色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

美容

花粉症が乾燥肌の原因になるって本当?スキンケアやメイクはどうする?

2016/12/11

454082

花粉症の時期になると、肌が乾燥してかゆみを感じたり、肌荒れが起きやすくなってしまうことがありますが、「花粉症と何か関係があるのかな?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、花粉症が乾燥肌の原因になるというのは本当なのか、どんなスキンケアやメイクをすると良いのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

花粉症が乾燥肌の原因になるって本当なの?

花粉症が乾燥肌の原因になってしまうというのは本当なのかどうかですが、結論から言いますと本当です。

 

まず、花粉症の症状が起きる理由は、花粉が目や鼻、口などから体内に侵入した際に起きる体の反応(アレルギー反応)によるものですが、これと同じようなことが肌にも起きていたりするんです。

 

花粉が肌に付着したことにより、その部分がアレルギー反応を起こし、その結果、肌のカサカサやかゆみ、赤くなってしまったりするなどの症状(肌荒れ)が起きてしまいます。

 

肌荒れが起きてしまうと、肌環境が乱れてしまい、お肌を外部からの刺激や肌の水分の蒸発を防ぐ「バリア機能」が低下してしまいます。

 

この機能が低下してしまうことで、さらに花粉などの外部からの刺激が受けやすくなり、アレルギー反応が引き起こされやすくなってしまいますし、肌の水分が失われやすくなりますので乾燥肌になりやすい肌環境となってしまうという悪循環に陥ってしまいます…。

 

そのため、何よりもまず気を付けないといけないことは、花粉との接触を出来る限り避ける工夫を行うことが大切となります。

 

マスクを付ける

花粉症対策の定番中の定番ですが、やはり、付けるのと付けないのとでは大違いですし、体内に花粉が侵入するのを防ぐだけでなく、顔に花粉が付着するのを軽減させることが出来ますので、マスクの着用は出来る限りなさるようにされると良いでしょう。

また、マスクは1度使用したものは使い回しをすることなく、新しいものを付けるようになさってくださいね。

 

メガネを掛ける

メガネを掛けることにより、目からの花粉の侵入を防ぐだけでなく、目の周りに花粉が付着することも軽減させてくれますので、メガネを掛けられることもおすすめします。

 

髪の毛にも気を配る

髪の毛は花粉が付着しやすいですので、髪が長い方は出来る限り肌に直接触れないように一つにまとめられたりなさると良いでしょう。

また、整髪料やワックスなどを付けている状態ですと、花粉が付着しやすい状態となってしまいますので、なるべくならそれらは付けられないほうが良いです。

 

外出されている時間が長くなりそうな時は、帽子を被って外出されるのも花粉対策の一つとして有効な方法です。

 

帰宅後はすぐに花粉を落とすようにする

お肌に花粉が付いた状態のままですと、お肌へのダメージが強くなっていってしまいますので、帰宅後は出来る限り、すぐに入浴されるか、シャワーを浴びるようになさってください。

 

髪の毛が乾燥していると花粉が付着しやすいですので、トリートメントはしっかりと行うようにしましょう。

 

花粉との接触を出来る限り避けることに気を付けることも大切ですが、その他のことにも気を付けることがありますのでお伝えします。

 

実は、花粉の影響により、肌が普段よりもさらに敏感な状態になっているため、普段使っている化粧品が合わなくなっている状態になってしまっていることもあります。

 

それにもかかわらず、そのことに気づかず、これまでの化粧品を使い続けていることが、さらに症状を悪化させている原因となっている場合もありますので、花粉症の時期は化粧品を替えるなど、特に化粧品に対しての注意が必要となります。

 

他にも、鼻のかみ過ぎによって皮膚が炎症していることが原因で肌荒れを引き起こしている場合もありますので、使うティッシュなどは出来る限り肌に刺激が少ない優しいタイプのものを使われるようになさることが大切です。

 

花粉症による乾燥肌にはどんなスキンケアが良いの?

