内には、「芝桜の丘」の隣で『秩父路の特産市』が開催されていまして、芝桜の開花期間中は《うどん》や《そば》をはじめとする軽食を取ることが出来ますので、食事で困るということはありません。

 

また、公園内にお弁当を持ち込むことも可能で、ゴミはお持ち帰りする必要がありますが、公園内にはベンチが用意されていたり、「わんぱく広場(芝生)」にてシートを広げて(シートは持参)食事をすることもできたりします。

 

ただし、食事を持ち込むことが可能だとしましても、公園内でのバーベキューは禁止となっていますのでご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

秩父の羊山公園は芝桜の見頃の時期は大変混雑しますので、出来る限り早めに行動をされるようになさってくださいね。

-春の行事
-,