色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

雛人形を処分する時期はいつ頃が良い?仕方は?費用はいくら?

377082

雛人形を処分することを考えた時、「一体、どのようにしたら良いのか迷ってしまう…。」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、雛人形を処分する時期はいつ頃が良いのか、処分の仕方にはどのような方法があるのか、処分する際の費用はいくらくらいなのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

雛人形を処分する時期はいつ頃が良いの?

雛人形は女の子が健やかに成長することを願って飾ることで、その子の厄を代わりに引き受けてくれる存在です。

 

そのため、女の子が無事に成長し成人を迎え、良縁に恵まれ結婚をすることになり実家を出るときに雛人形の役目が終わる時期とされ処分を考える、というのが一般的に考えられている処分の時期ではありますが、明確に何歳までに処分しなければならないと言った時期は決められていませんので、ご自分のタイミングで余分をしていただければ問題はありません。

 

一般的には、上記の結婚が決まったタイミングで処分すると考えられていますが、結婚が決まったとしても、嫁ぎ先や新居先に雛人形を持っていって自分で飾ったりしても問題はありませんので、処分することに躊躇いがある場合は、それが可能でしたら選択肢の一つとして考えられても良いかと思います。

また、実家で預かってもらうことが可能でしたら、その方法も選択肢のひとつになるかと思います。

 

明確な時期が決められていないということから、結婚が決まった時期に限らず、無事に成人を迎えたタイミングが処分の時期と考えられることもありますし、成人を迎えるまでの間に、「置き場所に困ってしまって…。」などのお家の事情などでやむを得ず処分を考えるということもあります。

 

上記のようなことから、お子さんやご両親が処分することに納得されれば、そのタイミングがいつになっても良いということをお考えになられていれば良いかと思います。

 

雛人形の処分の仕方はどうすれば良いの?

雛人形の処分の仕方ですが、雛人形をそのまま処分することに躊躇いがない場合は、ゴミに出すという方法が考えられますが、娘さんの健やかな成長を願うという想いが込められ、代わりに厄を引き受けてくれていたわけですから、そのままゴミに出すというのは悲しいものですし、気が引けてしまう方もいらっしゃるかと思います。

 

私自身、雛人形に対して「処分」という言葉には正直なところ抵抗を感じますし、、これまでの感謝の気持ちも込めて『供養』する、または『寄付』をされるという方法を取られたほうが良いのではないかと思うのですがいかがでしょうか。

 

供養をされる場合は、人形を供養を受け付けている神社やお寺がありますし、人形供養を代わりに行ってくれる代行サービスが行われているところもありますので、そちらにお問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。

 

また、ご近所にそのような神社やお寺がある場合もあるかと思いますので、その場合もそちらにお問い合わせをされてみるも良いかと思います。

 

参考までに、有料ではありますが、人形の供養を行ってくれる寺社や供養イベント、代行サービスを行っている所をご紹介しておきますね。

 

▼蓮王寺 人形供養/富山県人形供養の会主催(公式ホームページ):「http://www.exe.ne.jp/~uechan/takadera/ningyou.html

 

▼南紀勝浦 ひなめぐり(公式ホームページ):「http://www.nankihinameguri.com/bosyuu.html

 

▼日本人形協会 人形感謝(供養)代行サービス(公式ホームページ):「http://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/index.html

 

また、上記の他に、全国各地の人形供養の寺社が紹介されているホームページを見つけましたのでご紹介しておきますね。

 

▼人形のこうげつ人形(ホームページ):「http://www.kougetsu.co.jp/kuyou.html

 

ご紹介しました寺社などは、人形供養を行う時期や日にちが決まっていたりしますので、詳細の時期や日にちは公式ホームページにてご確認なさってくださいね。

 

寄付される場合は、以下のところが受け付けていまして、海外では日本の雛人形はとても喜ばれるそうですので、有料ではありますが、宜しければ選択の一つとしてお考えになられてみてはいかがでしょうか。

▼ワールドギフト(公式ホームページ):「http://world--gift.com/kihu/doll-1.html

 

雛人形の処分にかかる費用はいくらくらいなの?

雛人形の処分にかかる費用は大体いくらくらいかといいますと、各場所によって差はありますが、「3,000円~5,000円」ほどを目安とされると良いでしょう。

 

郵送で受け付けているところも多くありますので、現地までなかなか行けない場合などには大変助かったりするかと思いますので、よろしければ上記でお伝えしました寺社などをご確認なさってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大切な娘さんの身代わりとして厄を引き受けてくれた雛人形ですので、感謝の気持ちを込めて供養などなさってさしあげてくださいね。

-春の行事
-,