色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

コサージュの卒園式でのマナーはどうなの?アクセサリーやバッグは?

49990b924f933b9b2595073b913e18e0_s

卒園式に出席する際、服装以外にも、「コサージュなど、どんなものを身につけていったらマナーとして良いのか悩む…。」ということってありますよね。

ここでは、卒園式での注意すべきマナーとして、コサージュやアクセサリー、バッグに対するマナーはどんなところに気を付けると良いのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

コサージュで卒園式のマナーとして注意すべきことは?

卒園式でのコサージュに関するマナーで注意すべきことですが、まず、はじめに「そもそも、コサージュは付けないといけないのか?」ということに関しましては【付けても付けなくてもどちらでも良い】です。

 

コサージュは付けなくても良いのですが、付けることで華やかな雰囲気を作ることができます。

 

ただ、コサージュを付ける際には気を付けるべき点というのがありますので注意が必要です。

 

まず、コサージュの色ですが、「黒」・「赤」・「オレンジ」・「紫」など、色が濃いとされるものは避けられたほうが良いです。

 

卒園式は格式の高い式典でありますので、服装は落ち着いた色合いのものが良いとされていますので、「コサージュもそのような色合いのものを選んだほうが良いのでは?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

黒のコサージュはお葬式を連想させるためNGとされていますし、それに近い落ち着いた色合いのものは避けられたほうが良いですし、また、赤などの色合いは主張が強すぎる(派手すぎる)とみなされるため避けられたほうが良いでしょう。

 

コサージュの色を選ばれる場合は、「淡いピンク」・「」・「ベージュ」などの清潔感を感じさせながら派手すぎない明るさを演出できる色を選ばれると良いでしょう。

 

また、コサージュの素材も「化繊」・「シルク」・「オーガンジー」などは良いですが、《綿》や《麻》などの素材はカジュアルなものと見られてしまい、とみなされフォーマルな場所には相応しくないとされています。

 

コサージュを付ける位置ですが「左側の胸」に付けるようになさり、胸元よりは鎖骨の辺りに付けられると、顔がスッキリとシャープに見られます。

 

人の目線は「下半身より上半身に集まりやすい」傾向にありますので、コサージュを顔の近くにつけることで、コサージュの色合いと顔がスッキリと見られるという効果により、顔の印象が明るく華やかな印象に見られやすくなります。

 

そのため、コサージュは「襟があるなら襟元」に付けられ、襟がない、または襟元に付けにくい場合は「鎖骨のあたり」に付けられると良いでしょう。

 

コサージュを付ける際ですが、コサージュがぐらついてしまう場合は、付ける服装の裏側に「あて布」をしておくとぐらつきにくくなりますし、茎を体の外側に向けるように少し斜め向きにして付けられると安定しやすくなりますよ。

 

卒園式のアクセサリーに関するマナーはどうなってるの?

卒園式のアクセサリーで注意すべきマナーですが、まず、「アクセサリーは付けたほうが良いのか?」ということですが、【付けても付けなくてもどちらでも良い】です。

 

もし付けていく場合、卒園式に身に付けていくアクセサリーの素材は「パール素材」ものを付けるのが正式なマナーとされています。

 

ですので、『どんなアクセサリーを付けていったら良いのか迷う…。』という場合は、「パール素材のアクセサリー」を付けていけばマナー違反と思われることはなく安心です。

 

ただ、パールのネックレスを付ける場合は、「7.5mm~8mm」が基本で、大きくても「8mm~8.5mmまで」のものを付けるようにしましょう。

それ以上だと主張しすぎる(派手すぎる)と見られる可能性があります。

 

また、卒園式でのネックレスは「一連のネックレス」が相応しいとされています。

一連以外の場合でも、「二連まで」にしておいたほうが良く、二連にする場合はパールの大きさも一連よりは小さいものを選ぶようにしましょう。

 

では、パール素材以外のものは身につけてはいけないのかと気になる方もいらっしゃるかと思いますが、本来であれば、夜を連想させる「ダイヤモンド」などをはじめ、キラキラ輝くようなアクセサリは付けず、出来る限り光沢を抑えたアクセサリーを付けるのがマナーとされています。

 

そのため、出来る限りそのようなアクセサリーは付けないほうが良いとされていますが、卒園式の場合では、あまり派手すぎないものであれば、手持ちのアクセサリーを付けても大丈夫です。

ただし、きらびやかすぎない、派手すぎないということは注意なさってくださいね。

 

卒園式のバッグに関するマナーはどうなってるの?

卒園式のバッグに関するマナーはどうなっているのかですが、基本的には「フォーマルバッグ」が良いとされていますが、絶対にフォーマルバッグでないといけないというわけではありません。

 

ただ、カジュアルすぎる、または、派手すぎる、金具がジャラジャラしているなどのバッグはNGとされていますので注意してください。

他にも、ブランドのロゴの主張が強いものも避けられたほうが賢明です。

 

次にバッグの色ですが、卒園式の場面で一番多く選ばれているバッグの色は「」だったりしますので、バッグの色選びに迷われた場合は「黒」を選ばれておくと間違いはありません。

 

また、バッグのデザイン選びに迷われた場合は、出来る限りシンプルなものを選ばれておけば間違いはありませんので、『どんなバッグを選んだらよいか迷う…。』という場合は「シンプルなデザインの黒のバッグ」を選ばれておけば大丈夫です。

 

『それでもやっぱり不安…。』と思われていて、もし、新しく購入を考えられているのでしたら、お店の店員さんに相談なさるのも一つの方法かと思います。

 

黒以外の色のバッグを選ばれる場合は、派手すぎないのであれば、アクセサリーやコサージュの色に合わせた明るい色のバッグを選ばれても問題はありません。

 

バッグの素材は、『爬虫類系の革』のバッグは避け、「牛革」・「羊革」といった革製のバッグか、「布製のバッグ」を選ぶようになさってください。

また、「かぶせ蓋があるバッグ」の方が良いとされています。

 

卒園式の当日は、卒園証書などを持って帰ることを考えると、メインのバッグの他にサブバッグを用意されておくのをおすすめします。

 

サブバッグの大きさは、小さくても「A4ファイル」が入る大きさで、できれば折りたためるもので色は黒のバッグが理想的です。

 

サブバッグがない場合は「紙袋」でも大丈夫です。

その際も、出来る限り目立たない色の紙袋をお持ちになってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

通われている園によってマナーに厳しかったり、それほどではなかったりするなどの違いがありますので、一番はその園の先生や卒園式の経験をされたママに聞くのが一番確実で安心かと思います。

どうしても迷われる場合は、最低限守らなければいけないマナーさえ守っておけば大きな間違いはありませんので、この記事を読まれることによって、少しでもあなたのお役に立つことができたら嬉しく思います。

-春の行事
-,