色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

大掃除の窓拭きを上手にするコツは?外側の拭き方や新聞紙の活用方法は?

489234

大掃除をそろそろ始めようと思い、窓拭きをしようと思ったけど、
「窓拭きって結構大変だったりする…。」と思うことありませんか?

キレイに窓を拭いたつもりでも、水滴や洗剤の痕が残っていたり、
それが気になってまた窓拭きをするハメになると、
前よりもやる気が無い状態でやることになるので
本当に嫌ですよね…。

ここでは、大掃除の窓拭きを上手にするコツや、
外側を上手く拭く方法、新聞紙を使った方法などを紹介していますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

大掃除で窓拭きを上手にするコツとは?

大掃除で窓拭きをする際ですが、
窓拭きでよく言われている悩みの一つとして、
「窓に水滴や洗剤の痕、汚れが残ってしまう」ということが
挙げられます。

そうなってしまうと、時には何度もやり直さないといけなくなったり、
やる気力がなくなりそのままにしても、
結局それが気になってしまったりということがあったりします。

そうならないためにも窓拭きを上手に行いたいところですが、
そのコツをご紹介しますね。

 

まず、必要なものとしては、

・窓拭き用のワイパー
 (スクイジーとかガラスワイパーとも呼ばれています)

・水を入れたバケツ

・雑巾3枚
 (水拭き用/ワイパー使用時の水分の拭き取り用/最後の仕上げ用)

※「ワイパー使用時の水分の拭き取り用」と「最後の仕上げ用」は、
 1枚でいける場合は《合計2枚》でも構いません

となります。

 

これらを使って窓拭きをしていきますが、

1:雑巾にたっぷりと水分を含ませて、絞らずに窓を拭いていきます。

※どうしてもベタベタが気になる場合は、
 多少絞っていただいても構いませんが、絞り過ぎないようにして、
 水分をある程度含んでいる状態で窓を拭くようにしてください。

 また、水拭き用の代用として固めのスポンジでもOKです

2:ワイパーで水滴をきっていく

3:下に落ちた水滴を乾いた雑巾で拭き取る

以上が手順となります。

ここでは、洗剤を一切使用していませんが、
洗剤を使うと、その使った洗剤が痕になって残ってしまうなど、
かえって汚れを広げてしまい大変なことになる可能性があるので、
洗剤を使わないことが上手に窓拭きをするコツだったりします。

洗剤を使わなくても、これだけで十分にキレイにすることができますよ。

 

ポイントとしましては、水滴が乾いてしまい痕にならないためにも、

「水拭きをした後に間を空けずに
すぐにワイパーで水滴を切っていく(下に落としていく)」

ということが大切です。

 

また、ワイパーを使う際のコツは(右利きの方の場合)、

1:窓の上から、窓の左側から右側へとかけていく

※(その際は右端を10cm程はかけずに残しておく)

2:1段目が終わったらキレイな雑巾で水分を拭き取る

3:2段目を行う時は、少し1段目と重なるようにしてかけていく

※(1段目と同じように右端10cmはかけずに残しておく)

4:1~3を繰り返して一番下までワイパーをかけていく

5:最後に残した右端10cmの部分を上から下にかけていく

となります。

左利きの方の場合は、左右が反対になります。

※「1」のところでいいますと《右側から左側へ》となります。

 

もし、どうしても洗剤やガラスクリーナーなどを使いたいという方は、
それらで拭いた後に、
洗濯でいうところの「すすぎ」に当たる部分と捉えていただき、
しっかりと水洗い(水拭きなど)をしてください。

上記でお伝えしましたところと同じになりますが、
こちらの場合でも、水拭きの後は、すぐに水気を切ってくださいね。

また、洗剤を使う場合は、台所用洗剤などをお使いになり、
水で薄めたものをお使いになってくださいね。

 

余談ですが、窓拭きをされる際の天気は、
天気の良い日より雨上がりや曇の天気の時のほうが、
空気が湿っている関係で汚れが取れやすいようですが、
こちらはあくまでもご参考程度になさってくださいね。

 

大掃除で窓の外側をキレイに拭く方法とは?

