色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

クリスマス会子供会で喜ばれるプレゼントは?プレゼント交換やゲームは?

2016/10/11

543191

クリスマスの季節になり、今年も子供会でクリスマス会を
開催されることになったのだけど、
企画をする側の立場からすると頭を悩ませるところですよね・・。

こちらでは、子供会でクリスマス会を行う際のプレゼントや、
喜ばれるプレゼントの交換方法やゲームなどを紹介していますので、
宜しければご参考になさってみてくださいね。

クリスマス会を子供会で行う際のプレゼントは何が良い?

クリスマス会を子供会で行う際ですが、
幅広い学年(年齢)の男の子や女の子が
参加するということもあって、
プレゼント選びには本当に頭を悩ますところですよね。

予算のこともありますし、
大人数での参加ということで一人一人の好みに合った
プレゼントを選ぶというのは結構大変です。

 

子供会での定番のプレゼントといえば「文具系」ですが、
定番とはいえ、様々な種類の組み合わせを袋に
詰め合わせることによることで喜ばれたりします。

 

一般的な文具系の組み合わせでも喜ばれますが、

・「匂いつきの消しゴム」

・「文字が消せるペン」、

・「かわいいメモ帳やペンケース」

・「ものづくり要素のあるもの」

など、その中にちょっと変わったものを
入れておくのはいかがでしょう。

かわいい系などは女の子が喜びそうなものですし、
ものづくり要素のあるものは男の子が喜ぶかもしれません。

 

その他のプレゼントでは、

・「お菓子入りブーツ」

・「図書カード」

・「安く買えるミニゲーム(ジグソーパズルなど)」

などもおすすめです。

 

また、逆に喜ばれなさそうなプレゼントとしては、

・風景写真のジグソーパズル

・茶碗

などをはじめとする、
大人目線で実用性のあるものであったり、
子供が喜ばなさそうなものは微妙だったりします。

もちろん、風景が好きな子供もいるかと思いますが、
キャラクター関連やインパクトのあるデザイン、
可愛いらしいデザインなどのほうが喜ばれると思います。

 

また、これは可能であればですが、

・高学年の男の子用

・低学年の男の子用

・高学年の女の子用

・低学年の女の子用

と、あらかじめパターン別にプレゼントを選ばれるという方法も
良いかと思います。

 

子供会のクリスマス会でのプレゼント交換の方法は?

子供会のクリスマス会でのプレゼントを交換する時ですが、
プレゼントの内容が男の子と女の子とで分かれている場合は、
できれば男の子と女の子とを分けてプレゼントの交換を
されると良いでしょう。

そのほうが、
「男の子なのに受け取ったのが女の子向けのプレゼントだった・・。」
ということもなく、選びやすくなります。

 

また、そのままただ渡すよりかは、
ゲーム要素を取り入れるなど、
何かしらの方法を取られたほうが
ちょっと喜ばれるかもしれないとお考えでしたら、

定番ではありますが、
「ビンゴゲーム」などはいかがでしょうか。

 

また、ちょっと変わったゲームをお考えでしたら、
「プレゼント釣りゲーム」というのをおすすめします。

 

やり方としましては、

・中身が分からないような袋にプレゼントを入れておく

・その袋に輪っかを付けておく

・プレゼントを釣るためのフックを付けた
釣り竿(竹竿などの簡易なもので十分です)を用意する

です。

ちょっと準備が大変かもしれませんが、
結構盛り上がったりしますので、
よろしければご検討なさってみてくださいね。

 

クリスマス会を子供会で行う際の喜ばれるゲームは?

クリスマス会を子供会で行われる際は、
ゲームを用意しておくことで喜ばれたり、
場が盛り上がったりしますので用意されておくと良いですが、
とはいえ、何が良いのか悩むところでもありますよね。

 

子供会となると、
参加している子供の年齢も幅広いということもありますし、
あまりに本格的なゲームをと考えると、
企画される側の方への負担が大きくなってしまいますので、

ここでは、準備不要なものや、
簡単な準備で行えるゲームを紹介します。

 

難しいルールもなく、
低学年から高学年まで参加できるゲームの定番といえば、
「椅子取りゲーム」や「フルーツバスケット」です。

もし、椅子の準備が大変だったり、
椅子が危ないと感じられた場合は、
「座布団」などがおすすめです。

 

その他のゲームですと、

・「じゃんけん列車」

・「だるまさんだるまさん」

などがおすすめです。

 

「じゃんけん列車」は…

各々がじゃんけんをしていって、
勝った人の肩に負けた人が後ろから手を置いて、
列車のように列を作っていき、

どんどんじゃんけんを繰り返しながら、
最終的に列車が1列になったら終わり

というゲームです。

 

「だるまさんだるまさん」は…

だるまさんがころんだというゲームとは違い、

「だるまさんだるまさん」という言葉が
最初に付けられた時の命令だけ聞く、

というゲームです。

 

例としましては、

「だるまさんだるまさん、右手を上げて、それじゃ次は左手上げて。」

と言った場合、
右手を上げることは正しいですが、
左手の場合は、その前に「だるまさんだるまさん」と言っていないため、
左手を上げてしまった場合は、負けとなってしまいます。

この時では、「右手のみを上げる」が正解です。

 

「だるまさんだるまさん」と何回が続けていくうちに、
引っ掛けでその間に、
「それじゃ次は」とか「はい、次はね」などを入れると
引っ掛かりやすいですし、
そういうのがまた盛り上がったりしますのでおすすめです。

 

まとめ

クリスマス会の準備は大変だとは思いますが、
少しでも多くの子供たちの笑顔が見られるクリスマス会となられるよう
お役に立てれば嬉しいです。

-冬の行事
-,