色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

引越し後の片付けはどこからが良い?荷ほどきやダンボール処分のコツは?

040075

引越しの荷物運びがようやく終わったかと思っても、その後に行う作業はその片付けとなる荷ほどきですが、これも荷造りの時と同様、結構大変な作業となってしまい途方にくれてしまうという方も少なくありません…。

せっかくなら、出来る限りスムーズに荷ほどき作業は終えたいものですよね。

ここでは、引越し後の片付けはどこから始めると良いのか、荷ほどきのコツはどうすると良いのか、ダンボールの処分にはどんな方法があるのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

引越し後の片付けはどこから始めると良い?

引越し後の片付けはどこから始めると良いのかですが、最初に始める作業は「大きな家具類の配置」から始めるようになさることが大切です。

 

と言いますのも、大きな家具類などは移動させることが容易ではないため、「取りあえずそこに置いておく。」ということをやってしまうと、後々、その大きな家具類などを動かす時に大変な思いをしてしまいます…。

 

そのため、引越しの荷物運びを行う前に「新居先での家具類の配置を決めておく」ようになさり、荷物運びの際にその場所に置いてもらうようにすると、後々、また家具類を移動させるという手間もなくなります。

 

また、始めに大きな家具類などの配置を済ませることで、大まかな部屋のレイアウトが決まりますし、引越し後の生活スペースを確保することができますので、その後の荷ほどきの作業がしやすくなります。

 

この時に、タンスなどの収納家具や収納グッズ(ある場合は)などは、すぐに荷物をしまうことが出来る状態にしておくようになさっておいてくださいね。

 

大きな家具類などの配置が済みましたら、次はダンボールに詰めた荷物の荷ほどきを行っていきますが、ダンボールも出来る限り荷造りの段階で、一つ一つのダンボールに「持ち運ぶ場所と箱の中身」を書いた紙などを貼っておくようになさると、荷物運びの時にスムーズに持ち運びができます。

 

荷物の持ち運びがスムーズに行うことが出来れば、その時点で各部屋に必要な荷物のダンボールが運ばれている状態となっていますので、その後の荷ほどき作業がスムーズに行うことができます。

 

引越し後の荷ほどきのコツはどうすると良いの?

引越し後の荷ほどきのコツはどうすると良いのかですが、一気に全てのダンボールを開けようとせず、まず、新居先での生活に最低限必要なものを始めに取り出すようになさってください。

 

荷ほどきの始めの段階であれもこれもと一気にダンボールを開けてしまうと、「何から始めたら良いのか分からない…。」という、先が見えず途方にくれてしまう状態に陥る可能性が高くなってしまいます。

 

こうなってしまうと、荷ほどきの作業が全然進まなくなってしまい、どれも中途半端という状態になってしまったりしますので、一気にダンボールを開けるということはしないようになさってください。

 

一つずつダンボールを片付けていくようにする

荷ほどきの最初の作業として「新居先での生活に最低限必要なもの」を取り出しましたら、次はその他のダンボールを開けていきますが、ここで大切なのは【一つずつダンボールを片付けていくようにする】ようになさることです。

 

先程もお伝えしましたが、一気にダンボールを開けていってしまうと荷ほどき作業が大変になってしまいますので、出来る限り一つずつダンボールを片付けていくようになさってください。

 

また、「この部屋の荷解きから始めよう。」というように、あちこちの部屋の荷ほどきをするのではなく、一つの部屋に絞って荷ほどきをするようになさると、目的も明確になり荷ほどきの作業も行いやすくなります。

 

ダンボールの中身が分からない場合は?