大掃除で窓を拭く時ですが、
外側を拭くのって結構大変だったりしますよね。

特にベランダのないところの窓を拭く場合、
手が届かない、または届きにくかったりしますし、
かといって、体をあまり外に出すのは危険ですので、
どうしても窓の外側が疎かになってしまいがちです。

 

その窓の外側をキレイに拭く方法ですが、
上記のところでも登場しました「窓拭き用ワイパー」を
お使いになられると、手が届かなった部分に手が届きますし、
雑巾よりも力を使わずにキレイに拭けるようになります。

ただ、使うにはちょっと慣れが必要なところもあったりしますので、
初めて使われる、またはあまり慣れていない場合は、
柄の部分が短いタイプのもの(または、短くされて)を使われる良いでしょう。

窓の状態や、お使いになる方によって違いは出てきますが、
目安としましては「30cm」程のものを使われると良いでしょう。

※あくまでも目安ですので、
 これより長いと駄目ということではありません。

 

窓拭き用ワイパーを使っての方法としましては

1:霧吹きで窓に水分をかけていきます。

※外側は下に水分が落ちた時に、
 内側よりも拭き取り作業が大変なため、
 あまりかけ過ぎないようにしましょう

※霧吹きが大変な場合は、
 部屋の掃除などで使われるフローリングワイパーなどの先に
 雑巾か、スポンジたわしをゴムなどを使って固定し、
 水分を含ませて窓を拭かれると良いでしょう。

2:窓拭き用ワイパーで水分を切っていく

3:下に落ちた水滴を乾いた雑巾で拭き取る

となります。

ワイパーの使い方のコツは
上記でお伝えしているとおりとなります。

 

窓の外側を拭かれる際ですが、落下の恐れもあるため、
ご無理をされないようになさってください。

 

大掃除の窓拭きで新聞紙を活用してキレイに拭くコツは?

大掃除の窓拭きで新聞紙を活用することで、
窓をキレイにすることができるのですが、
ちょっとコツが必要となったりします。

 

そのコツですが、

・新聞紙はクシャクシャにして使う

・新聞紙を使う場合は、
 はじめに雑巾、または、少し濡らした新聞紙で水拭きをした後に、
 乾いた新聞紙で乾拭きをする

ということが挙げられます。

 

新聞紙をクシャクシャにせずにそのまま使うと、
新聞紙を使う効果が薄くなってしまうようなので、
使う際は必ず一度クシャクシャになさってください。

 

次に、水分がない状態でいきなり新聞紙で拭いても
あまり効果が発揮されにくいので、
窓に水分がある状態で新聞紙を使うようにしてください。

 

ちょっとしたことではありますが、
しっかりとコツを守っていただきながら使われることで、
窓をキレイにすることができますので、
ぜひご参考になさってみてくださいね。

 

余談ですが、新聞紙は様々ところで活躍しますので、
参考までにお伝えしておきますので、
宜しければご活用なさってみてください。

 

■新聞紙の活用方法:

・畳の下に敷くことで、保温や隙間風の防止になる

・押し入れの下に敷いてスノコを置くことで、押し入れ内の湿気を取る

・お弁当をはじめとする、暖かいものの保温用として使える

・白菜や野菜を新聞紙でくるむことにより、温度差を防止する

など、ちょっとしたことではありますが、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

まとめ

大掃除の窓拭きは結構大変だったりしますが、
窓拭きをされる際に、
少しでもお役に立つことができれば嬉しく思っています。

また、年末に行われる際は、水でお手を冷やされたり、
外気でお体を冷やすことになりますので、
お体には特にお気をつけなさってくださいね。

-冬の行事
-,