色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

女性の一人暮らしの防犯対策で必要なのは?玄関は?防犯対策グッズは?

2017/02/01

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

女性で一人暮らしを始めようとした時、気になることの一つに防犯対策に関することがあるかと思います。

一人暮らしではいざとなった時でも一人ですので、何かと不安に感じますよね。

ここでは、女性の一人暮らしの防犯対策に必要なことはどんなことなのか、玄関ででの対策はどうすると良いのか、おすすめな防犯グッズなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

女性の一人暮らしの防犯対策に必要なことはどんなこと?

女性が一人暮らしを始める場合の防犯対策としてすべきことですが、家に住み始めてからの防犯対策はもちろんですが、物件探しの段階から防犯対策を意識することが大切となってきます。

 

物件探しの段階から行う防犯対策とは?

・出来る限り1階と2階は避け、3階以上の部屋に住むようにする

・出来る限りオートロックがあるところを選ぶようにする

・洗濯機を置く場所が室内にある部屋を選ぶようにする

・外から見た時に部屋の様子が分かりにくい部屋を選ぶようにする

・可能であれば、近隣の住人に様子を聞いてみる

ということを意識しながら物件選びを行うようになさってください。

 

■出来る限り1階と2階は避け、3階以上の部屋に住むようにする

低階層であればあるほど、空き巣などの被害に遭いやすいため、1階や2階などの低階層に住むことは出来る限り避けられたほうが良いでしょう。

 

もちろん、上層階は絶対に大丈夫なのかというとそうではないですが、低層階よりは空き巣などに狙われにくくなるのは確かです。

 

■出来る限りオートロックがあるところを選ぶようにする

建物の入口にオートロックが無いところよりは、あるところのほうが怪しい勧誘などが入ってきにくい傾向にありますので、絶対に安心というわけではないですが、オートロックが無いところよりはより安心できます。

 

■洗濯機を置く場所が室内にある部屋を選ぶようにする

洗濯機がベランダや外にある場合ですと、洗濯機を回している様子や洗濯物を干す様子が外から丸見えとなってしまうため、部屋に住んでいる人の状況が知られやすくなってしまいます。

 

この傾向は家賃が安い物件になればなるほどみられたりしますので、家賃が安いからといってすぐに契約を決めるのではなく、冷静に部屋の間取りを確認するようになさってくださいね。

 

■外から見た時に部屋の様子が分かりにくい部屋を選ぶようにする

こちらも洗濯機の時と同様に、部屋の中が見えやすい物件の場合ですと、住人の様子や状況が知られやすくなってしますので、物件探しの際には「部屋の中だけでなく、外から見た時はどうなのか?」ということもしっかりと確認するようになさってください。

 

■可能であれば、近隣の住人に様子を聞いてみる

これはあくまでも可能であればですが、周辺で不審者が出たということはないか、痴漢被害はなかったかなどを近所の方に聞いてみると良いでしょう。

 

近所の方に聞くのが難しい場合は、交番などに聞いてみるのも一つの方法です。

 

新居に住み始めてから行う防犯対策とは?

・窓や窓まわりの防犯対策を行う

・カーテンの使用に注意する

・洗濯物に男性物を干すようにする

・貴重品をまとめて保管しておかない

ということを普段から意識するようになさってください。

 

■窓や窓まわりの防犯対策を行う

窓からの侵入に対する防犯対策として、「窓用の補助錠」を取り付けたり、「窓用の防犯フィルム」を窓ガラスに貼るなどしておくことで、侵入者は『部屋の中に侵入する際の段階で出来る限り時間をかけたくない』ということがあるため、何もしていないよりは空き巣に入られる可能性も低くなります。

 

また、窓の周りになどの外から見えやすい場所に、「ぬいぐるみ」などの女性らしさを感じさせるものを置いておくと、その部屋に女性が住んでいることが外から知られやすくなりますので、出来る限り窓の周りにはそのようなものは置かないように心がけてください。

 

他にも、自分が家に在宅しているということで、換気などのために、自分がいない部屋の窓(お風呂場の窓なども含め)などを開けっ放しにしている人がいますが、住人が在宅中でも家の中に入りやすそうな家には空き巣などは侵入してきます。

 

そのため、たとえ在宅時であっても、自分がいない部屋の窓の施錠はしっかりと行っておいてください。

 

■カーテンの使用に注意する

カーテンは出来る限り「厚手の生地のカーテン」や「遮光カーテン」などの、部屋の中が見えにくいタイプのカーテンを選び、プライバシーを守るようになさってください。

 

カーテンのデザインも女性らしさを感じさせるものよりも、男性の部屋を感じさせるようなデザインのものを選ばれるとより良いでしょう。

 

また、朝から出かけて夜になって帰ってくるという生活パターンの方の場合は、夜になってもカーテンが閉められていないということは、それまでは家の中には誰もいないということを知らせているようなものですので、基本的にはカーテンを閉めた状態で出かけるようになさったほうが良いです。

 

