色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

結婚後の義実家へのお歳暮は何が良い?相場や実家同士はどうかを紹介

2016/10/09

446967

結婚をして義実家に初めてお歳暮を送る時期を迎えたけど、
一体何を送ったら良いのかわからない…。

そんなふうに困ってしまうことありますよね。

日頃の感謝の気持ちを送るものですので、
送ったのは良いけど、不快な思いはさせたくないし、
せっかくなら喜んで欲しいですよね。

ここでは、お歳暮を義実家に送る際のポイントや注意点などをお伝えしていますので、
確認してみてくださいね。

結婚後の義実家へのお歳暮はどんなものが良い?

結婚をして義実家へお歳暮を送る際ですが、
今後のお付き合いも考えて、
不快な思いだけはさせたくないという思いはお持ちだと思いますし、
だからこそ、どんなものが良いのか悩むところだと思います。

 

まず、一般的なお歳暮の人気商品としてあげられるのは、

・お酒類

・コーヒー

・洗剤

・缶詰や調味料セット類

・サラダ油などの油類

などの消耗品は、毎年様々な商品が出てくる中の現在でも、
人気商品となっています。

 

これらの商品は人気商品であり、
また、それほど外さない無難な商品と言えるので人気となっていますが、

注意点として、

・「お酒やコーヒーなどをそもそも飲まない」

・「洗剤にこだわりを持っている」

など、送る方の状況によっては
不快な思いをさせてしまう可能性がありますので
できる限り日頃から、どのような様子なのかをリサーチしておくと
良いかと思います。

 

一般的な商品ではない、その他のもので喜ばれるのは、
《普段なかなか食べることが出来ない食べ物や飲み物》などが
結構人気だったりします。

「特産品・名産品」であったり、「高級〇〇」というものだったり、
その地域の名産品と呼ばれる《お肉》・《海産物》・《果物》・《飲み物》
などなど、普段なかなか食べられない食べ物や飲み物は
喜ばれることが多いです。

 

もちろん、こちらの場合にも、
送る方の健康状態や好き嫌いなどがありますので、
あらかじめ確認をされておくと良いでしょう。

 

ただ、中にはお歳暮は「商品券」で済ませるという方もいるようですが、
こちら人によって、もしくはそれなりの関係性ができている場合の中で、
そのような話が出ていたりすれば喜ばれることもあるかもしれませんが、
大抵の場合、初めてお歳暮を贈る際にいきなり商品券を送ってしまうと、
あなたご自身の常識や人間性を疑われる可能性が高いので絶対にやめましょう。

ここまで色々お話しましたが、
もし、送る方の好みがあらかじめ分かっているのでしたら、
それを送られるのも良いでしょう。

 

義実家へのお歳暮の相場はどれくらい?

義実家へ送るお歳暮の相場ですが、
一般的には「3,000円~5,000円」程が相場となっています。

高い金額では、
高くても「10,000円」くらいまでが多いようですね。

 

上記でお伝えしました《一般的に人気な商品》は、
「3,000円」前後が多いようです。

また、《特産品や名産品》などは
「5,000円~7,000円」程のものを送る方もいらっしゃいます。

 

お歳暮の相場はあくまでも目安ですので、
絶対にそのくらいの金額じゃないといけないというわけではなく、
あまりに高すぎると、受け取られた方が
帰って恐縮してしまうということもあります。

あくまでも「日頃の感謝の気持ちを送る」という
お気持ちが何より大切かと思いますので、
ご夫婦でご相談なさりながら決められると良いかと思います。

 

お歳暮は義実家と実家同士はやり取りするの?

結婚後、お歳暮は義実家と自分の実家同士でも、
やり取りはどうなのかということですが、
近年では、やり取りがないところも増えてはきていますし、
徐々に一般化されてはきていますが、
一般的にはやり取りをされているところのほうが多いようです。

 

ただ、こればかりは、
「地域」や「各家庭の考え方」によって違いが出てくるもので、
どちらが正しくて(常識があって)、間違っている(常識がない)か
ということは一概には言えません。

 

一度やり取りを始めれば、
なかなか止められなかったりしますので、
できればやり取りを始める前に、
各ご実家で確認を取られてみると良いでしょう。

 

また、やり取りを始められた場合は、
その後の各ご実家の様子を確認されてみて、
大変そうなら徐々に辞める方向へ切り替えていくと良いでしょう。

お歳暮のやり取りはしなくても、
普段の生活の中でお互いに贈り物をし合っているという方々も
多くいらっしゃいますので、そういった方法も良いかと思います。

 

また、義実家と実家同士だけでなく、
中には義兄弟同士でお歳暮のやり取りをされている方もいるようですが、
基本的にはやらないというのが一般的です。

 

まとめ

結婚後の義実家へのお歳暮のことを考えると、
プレッシャーを感じてしまうこともあるかと思いますが、
何よりもまず、「感謝の気持ちを送るもの」ということを
大切になさってくださいね。

-冬の行事
-,