色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

節分の起源は何なの?豆まきの場合は?正しい作法はどうするの?

329903

節分の時期になると豆まきを行いますが、「そもそも節分になぜ豆まきをするのか?」って気になるところですよね。

特にお子さんがいる場合は、純粋な気持ちで疑問をぶつけてきた時でもちゃんと答えてあげたいなって思うものですよね。

ここでは、節分の起源や豆まきの起源は何なのかということや、豆まきの作法はどうやるものなのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

節分の起源は何なの?

節分の起源とは何なのかということですが、そもそも節分というのは季節の変わり目を示す言葉であり、「季節を分ける」という意味があります。

 

日本には四季があり、1年を通じて「春」、「夏」、「秋」、「冬」の4回の季節の変わり目があります。

そして、その季節の始まりを示す日を「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」と呼ばれますが、その前日を季節の変わり目を示す日ということで『節分』と呼ばれています。

 

ただ、そのことから考えると、本来であれば節分は年に4回あるはずではありますが、なぜ現在は1回(1日)しかないのかって気になりますよね。

 

ここで暦が関係してくるのですが、旧暦で考えると、

・現在の節分の日は、旧暦では大みそか

・現在の立春の日は、旧暦では元日

にあたりまして、現在の立春の日が旧暦では新年の始まりだったわけです。

 

古来より日本では、「季節の変わり目は、邪気(鬼や災の元)が家の中に入りやすくなる」ということが考えられていまして、宮中では大みそかの日に邪気を払い、新年を迎える儀式(行事)が行われていたのですが、この儀式を『節分』と言い、そして、その邪気を追い払うことを【追儺(鬼やらい)】と呼び、これが節分の起源だとされています。

 

この、現在(新暦)でいう立春の日が、昔の人達にとっては(旧暦で考えると)新年の始まりであり、同時に新年の始まりは、農作業をする人たちにとっても、生命が活動し始める春を1年の始まりと捉え、この春の節分の日を年始めとみなしてきました。

また、この時期は寒い日が続いていたということもあり、病気にもかかりやすい時期でもあったため、厄除けの儀式が重要視されてきたという一面もあったりします。

 

このようなことから、昔の人たちにとっては、この春の節分の日はとても重要な日だったということであり、それが現在まで根強く残り、今の節分へと繋がっているということになります。

 

節分の豆まきの起源は?

節分では豆まきが行われますが、この豆まきの起源は何なのかと気になりますよね。

 

時は平安時代、宇多天皇の頃に、鞍馬山に住む鬼が都まで下りてきて悪さを働こうとしたため、三石三升の炒った大豆で鬼の目を潰し、追い払ったということがありまして、これが豆まきの起源だとされています。

 

ちなみに、「三石三升」というのはどれくらいの量なのかと言いますと、リットルで言うと『540リットル』ほどとなり、お風呂の浴槽にためる水が「約200~240リットル」ですので、お風呂の浴槽を2倍以上の量となります。

とてつもない量を鬼にぶつけていたんですね…。

 

どうして豆を使ったの?

それでは、なぜ、鬼を追い払うのに「豆(大豆)」を使ったのかといいますと、古来より日本では、『穀物には生命力と魔除け力が備わっている』と考えられていて、さらに、豆には『まめ=魔目』・『まめ=魔滅』という語呂合わせから、鬼に豆をぶつけることで邪気を追い払うことで、1年の無病息災を願うという意味が込められています。

 

その後、室町時代になり、現在の【「鬼は外!福は内!」という掛け声とともに豆をまく】という流れへとなっていきました。

さらに江戸時代になると、世間に広く知られるようになり、公的な場所や社寺などで行われていた豆まきが、民間の間でも行われるように広がっていきました。

 

どうして炒った豆が使われることになったの?

また、ただの豆ではなく、なぜ炒った豆を使ったのかといいますと、昔、人を食べる鬼がいることで、大変困っていた人々が神様にお願いをしたところ、神様が鬼に対して、「この豆から芽が出ていないうちに人を食べたら罰を与える。」と鬼に豆を渡し、鬼も「たやすいこと」だと神様の話を受け入れました。

 

ですが、鬼がまいた豆からいっこうに芽が出ることはなかったため、それから鬼は人を食べることはなくなったのですが、なせ、本来なら芽が出るはずが出なかったのかといいますと、その豆は炒ってあったため、どれだけ待っても芽が出ない豆だったからです。

 

そのようなことから、節分の時に使う豆は必ず炒らないといけなく、もし万が一、豆から芽が出てしまった時は、鬼(厄災・病魔など)に襲われるため縁起が悪いものと考えられていからです。

また、語呂合わせで「炒る=射る」ということで『鬼を射る』という意味も込められています。

 

節分の豆まきの正しい作法はどうするの?

節分の豆まきの正しい作法について以下にご紹介していきますね。

 

用意するものは?

・福豆(炒り豆)、または、落花生

・鬼のお面

などを用意しますが、炒り豆は豆まきを行う数日前から前日までに用意して、升、または、神様にお供えをする時に三方に入れて、豆まきを行う夜まで神棚に供えておいてください。

 

豆まきを行うタイミングはいつ?

鬼は夜にやってくるので、豆まきを行うタイミングは「節分の夜」に家族が全員揃ってから行います。

 

豆をまく人の順番はあるの?

本来のやり方で言いますと、豆まきを行う役割は「その家の主人」がするものと考えられています。

また、その年の「年女」や「年男」、「厄年の人」が行うと縁起が良いとされていますが、現在では、必ずしもこのとおりにしなければならないというほど気にする必要はないかと思います。

 

豆まきの行う時の作法は?

豆まきを行う前に、まず、家の玄関や窓を開けます。

豆まきを行う順番は、玄関から一番遠い奥の部屋から順番に豆まきを行っていくようにして、最後に玄関で豆まきを行うようにしていきましょう。

 

豆まきを行う時は、「鬼は外!」と掛け声をしながら、部屋の外から鬼を追い出すようなイメージで部屋から外(ベランダなど)に向かって豆を投げます。

 

豆を投げたら、鬼(邪気)が部屋に入ってこないようにすぐに窓や扉を閉め、今度は「福は内!」と言いながら部屋の中で豆まきを行っていき、最後に玄関で豆まきを行い終了となります。

 

豆まきが終わった後はどうするの?

豆まきが終わったら、豆を自分の年齢分よりも一つ多く食べますが、これには「1年の厄除けを願う」という意味が込められています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

節分は、日本では古来からとても重要な日とされていたということですが、そこには「無病息災」を願う人々の想いが込められていたんですね。

その想いは現在でも込められていますが、このような風習は大切にしたいものですよね。

-冬の行事
-,