色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

卒園式の服装で母親は礼服でも大丈夫?アクセサリーやバッグはどう?

489232

大切なお子さんの卒園式を迎えるにあたり、服装に関することで「母親の服装は礼服でも大丈夫なのかどうか?」と悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。

あまりにも他の出席者のママたちとかけ離れてしまうのは自分はもちろん、お子さんにも恥ずかしい思いをさせてしまいますので悩むところですよね。

ここでは、卒園式の服装で母親は礼服でも大丈夫なのか、その際のアクセサリーやバッグなどはどうすると良いのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

卒園式の服装で母親は礼服でも大丈夫なの?

卒園式の服装で母親は礼服でも大丈夫なのかどうかですが、卒園式はフォーマルな場所でありますので、礼服で卒園式に出席することは問題では(間違いでは)ありません

 

ただ、母親の方の年齢層であったり、園そのもの考え方であったりするなど、通われている園の雰囲気がそのまま卒園式などに反映される場合があり、それが暗黙のルールのようになっている場合もあるなど、これまでの一般的と考えられている考え方に必ずしも当てはまらないという場合もあります。

 

そのため、出来れば事前にその園の園長先生担当の先生などや、卒園式を経験された先輩ママに確認を取られてたほうが、大きな間違いをしてしまうことはなく安心ですので、確認することが可能であれば出来る限り事前に確認を取られたほうが確実でよいかと思います。

 

また、礼服で卒園式に出席される際ですが、パンツスタイルかスカートスタイルで悩む方もいらっしゃいますが、スカートのほうが本来は良いですが、パンツスタイルでも特に問題はありません。

 

スカートの場合は、卒園式がフォーマルな場所であることを考えると、ミニスカートは避けて、スカートの丈がひざ丈~ひざ下丈のものを選ばれると良いでしょう。

 

ストッキングに関しましては、卒園式で黒色のストッキングを履くことはNGですので、ベージュなど肌色に近い色のものを履くようになさってください。

 

卒園式の服装で母親のアクセサリーはどうすると良い?

卒園式の服装で母親のアクセサリーはどうすると良いのかですが、まず、アクセサリーは付けるか付けないかで言いますと、付けたほうが良いです。

 

と言いますのも、礼服のままですと、お葬式のような雰囲気が出てしまう可能性もあるため、出来ればワンポイントでも良いのでアクセサリーを付けられたほうが良いでしょう。

ただ、アクセサリーは絶対に付けないといけないというわけではありませんので、付けないという判断をされても問題はありません。

 

アクセサリーを考えた時、卒園式などには「パールのアクセサリー」を付けるのが正式なマナーだったりしますので、できれば、パール素材のものを付けられるのが一番ですが、あまり派手になりすぎず、服装に馴染むものであれば手持ちのアクセサリーでも問題はありません。

 

アクセサリーでネックレスのことを考えた場合、「1連のネックレスの方が良いのか、2連以上でも大丈夫かどうか?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、卒園式の場合は「1連のネックレス」が理想です。

 

比較的軽い感じの服装でも良さそうな雰囲気の園だったりするなど、その園の雰囲気によっては2連のネックレスなどでも問題はなかったりしますが、「理想は1連のネックレス」が相応しかったりします。

 

基本的にアクセサリー全般に言えることですが、アクセサリーの重ね付けは避けられたほうが良いですので、どうしても、1連ではないネックレスを付けられる場合は、多くても「2連」までにされたほうが良いでしょう。

 

また、ピアスに関しましては、できれば「真珠が1粒だけ付いているタイプ」のピアスが相応しく理想的ではありますが、ない場合は、派手すぎずシンプルなデザインのピアスであれば大丈夫です。

 

次に指輪に関しましては、結婚指輪は付けていっても大丈夫ですが、その他の指輪やブレスレットは出来る限り付けないほうが良いですが、もし、付けられる場合は豪華なものや派手なデザインのものは避け、ごちゃごちゃと重ね付けしないようにすることが大切です。

腕時計も同様に派手すぎないものを付けるようになさってください。

 

また、コサージュを付けられると礼服のそのままの状態から適度に華やかな雰囲気にしてくれますので、コサージュを付けられる方が実際に多かったりします。

 

コサージュを選ぶ際の色は基本は「白」、「ベージュ」、「ピンク」から選ばれると良いかと思います。

 

コサージュを付ける場所は「左胸の胸元」に付けるのが基本的な場所となりますが、コサージュを顔に近いところに付けることにより、顔の印象が明るくなりますので、もし、鎖骨あたり(襟がある場合は襟元が理想)にコサージュを付けられそうな場合は、そちらに付けられたほうが良いです。

 

卒園式の服装で母親のバッグはどうすると良いの?

卒園式の服装で母親のバッグはどうすると良いのかですが、卒園式はフォーマルな場所ですので、カジュアルなデザインものは避けましょう

 

バッグの素材に対しての特別な決まりはありませんが、「牛革」か「羊革」などの『革製』か、『布製』で『かぶせ蓋があるタイプ』のものが良いと考えられていますので、バッグ選びに迷われた場合は、そのようなタイプを選ばれると良いかと思います。

 

ただし、革製でも《爬虫類系の革》は卒園式にふさわしくないとされていますので避けられたほうが良いでしょう。

 

バッグの色は着ている服装と近い色(同色系)に合わせれば良いですが、服装が礼服などの場合、アクセサリーを全く身につけていない場合にバッグも同色系のものにすると、全身黒ずくめのような感じになってしまいますので、ベージュ色などのバッグで適度な華やかさを出すようになさると良いかと思います。

 

また、ブランドのロゴが強調されているものや、たくさん入っているタイプのものであったり、金具がジャラジャラ付いているタイプのものは避けられたほうが良いでしょう。

 

他にも、卒園式では卒園証書などをはじめ、持ち帰るものがあったりしますので、卒園証書などが入るサブバッグを用意しておかれることをおすすめします

 

卒園証書は基本的には「A4」タイプが多いかと思いますが、同じA4でもサイズに違いがある場合がありますので、サブバッグは「A4」サイズのものがギリギリに入るサイズのバッグよりは、少し余裕のあるサイズのバッグを持って行かれたほうが良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

卒園式に礼服を着ていくことは間違いではありませんが、できれば、その園の園長先生や担当の先生の方、または、その園を卒園された先輩ママに確認されたほうが失敗もなく確実かと思います。

また、アクセサリーも付けたほうが良いかとは思いますが、実際に付けずに出席されている方もいらっしゃいますので、無理に付けなくても大丈夫です。

卒園式では、大切なお子さんのご成長を感じられて様々な想いが巡られるかと思いますが、服装などの最低限気を付けるところだけは気を付けられて、お子さんのその園での最後の思い出をお作りになられてくださいね。

-春の行事
-,