色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

入学祝いのお返しはいつ送ると良いの?品物は何がいい?相場は?

2017/01/31

366716

入学祝いを頂いたのでお返しをしようと思っているけど、「いつ頃までにお返しをするのがマナーとして良いのか?」と疑問に感じることもあるかと思います。

 

ここでは、入学祝いのお返しはいつ頃までに送ると良いのか、お返しの品物は何が良いのか、相場はいくらぐらいなのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

入学祝いのお返しはいつ頃に送ると良いの?

入学祝いのお返しを送る時期ですが、入学祝いを頂いたタイミングにもよりますが、基本的にはお祝いを頂いてから1ヶ月以内までにはお返しをされるのが良いでしょう。

 

入学式よりも前にお祝いを頂いた場合は?

もしお祝いを入学式よりも前に頂いていた場合は、「4月上旬頃まで」にお返しをされるのが理想ですが、遅くても4月中までにはお返しを送られるようになさると良いでしょう。

 

ただし、たとえ入学式よりも前にお祝いを頂いていたとしても、そのお返しを入学式の前に送るのは早すぎますので、「無事に入学式を迎えることができました。」というご報告も兼ねる意味でも、早くても入学式を終えた後に送るようになさってください。

 

入学式後にお祝いを頂いた場合は?

入学式後にお祝いを頂いた場合は、頂いた日から1ヶ月以内までにお返しをされれば良いですが、あまりに早すぎるタイミング(1週間以内)で送ってしまいますと、お祝いを待ち構えていたように感じられてしまう可能性もあります。

 

そのため、お祝いを頂いてから「2週間前後(早くても10日後以降)~1ヶ月」を目安にお返しをするようになさると良いでしょう。

 

お祝いのお返しを送るタイミングは上記のようになさると良いですが、お礼のご挨拶は「頂いたらすぐにする」ようになさってください。

 

その場で頂いた場合は、その場でお礼の挨拶を行い、お祝いを送って頂いた場合は、先方の方は「ちゃんと届いただろうか?」と心配をされていますので、その心配を払拭することとお礼の言葉を伝えるためにも、お祝いが届いたその日に電話をするようになさると良いでしょう。

 

また、その時は、お祝いを頂いたお子さんご本人からも一言でも十分ですので、お礼の言葉を伝えるようになさると、お祝いを送られた方もきっと喜ばれるかと思います。

 

お礼をされる際ですが、メールでのお礼は「失礼なことだ。」と感じる方もいますので、そのようなことだけはしないようになさってくださいね。

 

入学祝いのお返しは何がいいの?

入学式のお返しは何が良いのかと本当に悩むところではありますが、一般的にお返しとして人気な品物をご紹介します。

 

入学祝いのお返しに人気な品物は?

・箱詰めのお菓子類

・ジュースやお酒などの飲み物類

・タオルセット

・カタログギフト

などが人気となっています。

 

上記のものはあくまでも一般的にお返しとして人気となっているものというだけですので、お返しを受け取る方の年齢や性別、好みなどによるところもあることから、上記のものから必ず選ばなければならないというわけでもありません。

 

もし、その方の好みなどが分かっていらっしゃいましたら、その品物を送られても大丈夫です。

 

また、相手の方の好みが分からないということで、入学祝いのお返しの品物としてカタログギフトがかなりの人気となっているのは確かですが、人によって(特にご年配の方)は手抜きをしていて心がこもっていないと感じる方もいらっしゃいます。

 

そのため、カタログギフトを送られる場合は、お子さんの入学式の写真や、一言でも構いませんので、お子さんのお礼の言葉を綴ったお手紙やカードなどを一緒に添えられると気持ちも伝わり喜ばれると思います。

入学祝いのお返しの相場はいくらぐらい?

入学祝いのお返しの金額の相場ですが、

・「3分の1~半額」程度

となっています。

 

一般的に多いのは「半額」程度となっていますが、これは、一般的にということであり、『3分の1』程度はいけないということではなく、必ずしも半額でないといけないというわけでもありませんが、「3分の1か半額か結局迷う…。」という場合は【半額程度】になさると良いかと思います。

 

また、頂いたお祝いによっては、「その品物の金額がいくらぐらいなのか…。」と判断に迷うこともあるかと思いますが、このような場合は、大体の価格を判断し、その半額程度のお返しを選ばれれば良いです。

 

必ずしもお祝いの金額をしっかりと把握して、その半額ピッタリに返さないといけないというわけでもありませんし、もともと、基本的には入学祝いのお返しは必要なかったりするものですので、逆にそのようにしっかりと調べてその半額どおりのものを返すというのはどうかと思います。

 

ですので、あくまでも、大体で「3分の1~半額(迷う場合は半額)」程度のものをお返しするくらいのお気持ちでおられると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お祝いのお返しをされる場合は、送る時期は遅くなるよりかは早いほうが良いですが、早すぎるタイミングでのお返しは避けるようになさってください。

 

また、お返しの品物は相手の方の好みが分かっている時はそれに該当するものを送られて、分からない場合で迷った時は「人気の品物」から選ばれれば良いかと思います。

 

もし、お返しの金額の相場も迷われた場合は「半額程度」を目安にされると良いかと思いますので、相手の方への感謝の気持ちを込めた、あなたらしく、お子さんらしいお返しをなさってくださいね。

-春の行事
-,