色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

ちらし寿司をひな祭りになぜ食べるの?具の意味は?他に何を食べる?

356267

ひな祭りにはちらし寿司を食べますが、中には「そもそも、なぜひな祭りにちらし寿司を食べるのか?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、ちらし寿司をひな祭りになぜ食べるのかという理由や由来、具材に込められた意味、ちらし寿司の他に食べられるものには何があるのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

ちらし寿司をひな祭りになぜ食べるの?

ちらし寿司をひな祭りになぜ食べるのかということですが、ちらし寿司の『寿司』という言葉には「寿(ことぶき)」を「司る(つかさどる)」という意味があるため、縁起の良い食べ物とされてきました。

そのため、元々、祭礼の日などに食べられていたのですが、実は、ちらし寿司をひな祭りに食べるということ自体に対する謂れ(いわれ)は明確にはありません

 

ちらし寿司をひな祭りに食べる由来はこれだと言うことが明確ではないのですが、これではないかと言われる諸説はあったりします。

その中の一つで有力とされているのが、「ひな祭りには、元々なれ寿司を食べていた」という説です。

 

なれ寿司というのは、お魚にお米を詰めて発酵させた寿司で、独特の匂いと味が大きな特徴なのですが、その独特の匂いと味により、好き嫌いがはっきりと別れるお寿司でもあります。

 

平安時代の頃にも、鮎や鮒(フナ)のなれ寿司が食べられており、それらをお祝い事の際に食べられていたのですが、江戸時代の頃になると、「なれ寿司」から『ばら寿司』へと食べ方が変化してきます。

※ばら寿司というのは、具を混ぜ込んだお寿司のことを言います。

※ちなみに、ちらし寿司は具を乗せているお寿司のことを言います。

 

そこから、徐々に食べ方が変化してきて、ひな祭りにちらし寿司を食べるということが徐々に広まっていたという説があります。

 

また、多くの具を混ぜ合わせることにより、『大人になっても食べ物に困ることがありませんように!』という願いも込められていると言われていますが、どれも明確な由来かといわれると、はっきりとした答えはないようです。

 

ひな祭りのちらし寿司の具に込められた意味は?

ちらし寿司に対しての明確な由来は定かではないですが、ちらし寿司に入れられている具にはちゃんとした意味が込められていますので、それらを以下にご紹介します。

 

ちらし寿司に外せない具材として、「エビ」・「レンコン」・「」・「菜の花」がありますが、これらには以下の意味が込められています。

 

エビ

エビの髭や曲がった腰は長生きをした人を示すことから、長寿の象徴として、長生きすることができますようにとの願いが込められています。

また、エビの赤色には「魔除け」であったり、エビは脱皮を繰り返すことから「出世祈願」の願いも込められています。

 

レンコン

穴が開いていることにより先が見通せるということから、将来が見通せますようにとの願いが込められています。

 

元々『まめ』は「丈夫」や「健康」を意味する言葉で、『まめに働く』という語呂合わせから、元気に働くことができますようにとの願いが込められています。

 

菜の花

春らしさを感じさせる季節の花で、色合いも春を感じさせる暖かくて明るい色をしていることから、一緒に飾ることで華やかになるとされています。

 

他にも、玉子や人参なども入れたりしますが、春らしさを感じさせる菜の花を入れたり、玉子や人参などを入れることで、華やかな色合いの飾り付けになり、彩り美しいちらし寿司は女の子のお祝いのひな祭りの時期に食べるものとしてふさわしく縁起の良いものだとされていることから食べられています。

 

ちらし寿司に入れる具材に関しましては、地域によっては入れる具材に違いがあったり、呼び方が違ったりもしますが、見た目が華やかであるということは共通しています。

 

ひな祭りのちらし寿司の他に食べるものは何?

ひな祭りにはちらし寿司の他にも食べられるものがありますので、代表的なものを、それらに込められた意味や願いも一緒に以下にご紹介していきますね。

 

ハマグリのお吸い物

ちらし寿司と共に、ひな祭りには欠かせない食べ物としてあげられるのが、ハマグリのお吸い物です。

 

蛤(ハマグリ)は二枚貝ですが、二枚貝は「他の貝とは絶対に合わさることはなく、対となる貝殻しか合うことはない」ということから、相性の良い結婚相手に巡り会え結ばれることにより、末永く夫婦仲良く過ごしていけますようにとの願いが込められています。

そのようなことから、女の子の初節句にはハマグリのお吸い物が添えられるようになったとされています。

 

菱餅

桃色・白色・緑色の三色の菱餅もまた、ひな祭りには欠かせないものです。

 

各色には、

・桃色(赤色)には、「生命」、「魔除け」、「解毒作用」

・白色には、「雪の大地」、「清浄」、「純潔」、「血圧を下げる」

・緑色には、「春の木々の芽吹き」、「厄除け」、「健康」、「増血作用」

をあらわし、また、春を感じさせるものとされています。

 

これら三色を食べる事には、大自然の生命力を授かることで健やかに育つ(育ってほしい)という願いが込められています。

 

ひなあられ

江戸時代に「ひなの国見せ」という、おひな様に春の景色を見せるということが流行し、餅を小さく切り乾燥させて炒ったものが「あられ」ということもあり、菱餅を行事の終わりに砕いて炒ったのが『ひなあられの始まり』ではないかと言われています。

 

甘酒

元々、中国では、桃の節句に縁起の良い秘果とされていた桃の葉を浮かべた桃花酒を飲む習慣があり、日本でもその習慣があったのですが、江戸時代になると、甘酒特有の甘みと口当たりの良さにより、女性が飲みやすく、また、すでに習慣となっていた桃花酒と白い酒から『紅白でめでたいもの』ということからひな祭りに飲まれるようになりました。

 

「桃花酒」の桃には、『百歳(ももとせ)まで生きる』という長寿の意味や、『邪気を払い、気力や体力の充実を図る』ものとされていることから、「桃花酒」が飲まれていまして、それが徐々に白酒を飲む形へと変わっていきました。

 

白酒は、『厄払いや長寿のため』として飲まれていましたが、アルコールが入っていることにより子供が飲むことができなかったため、子供でも飲めるようにということで甘酒が作られるようになりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちらし寿司をひな祭りに食べる事自体に関する由来は明確なものはありませんが、そこに入れられる具には、大切なお子さんを想う様々な願いが込められているんですね。

大切な節句であるひな祭りをしっかりと行ってあげたいと思われていることかと思いますが、あなたらしく大切なお子さんへの想いや願いを込めてお祝いをなさってあげてくださいね。

-春の行事
-,