かと言って、「カーテンを閉めっぱなしというのも逆に心配…。」という方もいらっしゃるかと思いますので、その場合は、暗くなったら明かりがつくようなタイプのものや、タイマー式のライトなどを用意しておくと、部屋に誰かがいるかもしれないという状況を作り出すことができます。

 

■洗濯物に男性ものを干すようにする

洗濯物に男性ものを含ませる、または、男性もののみを干すようにすることで、男性も(が)住んでいることのアピールになります。

 

自分の下着類は「室内で干す」ようにするか、「シーツの影に干す」ようにするなどして、外から見えないようにすると良いでしょう。

 

■貴重品をまとめて保管しておかない

貴重品をまとめて保管しておくと、いざという時に全てを盗まれてしまう可能性が高く、なりすましなどの被害を受けたりしやすくなりますので、出来る限り、別々の場所に貴重品をバラけて保管するようになさると良いでしょう。

 

ただし、その際は「どこに何を保管したか。」を忘れないようにしてくださいね。

 

普段の行動から意識して行う防犯対策とは?

・在宅時間や帰宅時間を特定されないようにする

・オートロックを過信しすぎない

・エレベーターに乗る際は注意する

・外を歩いている時に携帯を見たり、音楽を聴いたりしない

・雨で濡れた傘を外に置いておかない

ということを普段から意識するようになさってください。

 

■在宅時間や帰宅時間、歩くルートを特定されないようにする

いつも同じ時間帯での在宅時間や帰宅時間が続くと、不在時の時間帯が特定されやすくなってしまいますので、週に何日かで構いませんので、ちょっとした時間の外出の場合は、テレビをつけっぱなしにして外出したり、電気を点けっぱなしにして外出するなど、タイマー機能を上手く活用するようになさってください。

 

また、いつも同じ帰りのルートを歩くというのも被害に遭いやすいですので、こちらも時々、帰りのルートを変えるようにするなどなさるように心がけてくださいね。

 

■オートロックを過信しすぎない

オートロックだからと言って絶対に安心というわけではありませんので、オートロックの入口付近に注意を向けることは忘れないようにしてください。

 

周辺に見知らぬ人がいたり、不審な人がいた場合は、あなたと一緒に侵入してくる可能性もありますので、そのような場合はすぐには建物の中に入ろうとはせず、しばらく様子を伺ってみるというのが賢明です。

 

■エレベーターに乗る際は注意する

エレベーター内での事件も多発していますので、エレベータに乗る際も周辺に人がいないかを注意して確認するようになさり、出来る限り「1人」か「同性の人」と乗るようになさってください。

 

もし、男性の方と乗ることになってしまった時は、背中を向けないようにすることや、万が一の時にすぐに降りられる(扉が開く)ように一番近い階のボタンを押すようになさるなどの対策を取られると良いでしょう。

 

■外を歩いている時に携帯を見たり、音楽を聴いたりしない

このような状態の人は犯人側からすると、とてもターゲットにされやすい傾向にあります。

 

このような状態の方は、ひったくり被害に遭いやすいですし、後を付けられていても気づきにくい傾向にありますので、自宅まで付けられてしまうことで、自宅が特定されたり、玄関を開けた瞬間に押し入れられ自宅内で被害を受けたりしやすくなります。

 

そのため、外を歩いている時は、携帯を見ながら歩いたり、ヘッドホンを使って音楽を聴いたりすることはしないようにして、常に周辺に注意を払うようになさってください。

 

■雨で濡れた傘を外に置いておかない

意外とあまりこのことを気にしない方が多いのですが、傘というのも住人を特定されやすかったりしますので、たとえ、雨で濡れてしまっている傘であっても部屋の中に入れるようにしてくださいね。

 

一人暮らしの防犯対策で玄関で必要なこととは?

一人暮らしをしていく中での防犯対策で玄関で必要なことですが、まずは、玄関から侵入されないように、「1ドア2ロック」や「玄関用の補助錠を設置する」など【鍵】に注意を向けることが大切となってきます。

 

ある程度お金がかかってしまいますが、より高い防犯対策を行い安全性を高めるためにも、出来る限り行われたほうが良いかと思います。

 

場合によっては、大家さんや管理人(管理会社)の許可が必要な場合もありますので、トラブルを防ぐためにも、鍵を変えたり、鍵の設置を行う前に一度は確認を取るようになさってください。

 

他にも、注意すべきことがいくつかありますので、以下にご紹介していきますね。

 

部屋の出入りの際は周辺をよく確認する

犯人に狙われてしまった場合、犯人はあなたが部屋の玄関を開けるタイミングを密かに待ち続けています。

 

そして、あなたが玄関の鍵をあけて家の中に入ろうとした瞬間を狙って、襲いかかり部屋の中へと侵入してきてしまいます。

 

そのため、玄関の鍵をあける際は、必ず周辺をよく確認するようになさってから玄関を開けるようにしてください。

 

もし、玄関に来るまでの途中で見かけない人が廊下にいたり、すれ違ったりした時は細心の注意を払うようになさってください。

 

