色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

大掃除でお風呂のエプロン内を綺麗にするには?浴槽やその下はどうする?

116864

自分なりに目に付くところのお風呂掃除を
ちゃんとやっているつもりなのに、どうも気になる臭いがする…。

ということがある場合、
実はエプロン内部の汚れが原因だったりすることがあります。

ここでは、エプロンの外側や内側の掃除の方法、
浴槽や浴槽下をキレイに掃除をする方法などをご紹介しますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

大掃除でお風呂のエプロン内部を綺麗にする方法とは?

お風呂のエプロン内部を掃除する方法ですが、
まず内部を掃除する前に、エプロンをしっかりと掃除をしておきましょう。

 

エプロンを外す時ですが、
下から持ち上げるような感覚で手前に引くようにすると、
エプロンを外すことが出来ますが、

メーカーによってはボルトなどで固定されている場合もあるので、
その場合はボルトなどを外してからエプロンを外すようにしてください。

 

エプロンを外す際は、無理やり力任せに外すようなことをすると
エプロン自体の損壊へと繋がる恐れがありますので、
慎重に取り外すようにしてください

 

また、中にはエプロンが外せないタイプのものがありますので、
そのようなタイプの場合は、無理に外そうとせず、
外側だけの掃除にとどめておきましょう。

 

まず、エプロンの外側を掃除しますが、軽くシャワーで洗い流した後、
カビが発生していなかった場合は、
市販の浴室用洗剤を吹きかけてしばらくそのまま放置しておきます。

 

ある程度放置することで大抵の汚れは落とすことが出来ますが、
しつこい汚れがある場合は、スポンジやブラシなどで汚れを落とします。

 

もし、カビが発生していた場合は、
浴室用のカビ取り洗剤を使ってカビ取りを行ってください。

 

最後にシャワーで洗い流せば掃除は完了です。

同様にエプロンの裏側も掃除をしましょう。

 

掃除が終わったら、
エプロンをしっかりと乾燥させておきましょう。

 

エプロン自体の掃除が済みましたら、
いよいよ、エプロン内部の掃除を行います。

 

エプロン内部に髪の毛やゴミの塊、湯垢などがある場合は、
ティッシュや雑巾を使って取り除いていってください。

 

万が一、カビが発生していた場合は、
浴室用のカビ取り剤を15分ほどつけ置きしてから、
シャワーで洗い流した後で、
市販の浴室用洗剤で他の汚れを落としていきます。

 

最後にシャワーで洗い流せば掃除は完了です。

 

場所によっては手が届きにくい場所があるかと思いますが、
その場合は、可能な限り浴室用洗剤(カビが発生している場合はカビ取り剤)を
奥の方まで吹きかけて、取っ手の付いたブラシなどを使用されて
掃除をされると良いでしょう。

 

エプロン内部の掃除が終わったら、
内部をしっかりと乾燥させてからエプロンを取り付けます。

 

エプロンの内部を掃除して2~3週間ほど経った時に、
浴室内の別の場所でカビが新たに発生してしまうことがありますが、
それは、エプロンの内部の掃除の際に存在していたカビの胞子が、
浴室内に拡散してしまったことによる場合があります。

 

そのため、エプロンの内部の掃除を終えましたら、
浴室内を消毒用エタノールをお使いになって
拭いていかれると良いでしょう。

 

手っ取り早くカビ防止を行いたいと思われましたら、
「浴室用のカビ防止用燻煙」を使用されることで、
簡単にカビ防止対策を行うことができます。

 

エプロンやエプロン内部の掃除をする際ですが、
カビが生えていない場合は、カビ取り剤を使用する必要はありません。

 

また、カビ取り剤を使用する必要があった時は、
必ず換気を行うようにしてください。

 

大掃除でお風呂の浴槽を綺麗にする方法とは?

お風呂の浴槽を掃除する際ですが、
まず、掃除をする一番良いタイミングはいつかといいますと、
それは「入浴後」になります。

 

理由としましては、温かい浴室内でお湯に触れていることで、
汚れが柔らかくなっていて落ちやすい状態となっているからなんです。

 

そのため、手っ取り早く浴槽内を掃除したい場合は、
お風呂の残り湯(少なくても、浴槽の半分近くはあった方が理想)に
重曹を「1カップ」を入れて溶かします。

 

その際に、普段お風呂で使っている「洗面器」や「椅子」、「蓋」などを
一緒に入れれば、一緒に掃除ができちゃいますので入れてしまいましょう。

 

そのような状態で一晩置いて、
それからスポンジで軽くこすり洗いするだけで、
ヌメリなどが取れて浴槽を綺麗にすることができます。

 

もし、上記のことを行っても、水垢などが残っている場合は、
一旦シャワーで全体を流し終えた後で、

スポンジに「クエン酸」を多めに取って
こすっていきましょう。

そうすることで水垢などをキレイに落とすことができます。

 

今回ご紹介しました方法は、浴槽の外側はもちろんのこと、
浴室の壁や床にも効果的だったりしますので、

重曹を溶かした残り湯を壁や床にかけて一晩置いておく

という方法として使うことができますのでおすすめです。

 

普段のお手入れはどうすれば良いの?

