色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

花粉症対策のヨーグルトの種類でおすすめは?食べる量やタイミングは?

2017/01/31

103172

花粉症対策にヨーグルトが良いということを聞きますが、「一体、どのヨーグルトが良いのかわからず、選ぶ際に迷ってしまう…。」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

せっかくヨーグルトを選ぶのなら、少しでも効果が高いものを選びたいものですよね。

ここでは、花粉症対策のヨーグルトの種類でおすすめなのはどれか、食べる量やタイミングはどうすると良いのかなどをご紹介していきますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

花粉症対策のヨーグルトの種類でおすすめのは?

花粉症対策のヨーグルトの種類でおすすめなのはどれかということですが、早速、以下にヨーグルトの中でも効果が期待されている種類のものをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてください。

 

明治 R-1ヨーグルト

この商品のCMが流れていることでご存じの方も多いかと思いますが、赤いパッケージが特徴的な「R-1乳酸菌」が含まれているヨーグルトです。

R-1はインフルエンザ予防に対して優れた効果を発揮してくれることでも有名ですが、花粉症に対しての免疫力を高めてくれる効果も期待されています。

 

 

明治 LG21ヨーグルト

ピロリ菌に効果があると期待されている「LG21乳酸菌」が含まれているヨーグルトではありますが、アレルギー疾患の症状の緩和や改善には『腸内環境を整えることが大切』だとされています。

「LG21乳酸菌」は腸にまでしっかりとたどり着いてくれる乳酸菌ということもあり、腸内環境改善することで花粉症の症状の緩和の効果に期待されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治プロビオヨーグルト LG21 砂糖0 カップ 【36個入り】112g ヨーグ...
価格:4860円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)

 

 

小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト【KW乳酸菌プラス】

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和することを目的に開発された「KW乳酸菌」が含まれているヨーグルトです。

 

 

カルピス L-92乳酸菌ヨーグルト

花粉症などのアレルギーに対する研究が最も進んでいる乳酸菌で、アレルギー症状に対しの働きが他の乳酸菌よりも群を抜いているとされ、どの効果が期待されている「L-92乳酸菌」が含まれているヨーグルトです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

11/1発売 カルピス 守る働く乳酸菌 「L-92乳酸菌」 200ml×24本(...
価格:2680円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)

 

 

ヨーグルトにタイプで「食べるタイプ」と「飲むタイプ」がありますが、どちらでも大きな違いはありませんので、ご自分のお好みに合わせてタイプをお選びになってください。

 

また、ヨーグルトを食べる(飲む)際に、甘みを足したいからと砂糖を混ぜる方がいらっしゃいますが、『白砂糖を摂取することは避ける』ようになさってください。

 

と言いますのも、白砂糖を摂取することにより、免疫力の低下を防いでくれる《ビタミンB》などが減少してしまうため、せっかくヨーグルトを摂取しても効果が薄くなってしまう、または、かえって逆効果になってしまう可能性もありますので、白砂糖の摂取は避けるようになさってください。

 

ヨーグルトの「加糖タイプ」も避けるようにされたほうが良いでしょう。

どうしても、甘みを足したいという場合は、はちみつや黒砂糖などを混ぜられるようになさってくださいね。

 

花粉症対策のヨーグルトの食べる量はどれくらいが良いの?

花粉症対策のヨーグルトの食べる量はどれくらいが良いのかですが、基本的な目安としましては「1日あたり100g~200g」を毎日食べるようになさってください。

 

一般的に販売されているヨーグルト(食べるタイプ・飲むタイプの両方を含む/大きいサイズは除く)の用量が1個(1本)あたり「100g(ml)~200g(ml)」ほどですので、『1日1個(1本)』を毎日食べるようになさってくださいね。

花粉症対策のヨーグルトを食べるタイミングはいつが良い?

花粉症対策のヨーグルトを食べるタイミングはいつ頃が良いのかですが、「食後に食べる」ようになさると良いでしょう。

 

と言いますのも、空腹時の状態は胃酸が強い環境下にあるため、乳酸菌には適さない環境となっているためです。

また、満腹の状態も吸収を妨げてしまう可能性もあるため、「腹八分目の食後」が理想的なタイミングとなります。

 

ヨーグルトを食べると花粉症の症状を緩和させてくれるというのは、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が花粉症を直接改善してくれるのではなく、あくまでも体質を改善させることで、花粉症の症状を緩和させてくれるということに繋がっています。

そのため、体質を改善させるためにはある程度の期間ヨーグルトを摂取し続ける必要があります。

 

体質改善という意味では、ヨーグルトを食べてすぐに効果が現れるという即効性を期待されるのではなく、本来なら「半年~1年前頃」から食べ始めるのがベストで、遅くても『1カ月前』から食べ始める必要があります。

 

また、花粉の症状が出てからではあまり効果がありませんので、花粉の症状が出始める前からヨーグルトを食べ始めるようにするため、各地域による花粉が飛散する時期から逆算して食べ始めるようになさってください。

 

ただ、食べ始める時期に関しましては、個人差によるところがあり、2ヶ月前から食べ始めたほうが良い方など、人によって効果が現れ始めるタイミングが違います。

そのため、万が一、「今年はそれ程効果を感じなかった…。」という場合であっても、諦められてしまわれず、来年のために今から対策を行うという意味でも、毎日の習慣化になさって継続されるようになさってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヨーグルトが花粉症対策として良いと言われてはいますが、食べ方や食べるタイミングを間違ってしまうと効果が薄くなる、または、逆効果になってしまいますのでご注意なさってください。

また、花粉症の時期だけでなく、普段から毎日続けられることが何よりも大切ですので、ご無理をされることなく「1日1個(1本)」を目安にお続けになってくださいね。

-健康
-,