色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

花粉症で咳が出ることはあるの?対策は?病院は何科を受診すると良い?

316724

花粉症の時期と重なるように咳が出るようになったのだけど、「花粉症と咳って関係あるのかな?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、花粉症が原因で咳が出ることはあるのか、咳を止めたい時にはどんな対策をすると良いのか、病院に行く場合は何科を受診すると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

花粉症で咳が出ることはあるの?

花粉症が原因で咳が出ることがあるのかどうかですが、花粉症に関連することが原因により咳が出ることがあります

 

花粉が口の中に侵入することにより咳などが引き起こされる原因

花粉が体内に侵入することにより、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなど、その花粉が侵入した部位に対するアレルギー反応が花粉症の症状として出たりしますが、同じように、花粉が口の中に侵入し喉に付着した場合にも同様のアレルギー反応が起きたりします。

 

花粉が肌に付着すると、その部分がアレルギー反応を起こし、それが原因で肌が乾燥したり、痒みが出たり赤くなってしまったりするなどの症状が出ることがありますが、同様に、喉に花粉が付着することによってアレルギー反応が起きてしまい、それが「喉のイガイガ」や「咳」を引き起こしてしまう原因になったりします。

 

また、花粉が気道に入り込み、気道で分泌されている粘膜に絡み取られることによる「痰」となって出ることもあります。

 

上記でお伝えしましたように、口の中に直接花粉が侵入することによるアレルギー反応もありますが、その他の部位の花粉症の症状により咳が引き起こされることもあります。

 

鼻水に関連することが原因によるもの

花粉症の症状には「鼻水や鼻づまり」がありますが、鼻水の量が多いと、その鼻水が喉の方へと流れてしまうことで喉に炎症が起き、それが原因で咳が出るようになってしまったり、喉の痛みが出たりすることがあります。

 

鼻づまりに関連することが原因によるもの

鼻づまりが起きていることで鼻での呼吸がしづらくなるにより、口での呼吸をするようになるのですが、口呼吸の状態が続くようになると、喉が乾燥してしまい、喉が乾燥することで喉を痛めてしまい、それが咳が出たり、喉が痛くなってしまう原因となってしまいます。

 

冬の空気が乾燥した時期、朝目覚めると喉が痛いと感じることがあるかと思いますが、これも、就寝中に乾燥した空気を口呼吸で口の中に取り入れてしまうことが原因だったりします。

 

このように、花粉が直接口の中に侵入したことによる体の反応によるものと、その他の部位での花粉症の症状が関連して咳などが引き起こされるものとがあります。

 

花粉症による咳を止めたい時の対策はどうすると良いの?

花粉症による咳を止める時の対策ですが、「花粉との接触を避ける」ことと「喉を潤す」ことが大切となってきます。

そのためには、

・マスクを付ける

・空気清浄機を活用する

・部屋を加湿する

・水分補給をする

などを心がけるようになさってください。

 

マスクを付ける

花粉の侵入を防ぐために有効な方法の一つですが、喉を潤すということに対しても有効な方法ですし、喉を痛めてしまっている時は風邪などに感染しやすくなりますので、そのための予防対策にもなります。

 

空気清浄機を活用する

花粉との接触を出来る限り避けるためにも空気清浄機の活用は有効な方法です。

 

部屋を加湿する

乾いた空気を吸い込むのは喉を痛める原因となってしまいますので、出来る限り加湿器を活用されるなど、部屋の加湿を行うようになさると良いでしょう。

加湿器がない場合は、洗濯物を部屋に干したり、濡れたタオルを部屋に干しておくだけでも加湿効果はありますので、よろしければご活用なさってみてくださいね。

 

水分補給をする

喉が渇いた状態がよくありませんので、水分補給を定期的に行うことが大切となってきます。

水分補給をされる際は、蒸気を吸い込むことにより、鼻や喉を潤してくれますので、出来れば蒸気が出るくらいの温かい飲み物をおすすめします。

 

その他で言いますと、「のど飴を舐める」ことも有効な方法の一つだったりします。

 

また、咳が出てなかなか眠れないという方は、「上半身を起こして寝る」ことで咳が出にくくなりますので、寝る際は、枕やクッションなどに寄りかかるようにして、少し上半身を起こすような体勢で眠られると良いでしょう。

 

花粉症で咳が出る時は病院の何科を受診すると良いの?

花粉症で咳が出ている時、「念のために病院へ受診したいけど、何科に行ったらよいのか迷う…。」という方もいらっしゃるかと思います。

 

その場合の受診する科はどこが良いかですが、

・耳鼻咽喉科

・呼吸器科

・内科

などに受診されると良いでしょう。

 

耳鼻咽喉科は言葉のとおり、「耳」・「鼻」・「喉」の専門家ですので、より適切な処置を行ってくれます。

 

呼吸器科は、咳がひどい状態が続いている時は、喘息を引き起こしている(または、その手前である)可能性も考えられるため、咳がひどい時は呼吸器科を受診されたほうが良いかと思います。

 

上記2つの他にも「内科」に受診されてもOKです。

 

病院を受診される際の基本的な考え方としましては、「症状に合った病院を受診する」ことが大切ですので、最も辛い症状が出ている部位に合った病院へ受診をなさるようになさってくださいね。

 

まとめ

花粉症の症状が関連することが原因で咳が出ることがあることをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

花粉症に限らず、風邪などをはじめ、どの様々な症状にも言えることですが、早めの処置や対策を行うことが大切ですので、花粉の症状が出る前(時期が来る前)から対策を取るようにされて、少しでもおかしいと感じましたら、早めに病院へ受診をなさってくださいね。

-健康
-,