色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

節分の恵方巻きの起源は何?食べ方で願い事の叶え方や方角の決め方は?

111694

節分の時期になると、今ではすっかりと全国的にお馴染みとなリ販売されている恵方巻きですが、「そもそも恵方巻きの起源ってなんだろう?」というのが気になったりすることもありますよね。

ここでは、節分に食べる恵方巻きの起源や、願い事を叶えるための正しい食べ方、食べる際の方角の決め方をご紹介していますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

節分の恵方巻きの起源は何なの?

節分に食べる恵方巻きの起源はそもそも何なのかということですが、今では恵方巻きと呼ばれている太巻きではありますが、この太巻きに関する文献が登場するのが江戸時代になります。

 

江戸時代の終わり頃、大阪の舟場で商売繁盛を祈願するために巻き寿司を食べる風習として始まったのが、恵方巻きの起源とされていますが、現在でも、その正確な起源の詳細は不明のままです。

その後、大正時代に大阪の花街で流行りますが、一時的に廃れてしまうことになります。

 

それから、1970年代後半に「大阪海苔問屋協同組合」が道頓堀にて、【幸運の海苔巻き】として、太巻きを節分の時に販売するイベントとして行ったことで、世間から注目を集めるようになり、廃れていた太巻きを食べるという習慣が関西地方で一般的な行事として広がっていきました。

 

さらにその後、1990年代前半になると一部のスーパーで、90年代後半になると一部のコンビニで全国販売されるようになり、2003年以降、スーパーやコンビニの商戦が行われることにより、急速に全国的に広がっていくことになりました。

 

恵方巻きは元々は「節分の巻き寿司」や「幸運巻き寿司」と呼ばれていまして、その後、太巻きを丸かじりすることから、「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」などと呼ばれていました。

 

その後、現在のように恵方巻きと呼ばれるようになったのですが、恵方巻きの「恵方」というのは、陰陽道で縁起が良いとされる『歳徳神(としとくじん)』がいる方角を指す言葉であり、丸かぶり寿司(太巻き)を恵方に向かって食べるということから「恵方巻き」、または「恵方寿司」と呼ばれるようになりました。

 

恵方巻きの食べ方で願い事が叶う正しい方法とは?

恵方巻きを食べる時ですが、その食べ方というのは決まっており、正しい方法で食べないと願い事が叶わないと言われていますので、せっかく食べるのでしたら、しっかりと正しい方法で食べるようにしたいものですよね。

その恵方巻きの食べ方を以下に紹介していきます。

 

恵方巻きの食べ方

・一人一本を七福神にちなんだ7種類の具材が入った太巻きを食べる
※ただし、小さい子供の場合は細巻きでも問題ありません。

・食べる際はその年に決められた方角を向き、目を閉じて願い事を思い浮かべながら食べる(よそ見は厳禁)

・一度食べ始めたら、食べ終えるまでは一言も喋ってはいけない

・残さずに最後まで食べること

というのを必ず守るようにして食べることにより願いが叶うとされていますので、しっかりと守ってくださいね。

 

恵方巻きの具材である、七福神にちなんだ7種類の具材ですが、特別にこれだというものは決まっているわけではありませんが、一般的には「かんぴょう」・「きゅうり」・「しいたけ煮」・「伊達巻き(だし巻き)」・「うなぎ」・「桜でんぶ(おぼろ)」・「エビ」が定番だったりします。

 

また、恵方巻きには、

・【卷く(巻き寿司にする)=福を巻き込む】

・【喋らず食べる=口から福が逃げないようにするため】

・【最後まで残さず食べきる=縁を切らないようにするため】

という意味が込められています。

 

恵方巻きの方角の決め方はどうなってるの?

恵方巻きを食べる時の方角はどうやって決められているのかですが、恵方が毎年違うのは、上記でもお伝えしました、陰陽道で縁起が良いとされる『歳徳神(としとくじん)』が毎年違う方向にいるからです。

そして、その恵方の決め方は「その年の十干(じっかん)」によって方角が決められます。

 

十干とは、

・甲(こう(音読み)/きのえ(訓読み))

・乙(おつ/きのと)

・丙(へい/ひのえ)

・丁(てい/ひのと)

・戊(ぼ/つちのえ)

・己(き/つちのと)

・庚(こう/かのえ)

・辛(しん/かのと)

・壬(じん/みずのえ)

・癸(き/みずのと)

から成り立っています。

 

これだけを見ると、「うわ~、なんだか恵方ってたくさんありそうだなぁ…。」と思われたかもしれませんが、実は恵方はたったの4種類しかありません。

 

その4種類とは

・甲と己の年は「甲」の方向である『東北東やや東

・乙と庚の年は「庚」の方向である『西南西やや西

・丙と辛と戊と癸の年は「丙」の方向である『南南東やや南

・丁と壬の年は「壬」の方向である『北北西やや北

となっています。

 

と、上記のように、一応、恵方の決められ方としての方法をお伝えしましたが、とはいえ、このままですと、「何が何だか分からない…。」と思われるかもしれませんので、より分かりやすく言いますと、実は、西暦の末尾の数字(下一桁)を見ると簡単に方角が分かったりしますので、そちらをご紹介しますね。

 

西暦の末尾の数字(下一桁)にも恵方を決める法則性がありまして、それらは以下の通りになっています。

 

西暦の末尾の数字による恵方の法則性

・「4または9」の場合…【東北東やや東】

・「5または0」の場合…【西南西やや西】

・「6または1」の場合…【南南東やや南】

・「7または2」の場合…【北北西やや北】

・「8または3」の場合…【南南東やや南】

となっていまして、この5つを5年周期ごとに繰り返されています。

 

この法則に沿って恵方の方角を以下にお伝えしますので、ご参考になさってみてくださいね。

 

西暦別による恵方の方角一覧

・2017年…「北北西やや北」

・2018年…「南南東やや南」

・2019年…「東北東やや東」

・2020年…「西南西やや西」

・2021年…「南南東やや南」

※ここまでで5周期の1セットとなり、以下にまた5周期ごとに繰り返されていきます。

・2022年…「北北西やや北」

・2023年…「南南東やや南」

・2024年…「東北東やや東」

・2025年…「西南西やや西」

・2026年…「南南東やや南」

…以下、繰り返されていきます。

 

このように考えてみると、より恵方を確認しやすくなるかと思いますので、その年の恵方を確認されて、恵方巻きをお食べになられてくださいね。

 

まとめ

恵方巻きに関しましての正確な起源が定かでないのが残念ではありますが、恵方巻きには、古くから人々にとって縁起を担ぐものとして、様々な意味が込められて食べられていたのですね。

あなたも恵方巻きに願いを込められながら食べられて、福をぜひ呼び込んでくださいね。

-冬の行事
-,