花粉症による乾燥肌に対してのスキンケアは、どんなところに注意すると良いのかですが、お肌が乾燥していることにより、お肌のバリア機能が低下してしまっている状態ですので、出来る限り肌へ負担を減らすようにすることが大切です。

 

帰宅された後はすぐにメイクを落とすことが、花粉による肌へのダメージを増加させないためにも重要ですが、花粉をしっかりと落としたいからといってゴシゴシ洗うようなことは、かえって逆効果になりますので、絶対に避けるようになさってください。

 

洗顔の方法としましては、ぬるめのお湯(30℃前後)で肌をこするように洗うのではなく、洗顔の泡を優しく転がすような感覚で洗うようになさってください。

熱めのお湯はお肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、避けてください。

 

また、スクラブ入りの洗顔の使用やピーリング(ピーリング剤入りの洗顔も含む)は避けるようになさってください。

 

そして、何よりも重要なのが「保湿」です。

 

洗顔後はもちろんのこと、普段から保湿対策を行うことがとても大切なことですので、しっかりと行うようになさってください。

 

ただし、保湿を行う際にも注意点がありまして、「外出前の保湿対策は油分の多い化粧品は使わないようにする」ことを意識さなってください。

 

と言いますのも、油分の多い化粧品を使われると花粉が付着しやすくなるからです。

そのため、出来る限り外出前の保湿対策には油分の多い化粧品の使用は控えられたほうが賢明かと思います。

 

そのような化粧品をお使いになられる場合は、「外出先から帰宅され、その日はもう外に出ない状態(就寝前など)」の時にお使いになられるようになさってください。

 

また、意外と忘れがちなのが「唇のケア」だったりしますので、リップベースやワセリンなどで唇のケアをしっかりと行ってくださいね。

 

乾燥している肌というのは、バリア機能が低下し刺激に対して弱くなっていますので、肌への刺激が少なく、しっかりと保湿を行い、乾燥から肌を守ってくれる化粧品が理想的な化粧品となってくるのですが、敏感肌の方でも安心して使えるということでおすすめなのが「アヤナス(ayanasu)」です。

 

アヤナスは、「花粉」・「雑菌」・「空気中のホコリ」・「乾燥」などの外部刺激から、独自技術により肌を徹底的に守ってくれます。

 

また、お肌の奥まで潤いをしっかりと補給できる浸透力を持ち、さらに乾燥肌と敏感肌の方のために作られている専門のブランドですので、安心してお使い頂けます。

 

今なら、返金保証付きの「10日間じっくりと試せるトライアルセット」が用意されていますので、使う化粧品に迷われていましたら、一度お試しになられてみてはいかがでしょうか。

⇒ アヤナスの公式サイトはこちら

 

花粉症による肌荒れの時のメイクはどうすると良い?

花粉症による肌荒れの時のメイクはどうするのか迷うところではありますが、まず、メイクをした方がいいのかということに関しましては、メイクはしたほうが良いです。

 

『メイクをすると肌が荒れるから…。』という理由で、メイクをしない(スッピンでいる)という方がいらっしゃいますが、メイクを何もしていない状態ですと、花粉が肌に直接付着しダメージを受けてしまいやすくなるため、しっかりとメイクをしないまでも「ベースメイクくらいは軽めに行う」ようになさってください。

 

ファンデーションは油分の多いものですと花粉が付着しやすくなってしまいますので、油分の多いクリームやリキッドタイプは避けて、肌への刺激が少ない「ミネラルファンデーション」などのサラっとするタイプのものを選ぶようになさってください。

 

また、目の周辺はデリケートな部分でもありますので、アイメークの種類によっては、痒みや赤くなってしまうなどの肌トラブルを招く可能性もありますので、メイクの様子を見ながら行うようにするなど、十分に注意をするようになさってください。

 

アイラインやマスカラも、涙により流れやすくなりますので、花粉症の症状で涙が出やすい状態にある場合は、出来る限り使用を避けるようになさってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

花粉症が乾燥肌や肌荒れの原因となってしまうことをお伝えしましたが、出来るかぎり花粉との接触を避けることが重要となってきますので、花粉との接触を避けるための工夫や対策をしっかりとなさってください。

また、このような時期の肌は特に敏感となっていますので、出来る限り刺激を与えないようにしながら、しっかりと保湿対策を行うようになさってくださいね。

-美容
-,