色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

お年玉の相場で赤ちゃんはいくら?小学生や中学生は?高校生はどう?

106665

お年玉の時期になると、子供の頃はワクワクしていたものですが、
大人になり、いざ、お年玉を渡す側になると、
「一体いくら渡せばよいのか…?」と悩むところですよね。

ここでは、お年玉を渡す際の相場を赤ちゃん、小学生、中学生、高校生と、
年代別にご紹介していますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

お年玉の相場で赤ちゃんはいくらぐらい?

生まれて間もない赤ちゃんの頃から、
小学生に入るまでの未就学のお子さんの場合のお年玉の相場ですが、

・一般的な平均額は「1,000円」

となっています。

 

ただ、平均額は「1,000円」ですが、「500円」という声も多く聞かれます。

 

その理由として、

・「500円」は硬貨なので、お金としてわかりやすい

・「1,000円」はあげすぎ

ということがあるようです。

 

もちろん、これはそれぞれの価値観によるもので、
どちらかが正解でどちらかが間違っているということではありませんので、
ご自分がお渡しになる状況に応じて決めていただければ良いかと思います。

 

このくらいの年齢のお子さんにお年玉をお渡しになられる際には、
お年玉袋(ぽち袋)はキャラクターなどが入っている袋を
使われる方が多いですし、実際にお子さんからは喜ばれているようです。

 

また、場合によっては、親戚同士のお付き合いや、
お子さんのお友達とのお付き合いもあるかと思いますが、
その際に渡す金額は、

・一般的な相場では「1,000円」

・お子さんがお年玉を頂いていた場合は、貰った分をお返しする

となっています。

 

お子さんが、ご親戚の方やお友達の親御さんなどからお年玉を頂いた場合は、
頂いた分をお返しするというのが当然(自然)という風習が残っている地域も
まだ結構あったりしますので、
周りの様子を見ながらお年玉を渡すようにされると良いかと思います。

 

お年玉の相場で小学生はいくらぐらいになる?

小学生のお年玉の相場はいくらぐらいなのかといいますと、
低学年(1~3年生)と高学年(4~6年生)に分けられて
考えられていることが多いようで、

・低学年…「2,000円」

・高学年…「3,000円」

程となっているようです。

 

これには、小学生は「6年」という長い期間があり、
入学したばかりの頃と、高学年とでは、
成長していき大きく変わっていくことによる違いがあるということから、
低学年と高学年とで分けているようです。

 

中には、低学年と高学年を分けることなく、
一律で【小学生は3,000円(または、2,000円)】
決められているところもあるようです。

 

また、これくらいの年齢になってくると、お金の価値が分かるようになってきて、
ご兄弟がいる場合は、「どちらが多く貰っている」ということで
喧嘩になりやすくなりますので、もし、ご兄弟がいらっしゃる場合は、

・低学年と高学年の差を意識させる(理解をしてくれるように話す)

ようにされると良いでしょう。

 

お年玉の相場で中学生はいくらなの?

中学生のお年玉の相場ですが、

・一般的には「5,000円」が多く、続いて「3,000円」くらい

となっているようです。

 

中学生くらいの年齢になると、交友関係なども広がったり、
オシャレにも敏感になってきたりする時期でもありますので、
小学生の頃よりも、よりお金に対しては敏感に反応しやすい時期でもあります。

 

かと言って、あまりに多くあげすぎるのも教育をしていく上でも
良くなかったりしますので、お子さんの状況に合わせて決められるのが
一番かと思います。

 

また、お年玉を決める計算式と言うものがありまして、

・「年齢÷2x1,000円」

によって、算出された金額が、
その年齢の妥当(ベスト)な金額となっているようです。

 

例を挙げますと、お子さんが15歳の場合、

・「15(年齢)÷2x1,000円」=「7,500円」

となります。

 

もし、この算出方法により出てきた金額が妥当だと
お考えになられるのでしたら、
事前にこういうものだと伝えておくのも良いかと思います。

 

お年玉の相場で高校生はいくら?

高校生のお年玉の相場はいくらくらいなのかですが、

・一般的には「5,000円~10,000円」

と考えられているところが多いようです。

 

中学生の頃と同じという方もいれば、
高校生なのでもう少し上乗せしてあげたほうが良いという
考えの方とに別れるようですね。

 

中学生の頃よりも、高校生の頃になると、
さらにお金に対して敏感になってくるので、
渡す金額を前もって決めておいて伝えておくという方法も良いかと思います。

 

また、迷ったときは、
先程お伝えしました「お年玉の計算式」を活用なさってみるのも
一つの方法かとも思います。

 

余談ですが、ちなみに大学生は「0円」または「10,000円」というのが、
平均的な相場(声)でした。

 

まとめ

お年玉を渡すとなると、教育上としてどうなのかであったり、
マナー的にどうなのかなどをはじめ、
本当に金額のことで悩まれると思います。

一番は、各ご家庭で前もって話し合いをされて
決められておく(可能なら事前にお子さんに伝えておく)と
良いかと思いますが、迷われた際は、上記でお伝えしました相場や計算式を
ご参考になさってみてくださいね。

 

-冬の行事
-,