引越しの荷造りの段階で、ダンボールに「持ち運ぶ場所と箱の中身」を書いた紙などを貼っておくと便利だとお伝えしましたが、人によっては、そのような紙を貼っていなくて、「ダンボールに何が入っているかがよく分からない…。」という場合もあるかと思います。

 

そのような方の場合は、ひとまず、「すぐ使うもの」・「よく使うもの」・「しばらく使わないもの」の三種類のダンボールを用意して、各タイプに当てはまるダンボールにどんどん入れていくようになさってください。

 

「すぐ使うもの」が分かれば、まず、それから片付けていって、次に「よく使うもの」を片付けていき、「しばらく使わないもの」は無理に片付けようとはしないで、必要だと感じた時に取り出すようにして、そこでもし、1年間使わなかったものなどは処分対象にするなどなさると良いでしょう。

 

荷ほどき作業を後回しにしすぎない

荷ほどきの作業を後回しにしすぎると、なかなか部屋が片付かないですし、引越し業者の破損や紛失した際の保証期間が過ぎてしまうことにもなってしまいます。

 

もし、この保証期間を過ぎてしまっていた場合、破損や紛失などがあったとしても弁償してもらえませんので、「1日一つのダンボールを片付ける」気持ちでも良いですので、出来る限り少しずつでも荷ほどき作業を行っていくようになさってください。

 

引越し業者の破損や紛失の保証の内容や期間は各業者によって違いがありますので、契約前に必ず確認をしておくようにしてくださいね。

 

引越し後のダンボールの処分にはどんな方法があるの?

引越し後のダンボールの処分の方法ですが、以下にご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

引越し業者に処分をお願いする

引越し業者の中には、使い終わったダンボールを回収してくれるサービスを行っているところもありますので、そのサービスを利用する方法です。

 

ただし、ダンボールも引越し業者が提供したダンボールのみがサービス対象になっていたり、ダンボールを引き取ってもらえるエリアを設定していたりしますので、事前に確認をするようになさってください。

 

また、回収サービスも「3ヶ月以内で1回のみ無料で回収する」などの条件があったりして、その期間を過ぎて申込んだ場合は『無料ではなく新規での申し込み扱い』となり有料となってしまいますので、こちらも事前に確認しておき、その期間内に片付けを終えるようになさってください。

 

ダンボールの回収サービスも、全ての引越し業者が無料で行っているわけではなく、引越し業者によっては有料のオプションとなっている場合もありますし、申し込んだプランによっては有料となってしまう場合などもありますのでご注意なさってくださいね。

 

お住いの地域のごみ収集日に合わせて出す

お住いの地域のごみ収集日に合わせて、ご自分の新居先のゴミ出し場所に出すという方法がありますが、こちらでの方法で処分をされる場合は、必ず決められたルールに従ってダンボールの処分をするようになさってください。

 

お住いの場所によっては、「ダンボールは資源ごみの指定日に合わせて出す」という所や、「ダンボール専用の捨てる場所に出すようにする」などのルールがあったりしますので、必ず確認するようになさってくださいね。

 

また、一度に大量にダンボールを出すのはルール違反です。

 

このようなことをしてしまうと、他の方の迷惑にもなりますし、引越しをしてきたということは近所の方には分かってしまっていますので、そんなことをしてしまえば、なにより、あなた自身が地域の方からの評判が悪くなり、住みづらくなってしまう可能性がありますので、絶対になさらないようにして、少しずつ出すようになさってください。

 

自治体の回収サービスを利用する

有料となりますが、各自治体の回収サービスを利用することで処分を行うことができます。

大家さんや管理人(または管理会社)であったり、各自治体に確認して活用なさるというのも一つの方法です。

 

リサイクル業者などに回収をお願いする

リサイクルショップなどのリサイクル業者などでは、ダンボールの回収を行っていたりしますが、無料だったり有料だったりするところもありますし、出張回収をしてくれたり、自分で持ち込んだりするところもあるなど様々です。

 

古紙回収業者に回収してもらう

町中をアナウンスしながら回っている古紙回収業者に、ダンボールを回収してもらうという方法もあります。

こちらも無料で引き取ってくれたり、有料の場合があったりします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

引越しの片付け作業は荷造りと同様に大変だったりしますが、一気に済ませようとはしないで、一つ一つ確実に終わらせていくという気持ちで行っていくようになさってくださいね。

-生活や住宅
-,