色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

七草粥の意味や由来はどういうもの?歌は?英語で訳すとどうなる?

326904

七草粥を食べる時期になり、ふと思ったりするのが、
「そもそも七草粥ってなんで食べるの?」ということってあるかと思います。

ここでは、七草粥の意味や由来、歌にはどんな思いが込められているのか、
英語で訳すとどうなるのかをご紹介していきます。

 

七草粥の意味や由来はどういったものなの?

七草粥の意味や由来ですが、七草粥を食べることには、

・厄除けやその年の無病息災を願う

という意味が込められています。

 

七草粥を食べる日は「1月7日」ですが、なぜこの日なのかと言いますと、
古来から、この日は《人日(じんじつ)》という五節句の一つで、

・その日は人を殺さず大切にする日

という節句であり、そのような意味が込められた大切な日でした。

 

この「人日」に関しましては、古来の中国では、

・人日の日に七種類の野菜を入れた汁物(七種菜羹)を食べて、
 無病息災を願う

という風習がありました。

 

一方、古来日本では、枕草子などの古典にも、

・小正月(旧暦の1月7日)に野で野草を摘んで食べる

ということが書かれていることから、
古来よりそのような風習(若葉摘み)があったと言われています。

 

そして、上記の古来中国の「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を
食べる風習が日本に伝わり、その風習と、
古来より日本にあった「若葉摘み」の風習が交わって、
【七草粥を食べるという風習】ができました。

 

それから先、江戸時代にて、江戸幕府により、

・五節句の一つとして「人日の節句」

が定められ、今に至ります。

 

そのようなことから、
「1月7日に七草粥を食べる」という風習があるのですが、
その七草粥を食べるタイミングはいつごろなのかと言いますと、

・1月7日の朝に食べる

と言われていますので、
その時間帯に食べられると良いでしょう。

 

七草粥の七草の意味はどういうものなの?

七草粥の七種の意味ですが、
七草には元々、「春の七草」と「秋の七草」と合計14種類があるのですが、
無病息災の願いが込められた七草は【春の七草】と言われています。

 

というのも、秋の七草ではないかといいますと、
秋の七草の中には食べることが出来るものが少なく、
どちらかと言えば、観賞用として楽しまれるものが多いためです。

 

無病息災の願いが込められた「春の七草」の、
それぞれに込められた意味をご紹介しますね。

 

■七草粥の七草に込められた意味:

・芹(セリ) …競り勝つ

・繁縷(ハコベラ)… 繁栄がはびこる

・御形(ゴギョウ) …仏体

・仏の座(ホトケノザ) …仏の安座

・薺(ナズナ) …撫でて汚れを除く

・蘿蔔・清白(スズシロ) …汚れのない清白

・菘・鈴菜(スズナ) …神を呼ぶ鈴

 

という意味が込められています。

 

また、こちらは余談ですが、ご家庭や地域によっては、
七草粥に大根を入れて食べるところがありますが、

大根の根には、元々、「物事の根源」と示されており、

日頃の怒りや煩悩、人の愚かさを断ち切っていただくことを
神様にお願いをすると意味が込められています。

 

さらに、「神様に対して根気良く心から信仰をしていきます」
という約束をするという意味も込められています。

そういったところから、
大根が食べられていたりするんですね。

 

七草粥の歌にはどういう意味が込められているの?

七草粥の歌にはどのような意味が込められているかということですが、
元々、七草粥の歌は「七草囃子(ななくさばやし)」と呼ばれ、その歌には、

・害鳥を追い払い、疫病が流行らないためのおまじない

という意味が込められています。

 

このようなことから、
七草粥の歌は「鳥を追い払うための歌」ということが分かりますが、
なぜ、そのような歌が出来たかといいますと、

・鳥は穀物をついばむ農作物の敵であるため、追い払い豊作を願う

という意味と、

古来日本では「疫病は外からやって来るもの」と信じられ、
その疫病をを運んでくるのが鳥だと考えられていたため、

・疫病を運んで来る鳥を追い払うため

という2つの意味から、
七草粥の歌が出来たと言われています(諸説あり)。

 

古来では、それだけ鳥を追い払うということは
とても重要だったということですね。

 

そして、その七草粥の歌(七草囃子)に関しましては、
七草粥を食べる前日に七草を摘み、年棚(歳神を祭った棚)の前で、
七草囃子を唄いながら七草を刻んで食べる準備を済ませ、
翌日の朝に七草粥を食べていたということです。

 

また、七草粥の歌は地域によって幾つかの種類があるそうで、
ご参考までに、その幾つかを以下にご紹介しておきますね。

 

■七草粥の歌の種類:

・落語「七草」

『七草なずな、唐土(とうど)の鳥が渡らぬ先に、
 トントンパタリ トンパタリ~ 』

・京都市伏見区 城南宮(じょうなんぐう)

『唐土(とうど)の鳥が渡らぬ先に、七草なずな、テッテッテロロロ~ 』

・三重県地方

『七草なずな、トートの鳥が日本の土地へ渡らぬ先に、かけよとバタバタ~』

『唐土(とうど)の鶏と日本の鶏と渡らぬ先に、
 キヤキヤしてホトト、キヤキヤしてホトト~』

・出自不明

『七草なずな、唐土(とうど)の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、七草たたけ~』

『七草なずな、唐土(とうど)の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、
 セリこらたたきのタラたたき』

 

などがありますが、もしかしたら、
中には聞いたことがある歌もあるかもしれませんね。

 

七草粥の意味を英語で訳すとどうなる?

七草粥の意味を英語で訳そうと思った場合、
どのような文面で良いのかということを悩んでしまうところですが、
以下に参考となる文例をご紹介しますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

■七草粥の意味を英語で訳した場合(参考文例):

例文:

七草粥は、五節句の一つである「人日」に食べます。

人日は一月七日です。

その年の無病息災を願って、
春の七草を入れて炊いたお粥を食べるのです。

お正月のご馳走の食べ過ぎやお酒の飲み過ぎで
疲れた胃を整える意味もあります。

青菜が不足しがちな冬場の栄養補給をすることもできます。

七草は囃し歌に合わせて包丁で刻みます。

囃し歌には地域によって多少の違いがあります。

日本でとても古くから親しまれている行事です。


上記の日本語文を英語で訳しますと…

 

英訳:

Japanese eat a "Nanakusa-gayu" on the day of "Jinjitsu",
which is one of the five seasonal festivals called "Go-sekku"
and is celebrated on the seventh day of January.

A Nanakusa-gayu is a rice porridge with seven green herbs of spring
and served to pray for sound health.

It is supposed to help a stomach stuffed and exhausted after days of
New Year feasting to recover.

It can also make up for the loss of nutrients in winter,
when green leafy vegetables are scarce.

People chop the seven herbs with a kitchen knives
while singing an accompanying song.

The accompanying song may vary a little from region to region.

This event has long been familiar to Japanese people through the ages.

参照先:「教えて!GOO」より

 

となります。

 

上記の文面はあくまでも一つの参考例ですので、
伝える方に合わせるなど、
ご自分に合った言葉をお伝えになったり書かれてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

七草粥には、昔の人達の生活に深い繋がりを持つ意味が
込められていたということですが、この記事を読まれることによって、
少しでもあなたのお役に立つことができたら嬉しく思います。

-冬の行事
-,