色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

花粉症お風呂で症状がひどい理由は?目がかゆいやくしゃみ鼻水の原因は?

113400

花粉症の症状が出るようになった時、「普段でも部屋にいる時は辛かったりするけど、何故かお風呂に入ると症状が余計にひどくなる…。」という方は結構いらっしゃいます。

ここでは、花粉症でお風呂に入ると症状がひどくなる理由や、目がかゆくなったり、くしゃみや鼻水が出る理由などをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

花粉症でお風呂に入ると症状がひどいのはどうしてなの?

花粉症の症状は、本来ならばお風呂に入ることで緩和されたりすることもあり入浴は有効な手段といえるのですが、お風呂に入ることにより、何故か余計に症状がひどくなってしまうという方も多くいらっしゃいます。

その原因に関しましては様々な理由が考えられますので、以下にご紹介していきますね。

 

温度差によりアレルギー反応を引き起こしてしまう

必ずしもそうとは限りませんが、一般的には普段生活をしている室内と、お風呂場(脱衣所も含む)の温度を比べた場合、お風呂場の方が温度が低い傾向にあることが多かったりします。

 

そのため、室内からお風呂場に行くことで、温度差の変化を感じることになるのですが、この温度の変化を感じることで、「寒暖差アレルギー」のようなアレルギー反応を花粉症が原因で引き起こされやすくなってしまうことがあります。

 

それにより、鼻の粘膜が刺激されたりすることでくしゃみや鼻水が出てしまうことへと繋がってしまったりしてしまいます。

 

上記の症状を防ぐ、または、緩和させるためには、出来る限り室内とお風呂場の温度差を作らないようにすることが大切ですので、お風呂に入られる前にシャワーを流しておいたり、湯船の蓋を開けておいて蒸気をお風呂場内に行き届かせておくなどして、お風呂場内の温度を上げておくようになさってください。

 

自律神経の影響によるもの

お風呂に入るとリラックスすることにより、自律神経の「副交感神経」が活発になるのですが、この副交感神経が活発になることにより、血行が良くなったり、粘膜の分泌が増えたりすることにより鼻が刺激され、鼻水が出やすい状況になってしまうことがあります。

 

そのため、花粉症の症状が出る時期はシャワーでサッとすませるようにするなど、出来る限り長時間の入浴は避けられたほうが良いかと思います。

 

熱めのお湯に入ることが原因となってしまっている

熱いお湯に浸かることで、体内に花粉症の症状を引き起こす原因物質である「ヒスタミン」が増加してしまうため、花粉症の症状がひどくなってしまったりします。

そのため、出来る限り「40℃以下」のお湯に浸かるようにして、それ以上(特に42℃以上)の熱めのお湯には浸からないように心掛けてくださいね。

 

脱衣所内に花粉が溜まってしまっている

脱衣所という場所は、衣服の着脱を行う場所柄、どうしても衣服に付着した花粉が衣服の着脱の際にばらまかれてしまいやすくなるため、脱衣所には花粉が集まりやすくなってしまう傾向があります。

 

そのため、脱衣所は掃除機をかけるなど、掃除を念入りに行なったり、可能であれば、空気清浄機を設置して花粉を取り除いておくことを普段からされておかれることが大切です。

 

また、足ふきマットにも花粉が付着しているのですが、この足ふきマットは意外と見逃されがちですのでご注意なさってくださいね。

 

タオルや着替えの服など花粉が付着してしまっている

洗濯物を外で干す場合、どうしても花粉が付着してしまいますが、しっかりと花粉を振り払うことを行ったとしても、完全に花粉を取り除くということは難しかったりします。

 

そのため、出来る限り花粉症の症状が出る時期は部屋干しをされることをおすすめしますが、外干しをしたいと思うこともあるかと思います。

 

その場合は、比較的花粉の飛散量が少ない「午前中」に外干しをなさるようにされることをおすすめします。

 

換気扇から花粉が侵入してしまっている

換気扇はお風呂場の近くに設置されていることが多かったりしますが、換気扇は部屋の空気を外へ排出するだけでなく、外の空気も部屋の中に取り込みますので、その空気と一緒に花粉が部屋の中に侵入してしまったりします。

そのため、花粉が侵入してこないように、フィルターなどを設置するなどの対応が必要となってきます。

 

カビなどに反応している可能性

お風呂場はカビなどが発生しやすい場所でもありますが、普段なら反応はしなくても、花粉症の症状が出ている時は、その他のアレルギー症状が出やすい傾向にあるため、カビなどに対するアレルギー反応を引き起こしている可能性もあります。

 

お風呂場から出たあとは症状が出なくなるのに、なぜだか入浴中のみ症状が出る、またはひどくなるという場合はカビなどに対するアレルギー反応を引き起こしている可能性が考えられますので、カビなどの除去を行う必要があります。

 

時間差で症状が出ている

花粉症の症状には、花粉が体内に侵入することにより即座に体が反応する「即時相反応」と、体内に花粉が侵入して数時間後に症状が現れる「遅発相反応」の2つがあります。

 

即時相反応は、すぐに体が反応を示すので分かりやすいですが、『遅発相反応』はすぐには反応しないため原因が分かりづらかったりします。

 

花粉がない状況にもかかわらず、または、そのような状況の中で過ごしていてなんともなかったのに、花粉症の症状が急に出始めた場合は、この『遅発相反応』によるものの可能性があります。

 

花粉症でお風呂に入ると目がかゆいのはどうして?

