色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

新年会の挨拶の文例はどう?乾杯や締めの時に話す言葉はどうする?

514850

新年会で挨拶を任されることがありますが、
このような時って「一体どのように挨拶をしたら良いものか?」と
悩んでしまったりすることってありますよね。

ここでは、新年会での挨拶や、乾杯の音頭、締めの挨拶を任された時の文例を
ご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

新年会の挨拶の文例はどうなの?

新年会での挨拶を行う際ですが、
まずはじめに気を付けるべきポイントというのがありまして、

・新年を祝う言葉をはじめに伝える

・会社を取り巻く環境や状況などを取り入れた話題を伝える

・今年一年の目標や抱負に関する言葉を伝える

・励ましの言葉を最後に伝えて挨拶を締める

といった流れで挨拶をされると良いでしょう。

 

また、挨拶をする際は、

・通常での会話よりも、ややゆっくりめで話すようにする

ということも心がけられると、
挨拶の言葉を聞いている方たちへの配慮にもなりますので、
意識なさってみてくださいね。

 

上記のことを取り入れた挨拶の文例を以下にご紹介しますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

新年会の挨拶を行う際の文例(その1):

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのことと
お慶び申し上げます。

おかげさまで、昨年は黒字を計上することができましたが、
今後も着実に黒字を積み重ねていくことが課題であると思っております。

皆さんの努力が実を結び、一つの花を咲かせることができましたが、
さらに、もう一つの花を咲かせられることが出来ることを目標に
していきたいと思っとります。

皆さん、今年も力を合わせて頑張ってまいりましょう。

よろしくお願いします。

 

新年会の挨拶を行う際の文例(その2):

明けましておめでとうございます。

昨年は当社も創業○○年を迎えましたが、
これまでのことも振り返ることで、
より一層の努力と改良の大切さを重く感じることができました。

常に成長していくことを使命と感じ、
会社一丸となって力を発揮し歩み続けることで、
さらなる成功へと繋がるものだと信じておりますので、
どうか、皆さんのご協力のほど宜しくお願い致します。

本年が株式会社◯◯◯にとって良き年となりますよう祈念いたしまして、
年頭の挨拶とさせて頂きます。

有難うございました。

 

以上となります。

 

上記は会社内での新年会の挨拶を想定していますが、
もし、社外での挨拶を任された場合は、新年を祝う言葉を伝える前に

・只今、ご紹介にあずかりました◯◯株式会社の○○でございます。

と言った言葉を述べられると良いでしょう。

 

新年会の挨拶で乾杯の時はどのようにするの?

新年会で乾杯の挨拶をする時の気を付けるべきポイントですが、

・新年を祝う言葉をはじめに伝える

・新年会の開催宣言が行われた場合は、
 その時に述べられた言葉と重複しないようにする

・だらだらと長くなりすぎないようにする

ということを心がけられると良いでしょう。

 

新年会の進行がされていく上で、
場合によっては開会宣言がされる時もあるかと思います。

 

もし、開会宣言が行われた場合は、
その時に述べられた言葉と重ならないようにすることを意識なさり、
重なっている言葉に関しましては省略するようになさってください。

※「本日は、お忙しい中をお集り頂きまして有難うございます。」などは、
 特に重なりやすいですので気を付けてくださいね。

 

また、挨拶が長くなりすぎないということに関しましては、
乾杯の挨拶をされる時の状況を考えた場合、

食事や飲み物が用意され、あとは、
乾杯の挨拶を行い食事を始めるという場面だったりしますので、

ここでの挨拶が長くなりすぎてしまうと、
食べ物や飲み物に手を付けることが出来ないという、
「おあずけ状態」となってしまい、良い印象を持たれることはないですので、
短めの挨拶をなさるように意識なさると良いでしょう。

 

以下に、上記のことを取り入れた乾杯の挨拶の文例をご紹介しますね。

 

新年会で乾杯の挨拶を行う際の文例(その1):

皆さん、明けましておめでとうございます。

新年のスタートにあたり、皆さんとともに杯を交わし、
決意を新たにして参りたいと思います。

それでは乾杯の音頭をとらせて頂きます。

皆さんご唱和をお願い致します。

我が社の更なる発展と飛躍を祈念いたしまして、乾杯!

 

新年会で乾杯の挨拶を行う際の文例(その2):

皆さま、明けましておめでとうございます。

こうして元気な顔で再会できて、本当に嬉しく思います。

日頃はなかなかこうした機会はございませんので、
時間が許す限り親睦を深めて頂きたいと思っています。

それでは乾杯の音頭を取らせて頂きますので、
皆様ご唱和をお願いします。

皆様のご健勝と新しい年のご多幸をお祈りいたしまして、乾杯!

 

以上となります。

 

新年会の挨拶で締めの時はどうする?

新年会で締めの挨拶を任された時ですが、
締めの挨拶には、

・新年会の一区切り(中締め)

・新年会の終了を告げる

という目的で行われたりします。

 

新年会の終了を告げるという目的で行われる場合は、
そのままの意味となりますが、

「中締め」という目的で行われた場合は、
新年会が長時間に及ぶ場合となった時に、
一度区切ることにより、途中で退席される方に対しての配慮にもなります。

 

新年会の締めや中締めを行う際の文例を以下にご紹介しますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

新年会で締めや中締めを行う際の文例:

宴たけなわではございますが、お時間の関係で、
このあたりで一度締めさせて頂きます。

明日からまた、気持ちを新たに頑張りましょう。

それでは○○会社の前途を祝して三本締めをしたいと思います。

よ~、

パパパン パパパン パパパン パン(いよっ)

パパパン パパパン パパパン パン(もう一本)

パパパン パパパン パパパン パン

有難うございました。

 

以上となります。

 

新年会の締めの時に行われるのは「三本締め」が一般的ですが、
居酒屋さんなど、周りに他の方(お客さん)がいる場合には、
迷惑にならないよう「一丁締め」で締めるということがあります。

 

一丁締めというのは、
【よ~、パン!】と一度手打ちをするだけのものですが、

よく間違われやすいことで、
「一本締め」と「一丁締め」を同じものだと思われることが多いのですが、
それぞれの内容は異なっていますので、お気を付けなさってくださいね。

ちなみに、一本締めは、

【パパパン パパパン パパパン パン】というものです。

 

まとめ

新年会での挨拶を任された時は、
ただでさえ、何を話したら良いのか迷いますし、
人前で話すことへの緊張もあったりして大変ですが、

この記事を読まれることによって、
少しでもあなたのお役に立つことができたら嬉しく思います。

-冬の行事
-,