色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

喪中時には初詣に行けないの?おみくじは?おせち料理はどうなの?

‘r’†ƒnƒKƒL

喪中の時にお正月を迎えた時、
「初詣に行ってはいけないのか?」など、やってはいけないことは
どこまでなのかと疑問に感じることってありますよね。

ここでは、喪中時の初詣や、おみくじ、おせち料理などについて、
どうなのかをご紹介していきますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

喪中時には初詣に行けないの?

喪中時に初詣に行くことは出来るのかどうかですが、
結論としましては、

・基本的には喪中時でも初詣に行くことが出来る

となるのですが、ご自身のその時の状況によって、
「神社には行けるのかどうか?」などが変わってきます。

 

と言いますのも、
「神社」と「お寺」では死に対しての考え方が違います。

 

神社の場合は、「死はケガレ」と捉えていて、
忌中の間は神社に立ち入ってはいけないとされているため、
その期間中は初詣を行うことはできませんが、
忌明け後であれば、初詣に行っても問題はありません。

 

一方、お寺の場合は、葬儀などをお寺の本堂で行われたりするように、
死をケガレとは捉えていません。

 

そのため、お寺でしたら、喪中であっても忌中であっても、
初詣に行くことができます。

 

上記のことから、

・喪中や忌中の時期でもお寺であれば初詣に行くことができる

・忌中の時期は神社に初詣に行くことができないが、
 忌明け後であれば行くことができる

となるのですが、「そもそも、喪中や忌中とは何か?」
ということをご紹介しておきますと、

喪中と忌中という、この2つを同じような解釈で捉えている方もいますが、
実は意味が全く異なります。

 

と言いますのも、そもそも喪中というのは、

・亡くなった方のことを思い悲しいためお祝い事をする気になれない

という期間であって、
心の悲しみを埋めるための期間であるので、
喪中そのものに対しての明確に決められた期間というのはありません。

 

そのため、ご自身の気持ち次第というところがあり、
亡くなった方のことを思い、自分が悲しんでばかりいてはいけないと思い、
気持ちを前向きに切り替えることができれば、年月に関係なく、
その時点で喪が明けた状態となります。

 

逆に、2年や3年、またはそれ以上の年月が経っても、
悲しい気持ちの状態であれば、
それはまだ喪中の期間ということになります。

 

一方、忌中というのは、宗派によって違いがありますが、
喪中とは違い、時期というものが考えられています。

 

その時期というのが…

・神道…五十日間

・仏教…四十九日間

とされていまして、
この時期は「お祝い事や派手な行いなどは避ける期間」とされています。

 

そのようなことから、神社(神道)で言いますと、
忌中の期間は「五十日」で、「五十一日」以降は忌明け後となりますので、

・亡くなってから五十一日以降は初詣ができる

ということになります。

 

ただ、一般的なイメージとしては、
「1年間は喪に服す」という考えを持たれていることが多いため、
必ずしも、上記でお伝えしたとおりに初詣に行けるかどうか、
と言うのは、お住いの地域などによっては難しい場合もあります。

 

神社によっては、忌中明け後であったとしても、
「一年間は忌中」と考えるところもあるようですし、

一般的な人付き合いという部分では、
「1年間は喪に服す」というのが一般的なイメージでありますので、
周りの人たちの目が気になるという場合などもあることでしょう。

 

そのような場合は、お住いになられている各地域の風習などに
合わせられて考えられたほうが良いかと思います。

 

喪中時の初詣でおみくじを引くことは出来るの?

喪中時の初詣でおみくじは引けるのかどうかですが、
こちらに関しましては、

・初詣に向った先が「お寺」なら、喪中や忌中でもおみくじを引ける

・神社の場合は、忌中明け後ならおみくじを引くことができる

となります。

 

喪中時の初詣にお守りは買うことができるの?

初詣に行った時は、おみくじのこともそうですが、
同時に、「お守りは買っても大丈夫なのかな?」と
思う方もいらっしゃるかと思います。

 

お守りの場合も、おみくじの時と同様に、

・初詣に向った先は「お寺」なら、喪中や忌中でもお守りを買うことができる

・神社の場合は、忌中明け後ならお守りを買うことができる

となります。

 

お守りの他にも、御札なども同様です。

 

ただ、中には、

「忌中時でも、新年を迎えたので新しいお守りを買って
 無病息災などのご利益は得たい。」

と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

その場合、神社には立ち入ることはできませんが、
最近では、インターネットで公式サイトを開いている神社などもあり、
場所によっては郵送という形で購入することができたりしますので、
その場合はそちらにご相談やお問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。

 

喪中時には初詣の他におせちはどうなの?

喪中時には初詣のことの他にも、
「おせち料理は食べていいのかどうか?」というところも、
気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

そもそも、おせち料理は基本的にはお祝いの料理とされていますので、
喪中時は避けられたほうが良いと言われています。

 

ただ、上記でもお伝えしましたお話しのとおり、

・忌中明け後であれば、家の中ではおせち料理を食べることはできる

となります。

 

その場合は、出来る限り「お祝いごと」や「派手さ」を
感じさせるようなものは避け、

・黒豆、なます、きんとん、かまぼこ(白だけ)などの食材を使う

・重箱は使わず、お皿などを使う

・お祝い箸は使わない

などに気を付けられると良いでしょう。

 

また、この時期はおせち料理の他にも、
「お雑煮は食べてもよいのか?」と、
気になる方もいらっしゃるかと思いますが、

お雑煮の場合も、お祝いの料理としてではなく、
普通の料理として食べられれば良いでしょう。

 

まとめ

新年を迎え、喪中や忌中であっても、
初詣に行ってその年の無病息災などを願う気持ちを持つことは
大切なものであって、決して悪いことではありません。

喪中時は辛いお気持ちであるかと思いますが、
故人の方を偲びつつ、ご自分のお気持ちも大切にしながら
新年を迎えられ過ごされてくださいね。

-冬の行事
-,