色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

雛人形の飾り方で左右どちらが正解?方角は?時期はいつからが良い?

114217

雛人形を飾ろうと思った時、「あれ?お内裏様やお雛様の正しい位置ってどっちだろう?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、雛人形の飾り方で左右どちらが本当は正しいのかどうか、飾る際の方角の向きや飾る時期はいつからが良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

雛人形の飾り方で左右どちらが正解なの?

雛人形の飾り方で、お内裏様(男雛)とお雛様(女雛)の飾る位置は左右どちらが正しいのかということですが、基本的にはどちらでも正解であり、どちらでも良かったりします

 

そうはいっても、「元々の飾り方はどうだったんだ?」と思う方もいらっしゃるかと思いますので、その辺りをお伝えしますと、もともとは日本では、『お内裏様は左側(向かって右側)』で『お雛様は右側(向かって左側)』に飾られていました。

 

これには、「天子南面(てんしなんめん)」に沿った考え方が影響されており、天子南面とは簡単に言いますと、『位の偉い人は南に向いて座り、日の出の方向である東側(左手側)を上座』とされていたため、男性であるお内裏様が左側に座ると考えられていました。

 

このことから、昔は「左側を上位」と考えられていたのですが、時代とともに『右が上位』と考えられるようになっていきました。

実際に、言葉でも「右に出るものはいない」とか「〇〇の右腕は…」といった言葉を使われていますよね。

 

また、国際儀礼(プロトコール)では『右側が上位』と考えられているため、昭和天皇が即位された際の「即位の礼」では、『天皇陛下が右側』に、『皇后陛下が左側』に並ばれたことから、関東ではこれをうけて、【お内裏様を右側(向かって左側)】に飾るようになりました。

 

関東では、上記のように飾られますが、関西では伝統を重んじる京都を中心に昔からの飾り方であります【お内裏様を左側(向かって右側)】という飾り方を取られているところが多くあります。

 

上記の他にも、「陰陽説」の考え方も影響していると考えられており、陰陽のそれぞれの属性では、

・陰…女性で右側

・陽…男性で左側

と考えられており、それぞれの属性に合わせてものを並べることが自然なことであると考えが影響されていると言われています。

 

このようなことから、伝統を重んじる関西では「お内裏様を左側(向かって右側)」に飾られることが多いですが、とはいえ、関西に住まれているからといって、国際的な礼儀を取り入れては駄目だということはありませんので、ご家族が一番納得できる飾り方を試されてみられるのも良いかと思います。

 

飾る場所で右側や左側とお伝えしてきましたが、混乱しているかもしれませんので、改めてお伝えしますと…、

・関東ではお内裏様は【向かって左側】

・関西ではお内裏様は【向かって右側】

と思っていただければと思います。

 

雛人形の飾り方で方角はどの向きが良い?

雛人形の飾り方で方角を考えた時にどの向きが良いのかと悩むところかと思いますが、基本的には決められた方角はありません

 

そのため、どこに飾っても良いといえばそうなるのですが、飾る場所の注意点というのがありますので、それらを以下にご紹介していきますね。

 

「高温多湿な場所」と「直射日光にさらされる場所」は避ける

湿気や直射日光は《絹の大敵》であり、これらが絹を傷めてしまう主な原因となっています。

 

湿気はカビや虫食いの原因となりやすいですし、直射日光は変色してしまう原因となってしまいます。

そのため、このような場所は出来る限り避けるようになさってください。

 

もし、家の間取などの事情でそのような場所、または、近い場所に飾る場合は、加湿器の場所をお考えになられたり、カーテンなどの仕切りを上手く利用するなど、ちょっとしたことでも効果はありますので、工夫をなされることをおすすめします。

 

エアコンやファンヒーターなどの風が当たらないようにする

これらの風が当たり続けていると傷みやすくなってしまいますので、風が当たってしまうような場所は避けられると良いでしょう。

 

キッチンや食卓近くの場所は避ける

調理中の油が飛んでしまったりなるなど、雛人形が汚れやすくなってしまいますので、このような場所の近くに飾られるのは出来る限り避けられたほうが良いでしょう。

 

玄関には飾らないようにする

玄関に雛人形を飾られる方もいらっしゃったりするのですが、人形というのは一人の人間と捉えられており、様々な運気を吸いやすくなると考えられています。

 

玄関は人の出入りが多い場所でもありますし、運気が入り込んでくる場所でもありますので、そのような場所に雛人形を置くと、良い運気や悪い運気を吸い込んでしまいます。

そうなると、良い運気が家の中にまで入りづらくなってしまいますし、悪い運気を溜め込んでしまうことになってしまうため、玄関に飾るのは避けられたほうが良いでしょう。

また、玄関は湿気がこもりやすい場所でもあります。

 

方角のことを考えた場合、一般的に『神棚は南向きか東向きが良い』とされているため、雛人形も縁起の良いそのような向きで飾ると良いと言われてますが、こちらも絶対に正解であるというわけではありませんので、上記のことに注意をなさりながら、飾られる場所をお決めになられれば良いかと思います。

 

一番ベストな場所は【みんなの目につくけど、人の出入りが多くない場所】ではありますが、小さいお子さんがいるご家庭では「安全第一」であったり、「雛人形に手が届かないようにする」など、それぞれのご家庭によって優先すべきことは違ってきますので、ご自分のご家庭に合った場所にお飾りになられてくださいね。

 

雛人形の飾り方で時期はいつからが良いの?

雛人形を飾る際はいつから飾ると良いのかということですが、飾る時期は、節分の翌日から雨水の日までに飾ると良いとされています。

節分の翌日は「2月4日」で、雨水の日は「2月18日~20日頃」になるのですが、雨水の日は縁起が良いとされていますので、この日までに飾られると良いでしょう。

 

この日までに難しい場合であったとしても、ひな祭りの前日に飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いとされていることから、ギリギリになってバタバタと慌てて飾るというのはよくありませんので、遅くても「ひな祭りの1週間前」までには飾られるようにしましょう。

 

雛人形を片付ける場合は、「出来る限り早く片付けたほうが良い」とされています。

 

そのため、早いほうが良いのですが、片付ける際には湿気などに注意しないといけないため、出来る限り『天気が良く、空気が乾いている日』に片付けられるようになさってください。

 

とはいえ、片付けるのは早いほうが良いと言われると、片付ける期間はいつまでに終えたほうが良いかと思われるかと思いますので、期間としましては、遅くても【春分の日】までには片付けられると良いでしょう。

 

雛人形を片付けられる際は、素手で持つと変色してしまう恐れもあるため、布手袋を着用するようにしてください。

また、ホコリを落とす際は筆などでホコリを優しく落とすようになさり、人形が持っている物をしまう時は清潔な布やティッシュで包むようにしてください。

 

それらが全て終わりましたら箱にしまいますが、防虫剤を入れる場合、防虫剤の使用が可能かどうかに関しましては、取扱説明書をよく確認なさってください。

 

もし、防虫剤の使用が可能と分かりお使いになられる場合は、変色の原因となったりすることもありますので、必ず「人形用の防虫剤」をお使いになってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

雛人形を飾る際のお内裏様とお雛様の左右の位置はどちらでも良いということがお分かりいただけたかと思います。

また、方角などの向きもどこでも良いということでしたが、雛人形はちょっとしたことで痛みやすかったりしますので、取り扱いは大変かとは思いますが、ぜひ思い出に残る楽しいひな祭りを過ごされてくださいね。

-春の行事
-,