色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

大掃除でお風呂の床の黒ずみはどう落とす?水垢は?排水口はどうする?

Print

大掃除でお風呂場を掃除しようと思い床を見てみると、
「ポツポツと床が黒ずんでいる部分を見つけた…。」
ということってあるかと思います。

ここでは、その黒ずみや水垢や湯垢をキレイに落とす方法や、
排水口をキレイに掃除する方法をご紹介していますので、
よろしければご確認なさってみてくださいね。


 

大掃除でお風呂の床の黒ずみをキレイに落とす方法とは?

お風呂場の床の黒ずみの原因は様々で、

・黒カビ

・水道水に含まれる成分が固まり、そこに石鹸カス等が付着し床に固着したもの

などが考えられます。

 

それらの原因により出来た黒ずみをキレイにする方法ですが、

・お酢(または、クエン酸水)を使う

・漂白剤などを使う

という方法がありますが、
安心で手軽にできる方法は「お酢を使う方法」でしょう。

 

その方法ですが、

1:黒ずみの部分に、ティッシュかキッチンペーパーを敷き、
  そこにスプレーボトルに入れた「お酢」か「クエン酸水」を
  ティッシュなどがしっかりと濡れるくらい吹きかける

2:ティッシュなどの上にサランラップをかけて、「2~3時間」ほど放置する

3:ブラシかスポンジ(出来れば柔らかいもの)で擦って汚れを落とす

4:最後に水、または、お湯で洗い流して終了

以上となります。

 

「3」の時に、メラミンスポンジを使うと、より汚れが落ちるのですが、
強く擦り過ぎると、床に細かい傷がついてしまい、
その傷に汚れが付着しやすくなるため、

メラミンスポンジを使う場合は、通常はブラシかスポンジで擦り、
最後の仕上げにメラミンスポンジで軽く擦るくらいのほうが良いでしょう。

 

また、手が荒れる可能性もあるため、
掃除を行う際はゴム手袋を着用して行ってくださいね。

 

上記の方法で黒ずみが落とせなかった場合は、
「漂白剤などを使う」方法をおすすめしますが、

漂白剤などは強力ではありますが、その分、注意事項を守らないと、
思わぬ事故につながることがありますので、

 

こちらを行う場合は、

・換気をしっかりと行う

・ゴム手袋を着用する

・バスブーツ(シューズ)を履く

・目を保護するもの(メガネやゴーグルなど)を着用する

ということを心がけてください。

 

漂白剤は「キッチンで使う漂白剤」などを使いますが、

スプレータイプのものがおすすめですので、あれば、そちらをお使いいただき、
ない場合は、スプレーボトル(100均もの物で十分です)に
漂白剤などを入れておきます。

 

換気や着用するもの、漂白剤などの準備が整いましたら、
次は床の掃除を行っていきます。

 

その方法ですが、

1:黒ずみの部分に漂白剤を吹きかけて、キッチンペーパーを上に被せる

2:キッチンペーパーが濡れるくらい漂白剤を吹きかけて、
  その上からサランラップを被せて20分ほど放置する

3:放置したら、ブラシかスポンジ(出来れば柔らかいもの)で軽く擦る

4:水、または、お湯で洗い流せば終了

以上となります。

 

「お酢を使う方法」のところでもお伝えしましたが、
擦る際に《メラミンスポンジ》を使っても良いのですが、
出来れば、通常はブラシで擦り、最後に仕上げ用に軽く擦るという方法を
取られると良いかと思います。

 

大掃除でお風呂の水垢をキレイに落とす方法はコレ!

お風呂場に見られる水垢や湯垢ですが、

水垢は「水道水に溶けている成分が蒸発して出来たカルシウム」
が主な原因とされ、性質はアルカリ性ですので、

酸性の性質を持つものを使うことが効果的だったりしますので、
お酢」や「クエン酸」などがおすすめですが、

湯垢は「石鹸カスや体の脂などが水道と混ざって出来たもの」
だったりしまして、性質は主に酸性だったりしますので、
アルカリ性の「重曹」が効果的だったりします。

 

このようにお風呂場には、酸性とアルカリ性の汚れが存在するため、
掃除をする時は、両方を使われるとキレイに落とすことが出来ます。

 

その両方を使った方法ですが、

1:スプレーボトルに「水500ml:クエン酸小さじ2杯分」を入れて混ぜ、
  クエン酸水を作る

2:水垢など重曹を振りかけて、そこにクエン酸水を吹きかける

3:ブクブクする状態になったら、アクリルたわしか使い古した歯ブラシで擦った後、
  水かお湯で洗い流せば終了

以上となります。

 

お酢も重曹も《安心・安全》なものではありますが、
手荒れが気になる方はゴム手袋をなさってくださいね。

 

もし、水垢や湯垢の他に、
「ピンクっぽいシミ(ヌメリ)」のようなものを見つけた場合は、

それは水分があるところに付着する《酵母菌》ですので、
カビではありませんが、放置しておくとカビの原因となってしまうため、
見つけ次第すぐに落とすことが大切です。

 

このシミ(ヌメリ)は擦ったりすると簡単に落とすことが出来ますが、
これは、目に見える範囲で落としたように見えるだけで、
実際には、まだ菌はその場所に存在していますので、

シミに【市販の浴室用洗剤】をスプレーして、「5分」ほど放置し、
水で洗い流せばキレイに除菌することが出来ます。

 

ただし、浴室用洗剤を使う場合は、

・しっかりと換気をする

・ゴム手袋を着用する

ということを忘れないで下さい。

 

大掃除でお風呂の排水口を簡単にキレイにする方法とは?

お風呂場の排水口を簡単にキレイにする方法ですが、
こちらも上記でお伝えしました、

・水垢や湯垢を落とすところでお伝えした方法

が効果的です。

 

では、その方法を活用した掃除の仕方をご紹介しますね。

 

1:まず、排水口にある髪の毛やゴミなどを取る

2:排水口のパーツを、外せるものはすべて取り出す

3:外したパーツに「重曹」を振りかける

4:ゴミ受けのパーツには重曹を振りかけた後、クエン酸を振りかける

5:排水口に「100cc」くらい(気持ち的にやや多めくらい)の重曹を
  ドサッと入れる

6:そこにクエン酸水を流し込む(吹きかけるのではなく流し込む)と
  ブクブクするので、そうなったら「5分」ほど放置する

7:放置したら、取り外したパーツや、排水口の中を、
  使い古した歯ブラシなどで磨いた後、お湯で洗い流せば終了

以上となります。

 

結構簡単に掃除を行うことができますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

放置する時間などがありますが、
掃除の内容は比較的簡単に行えるものをご紹介させていただきました。

ただ、ちょっとしつこいようですが、
漂白剤や浴室用洗剤などを使われる場合の注意すべき点は
必ず守ってくださるよう心掛けてくださいね

この記事を読まれることによって、
少しでもあなたのお役に立つことができたら嬉しく思います。

 

また、以下に大掃除でのお風呂掃除に関することをご紹介していますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

⇒ 大掃除でお風呂のエプロン内を綺麗にするには?浴槽やその下はどうする?

⇒ 大掃除でお風呂の鏡を綺麗にする方法は?天井や換気扇の場合はどう?

 

-冬の行事
-,