色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

成人式のメイクで失敗しないための注意点は?髪型や着付けの場合は?

bdfb94758d92c8d59ba65fceada6a047_s

成人式は一生に一度のことですので、「メイクは絶対に失敗したくない!」と思われる方も多いと思います。

とはいえ、メイクは美容院などのプロの方にお願いしたほうが良いのか、それとも、自分でやったほうが良いのかと悩むところでもありますよね。

ここでは、成人式のメイクを失敗しないために気を付けるべきことや、髪型や着付けの場合での失敗しないために心がけることなどを紹介していきますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

成人式のメイクを失敗しないために注意すべきことは?

成人式のメイクを考えた時に、美容院にお願いするのか、自分でするのか迷うところですが、それぞれに対してメイクの失敗をしないために注意すべきことをお伝えしていきます。

 

美容院にお願いする場合の注意点は?

美容院にお願いをする時に失敗しないために意識すべきことは、「自分とメイクする方の感覚は違う。」ということを忘れないようにしましょう。

と言いますのも、美容院にお願いした時によくある失敗談として、『自分がイメージしているメイクじゃなかったので全然納得できなかった…。』ということがあります。

 

例えばですが、「メイクを濃いめにしてほしい。」と頼んだとしても、自分の濃いめの感覚と、その方との濃いめの感覚が必ず一緒だとは限らないため、どうしてもそこに誤差が出てきてしまうなどです。

そのため、美容院などにメイクをお願いする時は、必ず、雑誌の切り抜きであったり、画像を印刷したものなどを持っていくことを忘れないで下さい。

 

それらを持っていき、「自分の感覚はどんなものかな。」であったり、「メイクに関してここにはこだわりがある」ということに関しては、しっかりと伝えることや確認を取り合うなどの事前の打ち合わせを行ったほうが良いです。

もし可能でしたら、事前にメイクのリハーサルが出来るならお願いしたほうがより確実で、自分の理想に近づくことが出来るかと思います。

 

成人式の当日は、美容院の方もたくさんの人を見ることになりますので、一人一人にあまり長く時間をかけるということができないため、その場であれやこれやと伝えても、しっかりと聞いてもらえない可能性もありますので、事前の打ち合わせやリハーサルというのが重要となってきます。

また、ご自分が普段使っているメイクセットがあれば、持っていくという方法も可能であればベストです。

 

「面倒くさがって全ておまかせでお願いして失敗した…。」ということがないように、美容院でお願いする時は【伝えるべきことは必ず伝える】ということを意識なさってくださいね。

 

自分でメイクを行う場合の注意点は?

自分でメイクを行う場合ですが、普段からメイクをしていて慣れている方や、『自分の場合は、ここはこうした方がよく見える』など、メイクに対してこだわりがある方は、自分でメイクを行ったほうが良いです。

 

自分でメイクを行う場合に失敗しないために心がけることは、『振袖の色に合わせてメイクをする』、『やりすぎない』、『ベースメイクはしっかり行う』ことを意識なさってくださいね。

 

振袖とメイクの色のバランスが合っていないと、とにかくチグハグな感じになってしまいます。

 

また、成人式ということで「より華やかにしたい!」との想いから、ついやりすぎてしまって、かえって浮いたメイクになってしまっている…。ということになりかねないので、基本的にはナチュラルよりのメイクをなさることがベストです。

 

「ナチュラルよりだと薄い感じになったりしない…?」と疑問に思われるかもしれませんが、『唇の色を濃いめ』になさることで、振袖とのバランスも良くなりますので、目元は控えめにされても大丈夫です。

 

成人式の進行によっては長くなることも考えられますし、場合によっては、メイク直しが難しい場合もありますので、メイク崩れの心配なども考えると、ベースメイクはしっかりと行うようにしましょう。

 

普段からメイクをあまりしていなくて慣れていない方はもちろんですが、メイクに慣れている方も、「実際に当日を迎えてメイクをしてみたらイメージとはちょっと違った…。」ということも十分に考えられますので、事前にメイクの練習をされておかれることをおすすめします。

 

こうすることで、当日のメイクの様子を把握することができ、気に入らなかった場合は化粧品を変えるということができますし、メイクにかかる時間を把握することもできますので、当日にバタバタと慌てることもなくなりますよ。

 

もし、時間に余裕があるのでしたら、百貨店などの化粧品売り場で、振袖に合うメイクの仕方などをご相談なさるというのも良いかと思います。

 

自分でメイクをする場合は、当日に失敗しないためにも【メイクの練習を事前に行う】ことを意識なさるようにしてくださいね。

 

成人式の髪型を失敗しないために心がけることは?