花粉症でお風呂に入ると目がかゆくなる理由ですが、基本的には、上記でお伝えしました状況や場面によって花粉の症状がひどくなってしまうことに繋がるのですが、場合によっては「体内の熱を冷やす作用が弱くなってしまっている」ことが原因の可能性もあります。

 

もともと、人の体は体内に熱が高まってきた時、その熱を冷却する作用があるのですが、その作用が弱くなってしまうと、上手く体内の熱を冷却することができなくなってしまいます。

 

熱というのは上へ上へと登っていく習性があるため、最終的には顔のところまで熱が登ってきてしまいます。

 

その結果、その熱が目の粘膜を刺激することでかゆみを引き起こしてしまっている可能性があるんです。

 

花粉の症状が出ている時は、特に刺激に対して過敏になりやすくなっていますので、余計にかゆみが強くなりやすい傾向にあります。

 

そのため、お風呂に入る「20分」くらい前に『スポーツドリンクを水で薄めたものを飲む』ようになさることをおすすめします。

 

水分補給を行うことにより体が水分を吸収し、水分が吸収されることによって、体内の余分な熱を冷やしくれるようになるため、その結果、目のかゆみが抑えられたりします。

 

水分補給にスポーツドリンクをおすすめするのは、出来る限り体内への水分吸収を早く行うためでして、さらに、スポーツドリンクを水で薄めることで、より体内への水分の吸収を早めることが出来るからです。

 

飲みやすさと、糖分を控えめに出来るということを考えて、スポーツドリンクと水の割合は「1:1」がおすすめです。

 

また、上記でお伝えしましたこの方法は、花粉症の症状による目のかゆみだけでなく、普段から、「お風呂に入るとなぜだか目がかゆくなる…。」という方にもおすすめです。

 

花粉症でお風呂に入るとくしゃみや鼻水が出る理由は?

花粉症でお風呂に入るとくしゃみや鼻水が出る理由も、上記の「症状がひどくなる様々な理由」のところでお伝えしましたことが関係していたりします。

 

また、朝目覚めた時に、睡眠中に床に沈殿していた花粉が舞い上がることにより、くしゃみや鼻水などの花粉症の症状が出るという「モーニングアタック」と呼ばれる現象が起きてしまったりします。

 

目の症状にはそれ程の変化はないようですが、特に鼻の症状が強くなる傾向にあります。

これは、花粉症の症状が出ている時に限らず、鼻炎がちな人にも見られたりします。

 

このモーニングアタックは、「自律神経の影響によるもの」と「花粉やハウスダストなどによるもの」が原因だったりしますので、それぞれに対しての対策が必要となります。

 

自律神経の影響によるものの場合

・睡眠をしっかりと取ること

・朝起きた時に体を布団から起こす前に、布団の中で手足を動かすことにより交感神経を優位何条家ようへと切り替える

・朝起きた時に朝日をしっかりと浴びる

・普段から出来る限りストレスを溜め込まないようにする

 

眠っている時は、副交感神経が優位(活発に働いている)な状態になっていますが、副交感神経が優位な状態だとアレルギー反応が出やすい状況となっているため、「副交感神経優位の状態から交感神経優位の状態へ切り替える」ことが大切となってきます。

 

そのため、朝目覚めた時に、交感神経が優位な状態へと切り替えるためにも、軽い運動を行ったり、朝日を浴びることが大切となってきます。

 

また、体調をしっかりと整えることも花粉症の症状を緩和させることにも繋がっていきますので、普段からストレスを溜め込まないようになさることと、睡眠をしっかりと取るようになさってください。

 

花粉やハウスダストなどによるものの場合

・加湿器を設置して、花粉が部屋中に舞うのを防ぐ

・寝室に空気清浄機を設置する

・常に枕元にマスクを用意しておいて、目覚めた時にすぐに着用するようにする

・シャワーを浴びたり、入浴することにより、体に付着した花粉を洗い流す

・花粉症が出ている時期は洗濯物を出来る限り部屋干しにする

 

とにかく、花粉を体内に侵入させないことが大切ですので、出来る限り花粉との接触を避ける事ができる環境づくりを作るようになさることが重要となってきます。

 

洗濯物を部屋干しされる際は、花粉を除去することができる布団クリーナーなどを活用されるのも効果的な方法です。

やむを得ず、外で干した場合でも、布団クリーナーなどの活用は効果的ですのでおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お風呂に入ることで体が反応してしまう場合の症状に関しましては、「お風呂に入る前に対策をしっかりと行うこと」が大切だったりします。

また、なによりも、「体内への花粉の侵入を防ぐ」ことが大切ですので、日頃から花粉との接触を出来る限り避けるように心がけなさってくださいね。

-健康
-,