また、ご近所の方など知っている人ならともかく(と言っても、油断はしないようにしてください)、見かけない人と一緒にエレベーターに乗った時に、自分の階の一つ下の階をその人が下りた場合は注意をする必要がある場合があります。

※一つ上の階の場合も考えられますが、下の階のほうが可能性が高いです。

 

その場合、もし犯人でしたら、階段で急いで登り、あなたが玄関を開けるタイミングを狙っている可能性もありますので、少しでも気になった時は細心の注意を払うようになさってくださいね。

 

玄関周りや郵便ポスト周りに注意する

ゴミ出しなどの時でも「すぐに帰ってくるから大丈夫。」とは思わず、わずか数分ほどの時間でも空き巣の被害に遭っている方は大勢いらっしゃいますので、必ず施錠するようにしてください。

 

また、郵便ポストに郵便物を溜めるということは、留守の時間が多い家だと思われ狙われやすくなりますので、出来る限り毎日ポストはチェックするようになさってください。

 

さらに、郵便受けには必ず鍵をかけるようにして、郵便物を盗んだり、見られたりされないようにしてください。

 

在宅中でもしっかりと施錠をする

たとえ在宅中であっても、鍵があいていれば侵入者は入ってきますので、必ず在宅中でも施錠はもちろんのこと、万が一、鍵を開けられた時でも、すぐに侵入されるのを防ぐためにも、チェーンもかけておくようになさってください。

 

また、誰かが訪ねてきたとしても、すぐに玄関をあけず、必ずドアスコープで確認して、玄関を開けるにしてもチェーンを外さずに対応するようになさってください。

 

もし、少しでも不審に感じましたら、玄関は絶対に開けないようにしたり、たとえ明らかに家にいることはバレているとしても、出ないようにする(居留守を使う)ことも一つの方法です。

防犯対策グッズで女性におすすめなのはどんなもの?

防犯対策グッズで女性におすすめなものを以下にご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

防犯ブザー

引抜ピンを抜くと、大音量のアラームが鳴り響くブザーです。

これまでの防犯ブザーにありがちな弱点である、「雨に濡れて音が出なくなってしまった…。」ということを克服するために『防滴構造』となっていますし、落としても壊れにくくなっています。

 

 

ELPA(エルパ・朝日電器) 窓用 薄型防犯アラームダブル検知2P

窓ガラスが破壊されたり衝撃を受けた時と、窓が開い時にアラームが鳴るという、2つの機能が付いています。

衝撃も普段の雨や風、窓の開閉では検知せず、空き巣などによる窓の破壊などの時に検知する仕組みとなっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ASA-W13-2P(PW) 1561800 窓用 薄型防犯アラームダブル検知2...
価格:2097円(税込、送料別) (2016/12/22時点)

 

 

ELPA(エルパ・朝日電器) ドアアラーム ARA-03

玄関からの侵入を防ぐドアアラームで、設置も付属のテープを貼るだけと簡単です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ARA-03 ドアアラーム ARA-03 ELPA(エルパ・朝日電器)
価格:1761円(税込、送料別) (2016/12/22時点)

 

 

ウインドロックZERO(ゼロ)

カギ(ツマミ)の脱着が可能となっているので、外出時にも一緒に持ち歩きが出来るため、より安心することが出来る二重安全装置付きサッシ用補助錠です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウインドロックZERO(ゼロ) 3個入 ブロンズ N-1155 ノムラテック サ...
価格:823円(税込、送料別) (2016/12/22時点)

 

 

防犯フィルム 窓用

窓ガラスを割られにくくし、窓からの侵入を防ぐ防犯フィルムです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

光 防犯フィルム 透明ガラス用 390×470mm 2枚入 BGF4739【楽天...
価格:2557円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)

 

 

ムサシ LEDどこでもセンサーライト

三脚タイプなので足場の悪いところにも設置が可能なだけでなく、三脚が自由に曲がるので、フェンスや柱などにも設置が容易に可能となるセンサーライトです。

 

 

フカダック 光センサーコンセントFKC-303

光センサースイッチを搭載していることにより、暗くなると自動で「ON」になり、明るくなると自動で「OFF」となるコンセントで、コンセントの口が《三口タイプ》で使いやすくなっています。

 

これをカーテン近くに設置して、スタンドライトなどをはじめ、家にあるコンセントに繋いで光るライト類も、センサー機能付きのライトのように使うことができますので、外出時の防犯用に活用することもできます。

 

 

mace(メース)ストッパレッド 7070

テレビ番組の「マツコ・有吉の怒り新党」でも紹介され、獰猛な動物や護身用スプレーとして、ヨーロッパでも高く評価されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防犯スプレー 携帯 護身 mace(メース)ストッパレッド 7070
価格:2700円(税込、送料別) (2016/12/22時点)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

女性の一人暮らしというのは、気を付けなければならないことがたくさんあります。

ちょっとの油断が被害に遭ってしまう可能性を高めてしまいますので、普段からしっかりと防犯意識を持って対策をなさってくださいね。

-生活や住宅
-,