色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

アレルギーと花粉症が悪化する食べ物とは?喉が痒い理由は?果物は?

237571

花粉症やアレルギーの方にとっては、普段何気なく食べているものでも症状を悪化させてしまう原因となってしまっているものがあるため注意が必要だったりするのですが、「そう言われても、どれが悪いのかわからない…。」という方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、花粉症とアレルギーの症状を悪化させる食べ物や、果物を食べると喉がかゆくなる理由、食べることを気を付けるべき果物や野菜などをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

アレルギーと花粉症を悪化させる食べ物ってどんなもの?

アレルギーと花粉症の症状を悪化させてしまう原因となってしまう食べ物はどんなものなのかですが、以下にご紹介していきますね。

 

アレルギーと花粉症を悪化させる食べ物

・アルコール類

・インスタント食品

・ファーストフード

・サラダ油

・ハムやソーセージ類

・清涼飲料や冷たい飲み物

・香辛料や刺激物

などがあります。

 

アルコール類

アルコールを代謝する際に生成される成分である「アセトアルデヒド」が、末梢神経を刺激してしまうため、「鼻水」や「鼻づまり」、「くしゃみ」などの症状をさらに悪化させやすくなってしまいます。

 

インスタント食品やファーストフード

インスタント食品やファーストフードに使われている「加工油脂」には『トランス脂肪酸』が含まれており、この成分がアレルギーと花粉症を悪化させやすくしてしまう可能性があります。

 

花粉症とアレルギーに関係する面からだけでなく、健康面に関してもリスクが高いと言われています。

マーガリンにも含まれていますので、注意が必要です。

 

サラダ油

サラダ油は活性酸素を作りやすく、活性酸素は花粉症の症状を悪化させる原因となりますので、出来る限り使われないようになさる方が良いでしょう。

使われる油類は、酸化しにくい「キャノーラ油」や「オリーブオイル」のご使用をおすすめします。

 

ハムやソーセージ類

過敏性を高める原因となる、刺激物質の「亜硝酸塩」などが含まれているため、アレルギーや花粉症の症状に対して敏感に反応しやすくなってしまう可能性が高まります。

 

清涼飲料や冷たい飲み物

これらの飲み物を飲むことにより体を冷やしてしまうことになるのですが、体を冷やすことにより自律神経が乱れやすくなり、自律神経が乱れるとアレルギー反応が起こりやすい原因となってしまいますので、出来る限り冷たい飲み物や食べ物は控えるようになさったほうが良いです。

 

香辛料や刺激物

香辛料や刺激物は、鼻の粘膜の毛細血管を膨張させやすく、鼻づまりの症状を悪化させる原因となりますので出来る限り避けられたほうが良いでしょう。

※鼻づまりの原因は鼻の粘膜の毛細血管が膨張することにより、空気の通り道を塞がれてしまうことにあります。

 

上記の食べ物と反対に、食べたほうが良いとされる食べ物を紹介しておきますと、「ヨーグルト」・「納豆」・「甜茶」・「べにふうき」などがありますが、これらは食べてすぐに効果が現れるということはなく、食べ続ける(飲み続ける)ことが大切ですので、出来れば、花粉症の症状が出始める時期の遅くても1ヶ月以上前から食べ始めるようになさってください。

 

ただし、2ヶ月以上前からであったり、半年以上前から食べ始めて効果が現れ始めたりする人もいるなどの個人差はありますのでご注意ください。

 

ヨーグルトに関しましてはこちらでご紹介していますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

花粉症やアレルギーの人が果物で喉がかゆくなる理由とは?

花粉症とアレルギーの人が果物を食べると喉がかゆくなったり、イガイガしたりすることがありますが、これには「花粉症」と「果物アレルギー」の関係性によるところがあります。

 

まず、果物アレルギーとは「口腔アレルギー症候群」のことを示すのですが、一般的にはこの症候群のことを果物アレルギーと呼ばれたりしています。

また、果物アレルギーと言われていますが、ここには『野菜』も含まれています。

 

口腔アレルギー症候群とは、果物や生野菜に含まれるアレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が口の中の粘膜に触れることにより引き起こされてしまうアレルギー反応のことを言いますが、その症状は「喉、舌、唇、口の中のかゆみやしびれ、痛み、むくみ」などがあります。

 

これらの症状は、果物や生野菜を摂取後《数分以内》に症状が現れることがあり、場合によっては、「アナフィラキシーショック」と呼ばれるショック症状を引き起こしてしまうこともあります。

