色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

引越しの準備はいつから始めると良い?荷造りのコツやグッズはどう?

091211

引越しをするとなった時、慣れている人ならともかく、そうでない人ですと「大体、いつ頃から引越しの準備を始めると良いんだろう…?」と悩んでしまう方もいらっしゃると思います。

ここでは、引越しの準備はいつから始めると良いのか、荷造りのコツはどうすると良いのか、引越しの準備にあると嬉しいグッズなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

引越しの準備はいつから始めると良いの?

引越しの準備はいつから始めると良いのかですが、何ヶ月も前からとはいかないまでも、貸主や不動産管理会社などへの連絡などをはじめ、『遅くても1ヶ月前』から行わないといけないこともありますので、目安としましては「1ヶ月前」から準備を始めるようになさると良いでしょう。

 

ご参考までに、以下に引越しのスケジュールをご紹介しますので、必要なことがありましたら行うようになさってくださいね。

 

引越しの1ヶ月前から行うこと

・現在住んでいる「貸主や不動産管理会社」へ連絡する

・電話の移転を電話会社に連絡する

・転居通知や郵便物転送の手配を行う

・学生の場合、または、学生のお子さんがいる場合は転校の手続きを行う

・引越しをいつ行うか、どんな方法で引越しをするのかを検討する

・引越し業者に頼む場合、見積もりなどを行い業者を選定する

・引越し業者に頼まない場合、レンタカーの手配や人材の確保をする

・新居先の貸主や不動産管理会社にいつ頃から住み始めるのかを連絡する

・新居先の部屋のレイアウトを確認し、引越しの段取りをイメージしておく

・新居先の周辺の環境はどうなのかを確認しておく

・荷物の整理整頓や要らない家具などの処分を検討する

・捨てる家具などがある場合、粗大ごみの手配を行う

・荷造りを行う際に必要なものを揃える

・荷造りを始める

 

引越しの1~2週間前に行うこと

・役所へ転出の届け出を行う

・電気・水道・ガスの各会社へ届け出る

・銀行や保険、クレジットカードなど、契約しているところに対して住所変更手続きを行う

・新聞などの配達をお願いしている場合は移転することを伝える

・NHKへ移転することを伝える

・資格を所有している場合は、各運営機関に登録先への住所変更手続きを行う

・新居や旧居の掃除を行う

・旧居のご近所の方に引越しの挨拶を行う

・新居先で必要なものをリストアップし購入しておく

・食品の整理や、引越しまでの期間の食事を逆算しておく

・クリーニングなどを頼んでいる場合は、引き取りを忘れないようにする

・原動機付き自転車(原付き)を所有している場合は登録変更手続きを行う

 

引越しの前日に行うこと

・冷蔵庫や洗濯機の水抜きを行う

・最後に行うと決めていた荷造りを行う

・貴重品を入れた箱などの確認を行う

・新居先の周辺の方へ挨拶時に必要な品を用意する

・当日に必要なお金の確認を行う

・当日の引越しの段取りの最終確認を行う

 

引越しの当日に行うこと

・旧居の電気・水道・ガスの閉栓や精算を行う

・引越し業者や手伝ってくれる人などに指示を行う

・引越し業者へ料金の支払いを行う

・新居先の電気・水道・ガスの開栓を行う

・新居先の周辺の方へ挨拶行う(当日ではなく、引越しが落ち着いてからでも可)

 

引越し後に行うこと

・役所へ転入の届け出を行う

・車やバイクを所有している場合は、登録先の変更手続きや車庫証明を取得する

・車の免許の住所登録先の変更手続きを行う(取得している場合)

・パスポートの住所変更手続きを行う(取得している場合)

以上となります。

 

電気・水道・ガスの手続きに関しましては、電気や水道は、引越し当日を契約日とする事前の届けをしておくと、引越し当日に電話連絡をするだけでその日に合わせて開栓されたりしますが、ガスの場合は、開栓の際に立ち会いを求められますので、当日にガスを使いたい場合は引越し当日を立ち会いの日にするようにされる良いでしょう。

 

引越し当日よりも前に立ち会いが可能でしたら、事前にしておくとより安心ですね。

 

また、エアコンの設置も事前に設置が可能ならされておくと良いですし、それが難しく、引越し当日にエアコンを使いたい場合は、当日に設置してもらうように伝えておくと良いでしょう。

 

引越しの準備で荷造りのコツはどうすると良い?

引越しの準備の際の荷造りのコツですが、引越し当日から逆算して出来る限り余裕を持って準備を始めることが大切となってきます。

 

いざ、荷造りを始めると結構大変で時間がかかったりもしますので、各家の状況にもよりますが、比較的荷物が少ない人の場合は遅くても「2週間くらい前」から始めるようにして、荷物が多い方の場合は「1ヶ月前」から始められるのが良いでしょう。

 

また、梱包作業は「引越し当日の2~3日前」までには終えるようにしておくと、万が一、ダンボールが不足してしまったりするなどのトラブルが起きた時にバタバタしてしまうこともなくなります。

 

荷造りを行う際は、

・季節モノ⇒普段から滅多に使用しないもの⇒時々使用するもの⇒良く使用するもの⇒毎日使用するもの

の順に行っていくと、引越し準備期間中の生活に支障が出にくいです。

 

荷物をダンボールなどに詰めていく際は、

・その荷物が「リビングや台所」など、どの部屋にあったものか

・箱の中には何が入っているか

などを書いた紙を貼っておくと、引越し作業がスムーズになります。

 

また、「重たいものは小さな箱に入れる」ようにして、「軽いものは大きな箱に入れる」ようになさると、持ち上げた時に底抜けするリスクを減らすことが出来ます。

 

