色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

インフルエンザの予防接種を子供が打つ時期は?2回目の間隔と料金も紹介

2016/10/10

188590

夏の時期の暑さも収まり、秋が深まってくるにつれて
少しずつ肌寒さも感じるようになってきましたが、
これくらいの時期となるとそろそろインフルエンザの話題も出始めてきて、
「子供のためにも予防接種を打たないと」と思われるかと思います。

ここでは、お子さんがインフルエンザの予防接種を打つ時期などを
ご紹介していますので、よろしければご確認なさってみてください。

インフルエンザの予防接種を子供が打つ時期はいつごろ?

インフルエンザの予防接種を子供に打たせようかと思っても、
「一体いつごろから打てるのか?打つとしたらいつごろか良いの?」
と悩む方も多いです。

一般的にインフルエンザのシーズンが
「11月下旬~12月上旬頃」に始まり、
「1月~3月頃まで」がピークと言われています。

インフルエンザの予防接種を打ってから
効果が現れるのが《約2週間ほど》と言われ、
その効果の持続期間は《約5ヶ月程度》と言われていますので、
早い方では10月の予防接種の受付開始から打つ方もいらっしゃいます。

 

一般的には、インフルエンザのピークの時期を考えて、
インフルエンザのシーズンが始まる前の「11月上旬」頃に
打たれると良いでしょう。

時期やタイミングによっては11月中は無理だという場合でも、
遅くとも「12月いっぱい」までには済ませれると良いでしょう。

もし、他の予防接種の時期と重なった時がある場合は、
自己判断は絶対にせずに医師の方にご相談をなさってくださいね。

 

インフルエンザの予防接種を子供が打つ時の2回目の間隔は?

インフルエンザの予防接種は
「生後6ヶ月~12歳」までの子供の場合には、
《2回の接種が必要》と言われています。

 

そうなると、お子さんが2回目の予防接種を打つ時の間隔は
どれくらいが良いのかということですが、
「1回目を打った時から4週間ほど空ける」と
予防接種の効果が高まると言われています。

 

上記でお伝えしましたインフルエンザの
シーズンとピークの時期を逆算して考えますと、
予防接種を受ける時期は、予防接種の受付が始まる
「10月」に受けられると良いでしょう。

近年では、その年にもよりますが、
10月や11月ごろに流行期を迎えることもありますからね。

 

ただ、こちらはあくまでもおすすめの時期でして、
必ずその時期にしなければならないということではありません。

人によっては、
「3月までがピークだけど、それで完全に時期が終わるわけじゃない。」
と思われ、11月に1回目の予防接種を受けられる方もいらっしゃいます。

一般的にも11月頃に予防接種を受けられる方が多かったりしますので、
各ご家庭のご判断により予防接種を受けられてくださいね。

 

インフルエンザの予防接種を子供が打つ時の料金は?

インフルエンザの予防接種を子供が打つ時にかかる料金ですが、
実は、各地域や医療機関によって料金に違いがありまして、

1回目の予防接種時にかかる料金は
「3,000円~4,000円」ほどが相場となっています。

また、2回目の予防接種時にかかる料金は、
1回目の時よりも少し安くなり、
「2,000円~3,500円」ほどが相場となっています。

 

ただし、2回目の料金に関しましては、
1回目と2回目が同じ医療機関だった場合に安くなりますが、
1回目と2回目が違う医療機関だった場合には、
両方とも1回目の料金が適用されるのでご注意ください。

 

また、料金を聞いた時に、
「なんで、各医療機関で差がでるの?」と思われたかもしれませんが、

その理由としましては、
インフルエンザの予防接種は健康保険が適用されないため、
「自費診療」となり、この場合は、各医療機関が料金を自由に
決めることができるということにより料金に差が出ているんです。

また、健康保険が適用されないため、
基本的には全額自己負担となっています。

ただ、地域によっては自治体から助成が
受けられるところもがあるので、
事前に確認しておくと良いでしょう。

 

まとめ

インフルエンザの予防接種を受ける時期がピークと重なれば、
結構混雑してしまい、受けるのが大変だったりしますし、
場合によっては価格が結構な高価となっている医療機関でしか
受けられなくなることで、
ご家庭の負担が大きくなってしまうことも考えられます。

お子さんやご家庭の負担を少しでも少なくするために、
可能であれば、なるべく早めに行動を取られて
インフルエンザに備えられてくださいね。

-健康
-,