色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

仕事

ビジネスマナーエレベーターを上司と乗る時順番は?複数は?上座は?

8fd663ab32ef88205236b66a53988273_s

ビジネス場面では、エレベーターに上司や先輩の方と一緒に乗る機会もあったりしますが、そんな時、「エレベーターに乗る順番ってどうすると良いのだろう…。」と悩むこともあるかと思います。

できれば恥はかきたくないですので、しっかりと分かっておきたいところですよね。

ここでは、ビジネスマナーでエレベーターに上司と乗る時の順番はどうすると良いのか、複数いる場合での順番や、エレベーター内での上座はどこになるのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

ビジネスマナーでエレベーターに上司と乗る時の順番は?

ビジネスマナーでエレベーターに上司と一緒に乗る時の順番はどうすると良いのかですが、基本的には上司の方に先にエレベーターに乗っていただくよう、「どうぞ」と先に乗るように促して、その間、ご自身はエレベーターの扉が閉まらないように扉を押さえておくようにして、最後にエレベーターに乗るようにしましょう。

 

エレベーターに乗りましたら、操作盤の前に経ち、出来る限り自分の背中はエレベーターの壁側に向くようにして、上司に背を向けないようにしながら、上司の方に「何階に行かれますか?」と聞き、言われた階のボタンを押します。

 

目的の階にエレベーターが到着しましたら、

・同じ階で降りる場合は、上司の方に先に降りていただいた後で自分が降りるようにする(その間、扉が閉まらないように「開」ボタンを押しておく)

・先に上司の方が降りられる場合は、軽く一礼するようにする

・自分が先に降りる場合は、「失礼します。」と一言挨拶するようにする

ということをなさると良いでしょう。

 

ただ、エレベーターの乗る際の順番はケースバイケースによるところもあり、状況によっては自分が先に乗った方が良い場合もあります。

 

一つの例を挙げますと、小さなエレベーターの場合では、入り口が狭いことが多く、そのような時に扉を手で抑えるようなことをしてしまうと、さらに入り口が狭くなり、かえって邪魔になってしまうことがあります。

 

このような場合は、自分が先に乗り、上司の方を迎えるようにされたほうがスムーズにいく場合が多いです。

※ただし、先に乗る場合は「お先に失礼します。」と一言言ってから乗るようにしてください。

 

そのため、基本的な考えとして、ビジネス場面でエレベータに乗る場合、

・上司の方と一緒の時は、先に上司の方に乗っていただくようにする

という考え方で良いのですが、場面によっては必ずしもそうしなければならないわけではなく、その時の場面に合わせて臨機応変に立ち振る舞うようにすることが大切となってきます。

 

ビジネスマナーでエレベーターに乗る時複数の場合の順番は?

上司の方と二人でいる時の場合に対する乗り方を上記でご紹介しましたが、次に上司の方と二人だけではなく、エレベーターにすでに複数の人が乗っていた場合はどうするのかをご紹介します。

 

エレベーターにすでに複数の人が乗っていた場合は?

エレベーターにすでに複数の人が乗っていた場合ですが、こちらもケースバイケースによって変わってきます。

 

例えば、すでに乗っている方の誰かが「開閉ボタン」を押してくれている場合は、上司の方に先にエレベーターに乗っていただき、ご自分は最後に乗るようにして、ボタンを押していただいていた方に御礼の言葉を述べます。

 

ただし、ボタンを押している方が自分よりも目上の方の場合は、ご自分がその方と変わって先にエレベーターに乗るようにして、上司の方を迎え入れるようにしてください。

※この際は、上司の方に「お先に失礼します。」と一言かけるようになさってください。

 

もし、誰も「開閉ボタン」を押していない場合は、一言、上司の方に『お先に失礼します。』と一言かけて、ご自分が先にエレベーターに乗り、「開閉ボタン」を押して扉が閉まらないようにしながら、上司の方を向かい入れるようにしてください。

 

また、上記の「上司と二人いる場合の時」のところでもお伝えしましたが、こちらの場面でも、乗り方には必ずしも絶対にこれが正解というのはなく、何よりも、相手の方や周りの方への気配りが大切ですので、『こうしなければならない!』ということにこだわりすぎず、臨機応変に立ち振る舞うようになさるようにしてくださいね。

 

ビジネスマナーでエレベーターでの上座はどこになるの?

ビジネスマナーでエレベータの上座はどこになるのかですが、基本的に操作ボタンに近い場所が下座となり、扉から一番遠い奥側が上座となります。

 

操作盤はエレベータによっては、左側に付いているエレベーターもありますし、右側に付いている場合もありますが、そのどちらの場合であったとしても、基本的に扉から一番遠い位置が上座になります。

 

また、エレベーターによっては、左右両方に操作盤が付いている場合がありますが、その場合は「エレベーターに入ってすぐ右側(入り口を正面にした場合、向かって左側)」のパネルに立つようにしましょう。

 

左右両方に操作盤が付いている場合は、エレベーターに乗ってすぐ右側の操作盤が下座になりますので、その場所から対角線上の奥が上座となります。

 

上司の方や来客の方と一緒にエレベータに乗る場合には、乗る場所に注意する必要がありますが、来客の方がいる場合は、勤め先の会社内での役職に関係なく、来客の方が上座となりますので、しっかりと気をつけるようになさってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

乗る順番や上座などのことを心得ておくことは大切なことではありますが、何よりも大切なことは相手の方を想う気持ちでして、この気持ちがなければ、いくらしっかりとマナーができていたとしても、それが相手にも伝わってしまっては元も子もありません。

 

たとえ、マナーで少し間違ってしまったとしても、相手の方に対して想いを込めて行動を取られることで、その方にもしっかりと想いは届くかと思いますので、相手の方や周りの方への気配りや思いやりを忘れないようになさってくださいね。

-仕事
-,