新居先ですぐに使いたいものは、出来る限り、引越しの荷造り作業の最後に行うようにして、それ専用のダンボールでまとめておいて、それが分かる紙などを貼っておくと、すぐに取り出すことが出来ます。

 

タンスなどの中身は抜き出してダンボールに詰めておかない状態のままでは、運ぶ際に大変ですので、事前に中身は抜き出しておきましょう。

 

その際は、ダンボールに「どの家具から抜き出したものか」や「何段目の引き出しのものか」など、家具単位や引き出し単位でまとめておくと分かりやすいです。

 

荷物を詰め終わったダンボールが増えていくと、部屋が狭くなっていきますので、詰め終わったダンボールを置いておく場所を確保しながら作業をすすめるようになさると良いでしょう。

 

引越しの準備であると嬉しいグッズは何が良いの?

引っ越しの準備の際にあると嬉しいグッズは何かですが、以下にご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

ダンボール

ホームセンターやインターネットなどで購入することが可能ですが、お店などで貰う場合は、生鮮食品などのお店より、ドラッグストアや電気店などの虫が付いていなさそうなところのお店から貰うようになさると良いでしょう。

また、出来る限り丈夫そうなダンボールを選んでください。

 

あくまでも目安ではありますが、各人数や部屋別でダンボールを何枚用意すると良いのかをご紹介しておきますね。

 

各人数や部屋別でのダンボールの用意枚数

・1人(ワンルーム)…10枚~20枚

・2人家族(1LDK・2K)・・・30枚~40枚

・3人家族(2LDK・3K)・・・40枚~60枚

・4人家族(3LDK・4K)・・・50枚~80枚

・5人家族(3LDK以上)・・・70枚以上

以上となります。

 

ダンボールに荷物を積める際は、荷物を運ぶ際のことを考えて、一つのダンボールに詰めすぎないようにしましょう。

 

目安としましては、自分がダンボールを持ち上げる際に自分がちゃんと持ちやすい高さまで待ち上げることが出来るかどうか、または、片手で持ち上げることが出来るかどうかくらいの重さとなるように、荷物を積めるようになさると良いでしょう。

 

また、ダンボールに荷物を詰めた場合に、中身がどの部屋のものかなどを分かるように紙に書いたりするときのことを考えて、油性ペンをご用意しておくとよいで得しょう。

 

できれば、赤と黒の2種類はご用意していただいて、運ぶことに注意が必要なものに対しては、赤の油性ペンで「割れ物注意」などと書いておくと分かりやすいかと思います。

 

引越しの際、ダンボールの開封作業もありますので、「ハサミ」や「カッター」なども用意しておくと良いでしょう。

 

テープ類など養生に関するもの

ガムテープは出来れば、100円ショップのものよりは、ホームセンターに売っているもののほうが巻数や長さも多くお得なのでおすすめです。

 

また、食器棚などの扉や引き出しが開かないようにする際に使うテープは「養生テープ」をお使いになると、家具を傷つけることなく扉などを止めておくことが出来ます。

 

ホームセンターに売っていますが、ダンボールに使うためのテープとしては粘着力が弱いため、ダンボールにはガムテープを使うになさり、ダンボールに使うことは避けてください。

 

また、雑誌や本などを紐で縛る際、人によっては「何度やってもしっかりと縛れない…。」という方もいらっしゃるかと思いますが、そのような方の心強い味方となってくれるのが「ひもくるりん」です。

 

こちらを紐の端に巻きつけてくるくると回すだけ、どんどん強く紐が締まっていき、最後には簡単には外せないくらいにまで結ぶことが出来るようになりますので、紐結びが上手くいかないという方におすすめです。

 

 

新聞紙も緩衝材として使えたり、ダンボールを開ける際のカッターやハサミによって物が傷ついてしまうことも防ぐことが出来ますので、可能であれば用意しておくと良いでしょう。

 

圧縮袋や布団袋

圧縮袋を使うことにより、布団などを圧縮させ、荷物の量をへらすことができますし、運びやすくなります。

また、オフシーズンはそのまま保管しておくことで片付けの手間も省くことができますので、あるとかなり重宝するでしょう。

 

また、布団袋に関しましては、布団や布ものはダンボールに詰めるよりは、布団袋に詰めたほうが遥かに便利だったりしますので、複数枚あると便利です。

 

ジップ付きの小さめの袋

家具や家電を分解した際に出る、小さなネジなどを入れて、その家具などに貼り付けておくことで、新居先で組み立て直す時に、ネジを探したりすることなくスムーズに行うことができますので、あると便利です。

 

軍手(出来ればすべり止め付き)

引越し作業を行う際、素手のままでは怪我をしてしまうこともありますので、軍手を使うようになさると良いでしょう。

また、出来ればすべり止め付きの軍手をお使いになると、荷物を持ち運ぶ際に便利です。

 

雑巾

家具を動かした際に結構ありがちなのが、「ホコリや汚れがびっしりある…。」ということもあったりしますので、事前にそれらを拭いておくことで、新居先が汚れなくて済みますし、実際に引越し業者さんから『雑巾ありますか?』と聞かれることもあったりしますので、用意しておくと良いでしょう。

 

ゴミ袋

引越し前にゴミの処分をしっかりと行ったつもりでも、引越し当日に「意外とゴミが出た…。」ということが結構あったりしますので、ゴミ袋を複数枚用意しておくと良いでしょう

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

引越しは体力的にも精神的にも本当に大変だったりしますが、この記事を読まれることによって、少しでもあなたのお役に立つことが出来たら嬉しく思います。

-生活や住宅
-,