せっかく浴槽をキレイにしたのですから、
その状態を出来る限りキープしたいですよね。

ですので、普段からできる浴槽の簡単なお掃除の方法をご紹介します。

 

その方法ですが…

・最後に入浴した人が壁や床をシャワーで洗い流し、
 残り湯を抜きながら湯垢をスポンジでこすっていき、
 最後に乾拭きをして水滴をしっかりと取り除いて換気をする

ということを習慣にするという方法です。

 

浴槽の掃除をするのに一番適しているタイミングは「入浴後」ですので、
そのタイミングでしっかりとシャワーで洗い流し、
湯垢などをこすっていくことで、汚れなどを落としていきます。

 

さらに乾拭きをし水滴を取り除いた後、
浴室内を乾燥させることで、カビの発生防止にもなりますので、

慣れないうちはちょっと面倒に思うかもしれませんが、
習慣になるとそれほど苦に感じたりしないようになりますので、
出来る限り入浴後の習慣として続けられると良いでしょう。

 

大掃除でお風呂の浴槽下を綺麗にするにはどうするの?

お風呂の浴槽の下側って、なかなか掃除をするのが大変で、
つい疎かになってしまいがちですが、ここを疎かにすると、
見るのも辛くなるほど、とても恐ろしい状態になってしまいます…。

 

浴槽下にカビが発生してしまっては、
いくら他の場所のカビを取り除いたり、カビ防止対策を取っても、
ここからカビの胞子が拡散してしまうこともありますし、

また、カビや汚れから発生する臭いがずっと消えない状態に
なってしまうこともありますので、
しっかりと掃除をしていきましょう。

 

まず、用意するものとしましては…

 

・目を保護するもの(ゴーグル/メガネなど)

・マスク

・ゴム手袋

・高さのあるバスブーツ(シューズ)

※出来ればですので、ない場合は通常のバスブーツで構いません。

・サランラップ

・養生テープ

・酵素系漂白剤

・スポンジ

・通常のブラシ/柄の長いブラシ の2つ

 

の以上となります。

 

浴槽下の掃除の仕方ですが、

 

1:排水溝の部品をすべて取り出す

2:排水口が隠れるくらいにラップなどで蓋(ふた)をする状態にし、
  水が流れていかないようにする

3:取り出した部品をもとに戻し、その上にさらにラップなどで蓋(ふた)をする状態にし、
  水が流れていかないようにする

※浴槽下に水を溜める方法を取るため、排水口ギリギリの長さで
 ラップを切るのではなく、少し広めに余裕を持たせた長さでラップを切り、
 蓋をするように被せていくと良いでしょう。

※何よりも、水が流れていかないように蓋をなさってください

4:ラップで蓋をしたら、さらにその上から養生テープで目張りをする

※目張りは「養生テープ」で行い、
 紙テープやガムテープは使わないようにしてください。

5:「4」が終わったら、浴室内にお湯(45~50℃程)を出して、
  浴槽下にお湯が浸かるまで溜めていく

6:お湯が溜まったら、「酸素系漂白剤」を《500g/場合によっては1本分》を振りまき、
  浴槽下に漂白剤がまんべんなく広がるように送る(混ぜる)

※ここで絶対に気を付けていただきたいのは、「換気」を忘れないことや、
 「マスク」・「ゴム手袋」・「高さのあるバスブーツ(シューズ)」の装着
 なさってから「6」を必ず行うようにしてください。

7:「6」を終えたら、《2時間ほど》放置しておく

8:2時間ほど放置したら、スポンジやブラシでこすっていく

9:最後に水で洗い流す

 

以上となります。

 

この作業は、水(お湯)を流さないようにすることが、
まず何よりも大切なことですので、
その辺りが結構大変だったりしますし、
ブラシなどでこする作業も中々大変だったりします。

 

ですが、しっかりとキレイにカビや汚れなどを落とすことができますので、
掃除後の景色は爽快です!

 

掃除を行われる際は、換気やマスクなどの装着など、
注意すべき点をしっかりと抑えながら、浴槽下の掃除をなさってくださいね。

 

まとめ

お風呂の掃除は実際に行うと本当に大変だったりしますが、
お掃除をされた後の普段のお手入れとして、

入浴をされた後は…

・石鹸カスなどが残らないように、しっかりと水で洗い流す

・浴室全体に水をかけて、浴室内を冷やし温度を下げる

・乾拭きをし、しっかりと水滴を取り除く

・換気扇を1時間以上かけて、しっかりと浴室内を乾燥させる

などの、ちょっとした一手間をかけるだけで、
キレイな状態を長くキープできたりしますので、
お掃除をされた後の一手間を習慣にされて続けられてくださいね。

 

また、お風呂の窓や天井、換気扇の掃除に関することを
こちらで紹介していますので、よろしければご確認なさってみてくださいね。

⇒ 大掃除でお風呂の鏡を綺麗にする方法は?天井や換気扇の場合はどう?

 

-冬の行事
-,