色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

新生活ネット回線何が良い?開通までの期間は?電波悪い時の改善方法とは?

597902

新生活の準備を始めるにあたり、新居先のネット回線をどうしようかと悩む方もいらっしゃるかともいます。

ネット回線の種類が一つだけなら選ぶのも簡単ですが、一つではないため「固定回線が良いのか?それとも携帯電話回線などが良いのか?」と、どちらを選択すればよいのかと迷ってしまいますよね。

ここでは、新生活のネット回線はどう選ぶと良いのか、ネット回線が開通するまでの期間はどれくらいなのか、電波が悪い場合の改善方法はどうすると良いのかなどをご紹介していきますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

新生活のネット回線はどう選ぶと良い?

新生活のネット回線はどう選ぶと良いのかですが、ご自分の生活スタイルに合わせて選択するようになさると良いでしょう。

 

まず、ネット回線には大まかに言いますと、「固定回線」と「携帯電話回線」と2つに分けることができますが、それぞれメリットとデメリットがありますので、それらを確認しつつ、ご自分に合ったネット回線を選ばれるようになさってくださいね。

 

固定回線の場合

いわゆる、「光回線」や「ADSL回線」などと呼ばれるタイプの回線がこちらに該当します。

 

固定回線は、通信の安定性が高いことや通信速度が早いことが特徴で、携帯電話回線よりも安定していますし、通信速度も早いです。

 

また、高速のインターネットが使いたい放題ですので、携帯電話回線のように利用制限を気にすることなく使い続けることができます。

 

ただし、デメリットとして室内でのみの使用しかできず、外出先での使用ができないということや、携帯電話回線と比べると「月々の利用基本料金が高い」ということがあります。

 

固定回線のイメージとしては、LANケーブルを接続してインターネットをするということを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、ノートパソコンに無線対応機能が付いているタイプのものでしたら、「無線LANルータ」を使うことにより、家の中であれば、どこでもインターネットを楽しむことができます。

 

ただ、無線の場合は、LANケーブルを接続している時と比べ安定性が落ちてしまうことがあります。

 

以上のことから、固定回線を利用することに適している方は、

・インターネットの使用のほとんどは家での使用が多い

・とにかく、ネット回線の速度を重視している

・制限とか気にせずにインターネットを楽しみたい

・パソコンやプレイステーションなどのオンラインゲームをしている(してみたい)

という方々は、固定回線を選ばれることをおすすめします。

 

また、固定回線は「光回線」・「ADSL回線」・「ケーブルテレビ回線」などがありますが、特別なこだわりがなければ、通信速度が早く安定している『光回線』を選ばれると良いです。

 

新居先によっては、すでに光回線やケーブルテレビ回線などが引かれている場合があり、1ヶ月の家賃にインターネット使用料が含まれることでその回線が使用できる場合もありますので、新居先のインターネット環境がどのようになっているのかを確認なさってみてください。

 

携帯電話回線などの場合

携帯電話の電波を使い、無線でインターネットを楽しむことが出来るタイプの回線がこちらに該当し、「モバイル通信」や「パケット通信」などと呼ばれていたりします。

 

また、厳密に言うと、携帯電話回線ではなく《公衆無線LAN》という、固定回線のところでいう『無線LAN』と同じ意味を持つ「Wi-Fi」などもあります。

 

こちらのタイプの回線は、室内だけでなく、「外出先でもインターネットに繋ぐことが出来る」ことや、「固定回線と比べて料金が安い」ということ、「契約してから利用できるまでの期間が固定回線と比べて短い」というメリットがあります。

 

ただし、場所によってはインターネットに繋がりにくくなってしまったり、固定回線と比べて通信速度が遅かったり、通信制限がかかることがあるというデメリットもあります。

 

以上のことから、携帯電話回線などを利用することに適している方は、

・家にいるときよりも、外出先でインターネットを繋ぐことが多い

・家にいる時の回線と外出先での回線を一つにまとめたい

・出来る限り、月々の基本利用料金を安く済ませたい

という方々は携帯電話回線などを選ばれることをおすすめします。

 

上記でお伝えしました2つの回線のメリットとデメリットをもとに、ご自分の新居先での生活スタイルに合わせて選んでみてくださいね。

 

ネット回線が開通するまでの期間はどれくらいなの?

インターネット回線を申込んだ場合、開通するまでどれくらいの期間がかかるのかですが、固定回線の場合は「約1ヶ月前後」ほどかかり、携帯電話回線などの場合は「契約後すぐに使えたり、ルーターなどが届き次第使える」ようになります。

 

ルーターが届くのは、各会社によったり、申込みの仕方によって変わってきたりしますが、大体で「約1週間前後」で届きます。

 

中には、ルーターが届くまでに「1ヶ月近く」かかる場合もありますので、お申込みの際にしっかりとご確認なさってください。

 

ネット回線の開通工事の申し込みは入居前に行うこともできますので、新居先との契約が済んだ時点で、ご自分の住所が確定することになることから、固定回線の開通を決められた場合は、開通するまでの期間がある程度必要となることを考慮して、契約が済み次第すぐに開通工事のお申込みをされることをおすすめします。

 

また、ネット回線の開通工事の際には「立ち会うことが必要」となりますので、お申込みの際には、ご自分のご予定に合わせて工事日をお決めになってください。

 

ただし、ネット回線の開通を申し込みの際、新居先がすでにご自分が申し込もうとしている回線が開通されている場合は、申し込みをするだけで開通までの手続きを開始させることができますが、新居先がそのネット回線の開通が行われていない場合は、大家さんや管理会社の許可が必要となります。

 

場合によっては、開通工事自体がNGになることもありますので、ネット回線を開通させる際は、必ず大家さんや管理会社などに事前にご相談や確認をするようになさってくださいね。

 

電波が悪い場合の改善方法とは?