成人式の髪型で失敗しないための心がけですが、ヘアセットをしてくれる美容院をしっかりと事前に調査する事を行うことが大切です。

 

ヘアセットでの失敗談で多いのは、メイクの時と同様に『自分が納得できる仕上がりではなかった…。』ということがあります。

ここもメイクの時と同様になりますが、自分とスタイリストの方との感覚の違いがあることを意識なさることが大切です。

 

そのため、ヘアセットをお願いする美容院を選ばれる際は、

・事前に髪型の打ち合わせを行ってくれるのかどうか?

・成人式当日の前に髪型をセットするリハーサルはあるのかどうか?

・スタイリストさんのタイプや年齢はどうなのか?

ということを気を付けながら美容院を選ばれるようになさってください。

 

事前の打ち合わせは重要!

事前の打ち合わせがない場合、ぶっつけ本番という形になりますので、そうなってしまうと、後はスタイリストさん頼みとなってしまうため、納得のできない仕上がりになる可能性があります。

 

もし万が一、そのようになってしまったとしても、当日は他の人も見ないといけないことが多く、一人にあまり多くの時間をかけられないため、修正などの要望が聞いてもらえにくくなりやすくなり、諦めざるを得なくなってしまうことが多いですので、事前に打ち合わせを行うことができる美容院を探すことが重要となります。

 

事前にリハーサルがない場合は?

しっかりと打ち合わせをしていたとしても、事前にリハーサルがない場合は、当日の仕上がりに自分とのイメージにずれが生じることもありますので、リハーサルがない場合は、事前の打ち合わせの際に、雑誌の切り抜きなどを持っていくことや、自分が考えているイメージなど、出来る限りより細かいところまで伝えることを心がけてください。

 

スタイリストさんを確認する理由は?

髪型のセットをお願いするスタイリストさんが若い方の場合は、その時の流行りの髪型に仕上てくれるので、事前にご自分の要望を伝えていればおそらく大丈夫かと思いますが、ある程度年齢を重ねている方の場合、ヘアデザインが古くなってしまう場合があります。

 

もちろん、年齢を重ねているスタイリストさんでも、しっかりとその時の流行りに合わせた髪型に仕上げてくれる方もいますので、必ずそうだとは言いませんが、こちらも、「後で自分の写真を見たら、別の美容にしておけば良かった…。」という失敗談としてよくある話だったりしますので、その可能性もあるということを念頭に置いて確認をされると良いでしょう。

 

成人式の着付けで失敗しないために意識すべきすこととは?

成人式の着付けで失敗しないためには、何よりも【着付けに定評のある美容院などを選ぶ】ことが大切となってきます。

 

着付けに関しては、本当にハッキリと差が出やすく、着付けに慣れている方ですと、《着崩れをしないように、でも、苦しくなりすぎないように》というバランスを考えながら着付けを行ってくれるのですが、

着付けに慣れていない方が行うと、慣れている方と比べた場合、「見た目が雑な感じがしてどうもイマイチ…。」という仕上がりになってしまったり、着崩れしないようにという気持ちがどうしても強くなり、「とにかく苦しくて途中で気持ちが悪くなった…。」ということになりがちです。

 

そのため、着付けをお願いする美容院などを選ぶ際は、ネットで探す場合は口コミなどを参考にしながらであったり、ご近所で探す場合は、評判の良いところはないか周囲の方たちに聞くなど、事前にしっかりとリサーチを行っていきましょう。

 

また、振袖のレンタルをお考えの場合で、レンタルのセットに着付けのサービスが入っている場合でも、サービスをしてくれるお店の評判であったり、誰が行ってくれるのかをしっかりと確認しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介しました「メイク」、「髪型」、「着付け」に関して、失敗しないために心がけることで共通することは【事前に打ち合わせや確認をしっかり行うこと】です。

一生に一度の成人式ですので、ご自分がしっかりと納得がいって、楽しい思い出となる成人式になさってくださいね。

-冬の行事
-,