色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

ロタウィルスに赤ちゃんが感染授乳中はどうする?食事は?母親の時は?

507251

ロタウィルスに赤ちゃんが感染した場合、下痢や嘔吐をしている姿を見るのは不安でたまらないと思います。

「このような時に母乳やミルク、食事などをあげてもよいのか?」とか、「母乳をあげる場合、母乳から感染したりしないのか?」など、様々な疑問が浮かび、さらに不安になってしまいますよね。

ここでは、ロタウィルスに赤ちゃんが感染した場合、授乳中の食事はどうしたら良いのか、母親が感染した場合、母乳をあげても大丈夫なのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

ロタウィルスに赤ちゃんが感染した時授乳中はどうする?

ロタウィルスに赤ちゃんが感染した時、授乳中の場合はどうするのかということですが、ロタウィルスの主な症状は「嘔吐」や「下痢」だったりしますので、何より注意しないといけないのは『脱水症状』だったりします。

 

そのため、水分補給が重要となってくるのですが、授乳中の赤ちゃんにとっては、口に入れることができるものは少なく、母乳やミルクというのは水分補給をするための大切なものとなります。

 

脱水症状にさせないためにも母乳やミルクを飲ませることは大切ではありますが、その際には「一度にたくさん飲ませるのではなく、少量ずつ飲ませる」ことを心がけてください。

 

つい少しでも多く飲ませようと焦ってしまいがちですが、嘔吐症状が現れている時は、たくさん飲ませすぎると結局すぐに吐いてしまうことになり、せっかく飲ませた意味がなくなってしまいます。

 

この症状は赤ちゃんに限らず、大人の場合でもそうだったりしますので、【吐いている時は一気に飲ませず、少量ずつ複数回に分けて飲ませる】ようにしてくださいね。

 

ミルクをあげている場合は、哺乳瓶で1回に飲む量を調整しやすかったりしますが、母乳をあげている場合は、直接飲ませると1回に飲む量を上手く調整するのが難しかったりしますので、搾乳して哺乳瓶で飲ませるようにしましょう。

同様に、白湯などをあげる場合も哺乳瓶であげるようにしましょう。

 

下痢や嘔吐を繰り返している状態の時は、水分が失われやすいため、赤ちゃんも母乳などを欲しがったりしますが、焦らず、1回に少量ずつ飲ませて、吐かないようだったらまた少量ずつあげてみるというように、赤ちゃんの様子を見ながら飲ませる量や回数を徐々に増やしていってあげてくださいね。

 

また、吐いてしまった時に、その嘔吐物が気管に入ってしまったりする場合もありますので、注意してあげてください。

 

ロタウィルスに感染した赤ちゃんの食事はどうすると良い?

離乳食が始まっている赤ちゃんがロタウィルスに感染した場合、食事はどうしたら良いのかですが、もし、嘔吐症状が見られる場合は、無理に固形物などを食べさせることは控えましょう。

その時は、母乳やミルクなどを少量ずつあげて水分補給をしていくというようにしていきます。

 

嘔吐症状が治まってきたら離乳食を再開させていきますが、その場合は、水分補給の時と同じで、一度にたくさんの量を上げると胃などに負担がかかり、結局吐いてしまうことになってしまいますので、離乳食をあげる場合も焦らず、少量ずつあげていくようにしましょう

 

出来る限り、胃などに負担をかけないためにも固形物は避け、「リンゴやバナナをすりおろしたもの」や、「野菜スープ」、「ゼリー」など、柔らかいもので同時に水分を補給できるものをあげるようにしてあげてください。

 

一度離乳食を止めた場合に再開させる時は、「一つ前の段階から再開する」ようにされると赤ちゃんも食べやすくなり、負担も少なくなります。

 

それから、赤ちゃんの様子を見ながら、嘔吐症状が落ち着いてくるにつれて、少しずつ固形物を摂取するようにしていくようになさってあげてくださいね。

その際は、味付けも薄めの状態から徐々に濃い目にしていくと負担も少なくなります。

 

嘔吐や下痢を繰り返している時は、赤ちゃんに大きな負担がかかってしまっていますので、離乳食を与える場合は、とにかく赤ちゃんの体調を最優先に考えてあげて焦らないようにして、どうしても離乳食が難しそうなら、思い切ってお休みをするくらいの心構えをお持ちになると良いでしょう。

その場合は、水分補給だけはしっかりと行ってあげてくださいね。

 

嘔吐症状は症状の発症後、大体ではありますが「2~3日」ほどで落ち着いてきたりしますが、それでも症状が治まる様子がない場合や、症状の悪化が見られた場合は、速やかに病院に受診なさってください。

 

ロタウィルスに授乳中の母親が感染した時はどうするの?

ロタウィルスに授乳中の母親が感染してしまった場合、「母乳を飲ませても感染しないのかどうか?」と心配になるかと思いますが、結論から言いますと、母乳からの感染はありません

 

と言いますのも、母乳は見た目はミルクのような感じですが、実際は血液から作られていまして、ロタウィルスなどの「嘔吐下痢症」の原因となるウィルスは母乳には含まれないからです。

 

このような話しを聞きますと、「母乳が血液で作られているのなら、ウィルスが血液中に入り込んでしまうことはないの?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実際に、血液で感染してしまったということや母乳から感染したという話しはありません。

 

ただ、母乳からたとえ感染しないとしても、母親がロタウィルスに感染している状態の場合、「」、「」、「くしゃみ」などからは感染する恐れがありますので、母乳をあげる際は【手洗いとマスクの着用は徹底する】ようにしてあげてください。

 

また、ロタウィルスの症状がひどい場合に薬を飲むこともあるなどの理由で、母乳をあげることを自己判断で中止してしまう方もいらっしゃいますが、自己判断で決めるのではなく、必ずお医者さんにご相談なさってください。

その場合は、授乳中であることをしっかりと伝えて、対処方法を確認なさってください。

 

まとめ

赤ちゃんがロタウィルスに感染してしまった場合、つい、慌ててしまいがちになってしまいますが、そんな時だからこそ、難しいかもしれませんが、出来る限り落ち着いて赤ちゃんの様子を見ながら母乳や食事などをあげてくださいね。

また、少しでもおかしいと感じるところがあった場合は速やかに病院に受診なさってください。

赤ちゃんへの感染を防ぐためはもちろんのこと、他のご家族への二次感染を防ぐためにも、ロタウィルスに感染している母親の方だけでなく、その他のご家族に対しても日頃からの「手洗い」と「うがい」、「マスクの着用」を徹底なさるようにしてくださいね。

-健康
-,