色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

卒園式の服装で父親がカジュアルは大丈夫?ノーネクタイは?靴下は?

494222

卒園式を迎えるお子さんのために、卒園式を出席されるお父さんもいらっしゃるかと思いますが、その時の服装は「カジュアルな服装でも大丈夫なのか?」とか、「やっぱりちゃんとしたスーツとかのほうが良いのか?」など、どうしようかと悩んでしまったりしますよね。

ここでは、卒園式の服装で父親がカジュアルなのは大丈夫なのか、ノーネクタイはどうなのか、靴下はどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

卒園式の服装で父親がカジュアルな格好でも大丈夫?

卒園式の服装で父親がカジュアルな格好で出席しても大丈夫なのかということですが、卒園式は立派な式典となるフォーマルな場所となりますので、服装はカジュアルな格好ではなくスーツでの出席を基本と考えられたほうが良いでしょう。

実際に卒園式に出席している父親の方の多くがスーツで出席されています。

 

もちろん、園によってはスーツではなく、ジャケットとパンツといったカジュアルな服装での出席を推奨している園もあったりしますので、カジュアルな服装は絶対にいけないというわけではありません。

 

卒園式の服装に関しましては、お住いの地域や通われている園によって、「その園の雰囲気がそのまま反映される」というような独自の暗黙のルールがあったりしますので、その園の卒園式を経験された方や、園長や担当の先生に確認されるのが、卒園式に出席する服装を決める上では一番ベストだったりします。

 

そのような方々に確認を取られるのが一番ですが、「なかなか聞くに聞けない…。」であったり、「確認を取ったけどやっぱりどこか不安…。」という方は、カジュアルな服装よりはスーツで出席されたほうが無難ではないかと思います。

 

スーツでの出席を決められた場合の詳しいことはこちらでご紹介していますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

卒園式の服装で父親がノーネクタイなのは駄目なの?

卒園式の服装で父親がノーネクタイでの出席は駄目なのかどうかですが、基本的には駄目です。

 

上記でもお伝えしましたが、卒園式は立派な式典というフォーマルな場所ですので、しっかりとネクタイはしていくようになさってください。

 

ネクタイの色につきましては、スーツの色が紺色の場合は紺色系のネクタイを付けるなど、基本的にはスーツに合わせるようになさると良いでしょう。

 

その他の色を選ぶ場合は、出来る限り薄めの色や落ち着いた雰囲気のある色を選ばれるようになさり、派手な色や柄のネクタイは絶対に避けるようにしましょう。

 

また、白や黒のネクタイも避けるようになさってください。

 

とはいえ、中にはカジュアルな服装での出席を推奨している園もあるかと思いますので、その場合はノーネクタイでも問題はないでしょうし、むしろ、そちらのほうが自然な感じになるかと思います。

 

その場合は、あえてカジュアルな感じにネクタイを着けられるとオシャレ感が出るかと思いますが、あくまでも大切なお子さんが主役であって、親の服装がオシャレすぎないようにするということも大切ですので、やり過ぎには気を付けてくださいね。

 

卒園式の服装で父親の靴下はどうすると良い?

卒園式の服装で父親の靴下はどうするのかですが、上記の流れから考えると、まず、靴下を履かない状態での出席はNGとなります。

 

履いていく靴下は、スニーカー用のカジュアルな靴下ではなく、ビジネス用の靴下を履くようになさり、靴下の色は、紺色系のスーツなら靴下も紺色系にするようにされるなど、スーツに合わせるようになさると良いでしょう。

 

白色の靴下を履いていくのはNGとなりますので避けるようになさってください。

 

また、履いていく靴下の長さも重要で、座った時に素肌が見えてしまう長さの靴下は履いていかないようにして、「ハイソックス」や「ホーズ」などの丈が長い靴下を履くようになさってください。

 

ネクタイの時と同様に、カジュアルな服装を推奨している園の場合は、その園に合わせた格好をなさってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

卒園式に出席される際の服装を決められる時は、その園の卒園式を経験された方や、園長や担当の先生に確認されるのが一番ベストですので、可能であれば、出来る限り確認されたほうが安心で確実かと思います。

また、ご夫婦で出席される場合は、母親の方とのバランスを考えて決められるとより良いかと思いますが、なにより、大切なお子さんが主役であり、親の方のほうが目立つような服装はしないようにすることが大切ですので、よくご相談なさって服装をお決めになられてくださいね。

-春の行事
-,