症状が現れた後、しばらくすると大抵の場合は自然に症状が治まっていきます。

 

なぜ、この口腔アレルギー症候群が口の周辺で起きるのかといいますと、アレルギーの原因となる物質が小腸に到達する前に壊れることにより、口の周辺でアレルギー反応が起こるということにあるのですが、中には吐き気や下痢などの消化器系での症状が引き起こされる場合もあります。

 

では、この口腔アレルギー症候群(果物アレルギー)と花粉症にはどんな関係性があるのかといいますと、体内のアレルギー物質に対する抗体である「IgE抗体」が関係しています。

 

花粉症の方は、花粉に対しての「IgE抗体」を持っているのですが、【この花粉に対する「IgE抗体」】と【果物や生野菜に対する「IgE抗体」】の構造が似ているため、本来は《花粉》と《果物や生野菜》という違う物質にもかかわらず、同じようなアレルギー反応が引き起こされてしまったりするんです。

 

このような反応のことを「交差反応」というのですが、この交差反応により、花粉症の人が果物や野菜を食べた時に口腔アレルギー症候群が引き起こされてしまうことがあります。

そのため、花粉症の方は口腔アレルギー症候群(果物アレルギー)を引き起こしやすいですので、より注意が必要となります。

 

口腔アレルギー症候群の対処方法としましては、事前に医療機関でアレルギーの原因となる食べ物を確認し、出来る限りそれらの食べ物を避けるようになさることが大切です。

 

ただ、基本的には該当する食べ物は避けられたほうが良いのですが、果物や生野菜が持つアレルギーの原因物質(アレルゲン)は「熱に弱い」という性質を持っていることから、食べる際には《加熱》することで食べられる可能性もありますので、お医者さんに一度ご相談なさってみることをおすすめします。

 

アレルギーや花粉症の人が気を付けるべき果物や野菜とは?

花粉症やアレルギーの人が口腔アレルギー症候群(果物アレルギー)を引き起こしやすいので注意が必要ということではありますが、花粉と口腔アレルギー症候群には密接な関係性がありますので、その関係性を含めて、どんな果物や野菜に気を付けるべきなのかを以下にご紹介していきますね。

 

スギやヒノキ花粉症の人が注意すべき果物や野菜

「トマト」に対しての注意が必要となります。

 

シラカバ花粉症の人が注意すべき果物や野菜

スギ花粉が比較的少ないと言われる北海道に多いのがシラカバ花粉症と言われていますが、シラカバ花粉症は花粉症の中でも、口腔アレルギー症候群(果物アレルギー)を引き起こしやすく、特にバラ科の果物に対してのアレルギーを引き起こしやすいですので注意が必要です。

 

バラ科の果物ですが、「サクランボ」・「リンゴ」・「モモ」・「イチゴ」・「ウメ」・「ナシ」などがあります。

他にも「クルミ」・「ニンジン」・「キウイ」・「セロリ」にも注意が必要です。

 

ブタクサ・ヨモギ花粉症の人が注意すべき果物や野菜

ブタクサ・ヨモギ花粉症の人は、ウリ科と呼ばれる「メロン」・「スイカ」・「バナナ」・「カボチャ」・「キュウリ」に対してや、セリ科と呼ばれる「セロリ」・「パセリ」・「ニンジン」などに対しての注意が必要となります。

また、「リンゴ」や「キウイ」などにも注意が必要です。

 

イネ科花粉症の人が注意すべき果物や野菜

イネ科花粉症の人は、「メロン」・「スイカ」・「バナナ」などのウリ科、「ジャガイモ」・「トマト」などのナス科、「セロリ」などのセリ科などに対しての注意が必要となります。

また「オレンジ」などに対しても注意が必要など、注意すべき果物や野菜が多岐にわたりますので、イネ科花粉症の方は特に事前に医療機関でアレルギーの原因となる食べ物を確認なさることが大切です。

 

花粉症と口腔アレルギー症候群との関係性を含めて、注意すべき果物や野菜をご紹介しましたが、一度、どんなものに注意が必要なのかということが分かれば、それに対しての予防が可能となります。

 

そのため、果物や野菜を食べた時に少しでも何かしらの違和感を感じましたら、その食べ物や種類を記録しておくことや、医療機関での検査を行われるようになさることが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「思い返してみると、ちょっと違和感を感じたけど、大したことにならなかったからそのままにしておいた…。」という方もいますが、そのままにしておくと症状が悪化していってしまう可能性もありますので、違和感を少しでも感じたら、早めに医療機関で確認をなさることをおすすめします。

-健康
-,