携帯電話やスマホなどを使っている時に電波が悪くなった時の改善方法はどうすると良いのかですが、以下に電波が悪くなる原因とその対策方法をご紹介していきますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

電波が悪くなってしまう原因

電波が悪くなってしまう原因を大まかに3つに分けますと、

・電波が届かない(届きにくい)場所にいることによるもの

・受診している電波が劣化していることによるもの

・余計な電波を拾いすぎていることによるもの

に分けられます。

 

■電波が届かない(届きにくい)場所にいることによるもの

電波は電波塔から発せられていますが、必ずしもすべての場所の隅々まで電波が行き届くということはなく、建物の中や山奥などの場所は電波が届きにくい環境下となってしまいます。

 

■受診している電波が劣化していることによるもの

また、電波塔から発せられた電波を直接受診することが出来れば良いのですが、電波によっては、携帯電話やスマホに直接受診する前に、建物などに反射したりしてしまっているものもあったりします。

 

それらの電波は直接受診する電波と比べると劣化している状態となってしまっているため、電波の受診が悪くなってしまう原因となってしまいます。

 

■余計な電波を拾いすぎていることによるもの

現在は、本当に様々な電波が飛び交っているため、どうしても本来必要のない電波まで受診してしまうことがあり、それにより途中で回線が切り替わってしまうことが起きてしまうことがあります。

そのことによって、本来必要な電波受信がスムーズにいかなくなってしまったりしてしまいます。

 

電波が悪い場合の改善方法

電波が悪くなってしまった時の改善方法ですが、

・電波をつなぎ直す

・携帯やスマホをより高い位置に置いてみる

・体から離して距離を取ってみる

・垂直に立てるようにしてみる

・窓を開けてみる

・電波のつなぎやすいところを探して、つないだのを確認したら元の場所に戻る

・ストラップを少なくしてみる(なくしてみる)

・電波改善アプリを試してみる

・契約会社の電波改善サービスを利用する

などの方法が挙げられます。

 

■電波をつなぎ直す

電波が悪くなってしまった時のベストな改善方法として「電波をつなぎ直す」ということがあります。

 

その際の方法として、『一度電源を落とす』という方法もありますが、この方法ですと、再起動までに時間がかかりますし、何度も再起動を行うと電池の劣化が起こりやすくなったり、バッテリーの減りが早くなってしまったりしますのでおすすめできません。

 

その場合のおすすめな方法としましては、スマホを「機内モードに一度して、その後元に戻す」という方法があります。

 

機内モードにすることで、一度電波を遮断することができますので、その後もとに戻すことで電波の改善を行うことができます。

 

また、Wi-Fiを使っている場合は、一度オフにして、しばらくしてから再度オンにしてみることで電波受信の改善を行うことができることもあります。

 

■携帯やスマホをより高い位置に置いてみる

電波は低い場所よりは高い場所のほうが受信しやすいですので、電波が悪くなってしまった位置よりも少し高い位置に持ってくる(置いてみる)と電波受信の改善を行うことができる場合があります。

 

■体から離して距離を取ってみる

人の体は電波に干渉しやすい傾向にあり、自分の体が電波を悪くしてしまっている原因になっていることもありますので、普段から出来る限り体から離して使うようになさってみてください。

 

■垂直に立てるようにしてみる

携帯端末の向きを考えた時、「水平方向よりも垂直方向の方が電波を受信しやすい」ということがありますので、電波が悪くなってしまったというときは携帯端末を垂直に立てるようにしてみると電波受信が良くなる場合があります。

 

■窓を開けてみる

建物の中というのは電波受信が弱くなってしまう傾向にありますので、ほんの少しでも良いですので、窓を開けることによって電波が入りやすくなり、電波受信が良くなる場合があります。

 

■電波のつなぎやすいところを探して、つないだのを確認したら元の場所に戻る

上記の窓を開けるという方法は、電波受信が悪い時の改善方法の一つとして有効ではありますが、冬の時期などは窓を開けると寒かったりしますよね。

 

そのような時には、室内の電波のつなぎやすいところを探し、電波がつながったら元の場所に戻るという方法もありますので、一度お試しになってみてください。

 

■ストラップを少なくしてみる(なくしてみる)

ストラップも実は電波を妨げる原因となってしまっていたりしますので、出来る限り「ストラップの付け過ぎは避ける(理想は付けないようにする)」ようになさると良いでしょう。

 

■電波改善アプリを試してみる

この方法はスマホに限られますが、アプリの中には「電波改善アプリ」と言うものがありますので、それを活用するという方法があります。

 

■契約会社の電波改善サービスを利用する

「ドコモ」・「au」・「ソフトバンク」の3社が無料で電波改善の機器をレンタル提供していたりしますので、電波状況が改善されない場合は、このサービスを利用なさってみるのも有効な方法です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新生活を始められる際のネット回線選びは、ご自分の生活スタイルに合わせて選ばれることが大切ですので、新居先でご自分がどのようにインターネットを利用していくのかをよくお考えになられてから、ネット回線をお選びになられてくださいね。

-生活や住宅
-,