色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

お歳暮のお礼状の文例で上司への書き方は?部下へやお断り方法も紹介

2016/10/09

089507

お歳暮の話題を聞くようになり、
今年もそろそろ終わりだなって思っていたところ、
会社の上司や部下からお歳暮が届けられたので、
お礼状を書かなくてはいけないと思いながらも、
どう書いて良いのかわからない…。

そんなふうに困ってしまうことありますよね。

こちらでは、上司や部下の方へのお歳暮のお礼状の書き方のポイントや
例文をご紹介していますので、確認してみてくださいね。

お歳暮のお礼状の文例で上司への書き方はどうなの?

お歳暮を上司から頂いた時に対してのお礼状ですが、
失礼のないように描くということはもちろんですが、
抑えておくべきポイントというのをご紹介します。

 

抑えておくべきポイントとは?

1・拝啓などの「頭語」から始める

2・その時の季節を表す言葉を添えながら、
相手の方への様子を伺うなどの配慮の言葉を述べる

3・お歳暮を頂いてことに対しての御礼と感謝の言葉を伝える

4・これから寒くなってくることに対しての健康を気遣う言葉を述べる

5・締めの言葉「敬具」などを添えて終える

 

上記のようなポイントを抑えることが大切です。

そのポイントを踏まえて上司の方に対しての
お礼状の例文をご紹介しますね。

上司の方へのお礼状の例文:その1

拝啓

寒冷のみぎり、寒さもひとしお身にしみるところではございますが、
〇〇部長には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度は結構なお品を戴きまして、誠に有り難うございました。

お心遣いに恐縮しております。

時節柄、どうぞご自愛いただきますようお祈り申し上げます。

敬具

 

上司の方へのお礼状の例文:その2

拝啓

寒冷の候 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度は結構なお品を戴きまして誠に有り難うございました。

ご高配の程、厚く御礼申し上げます。

略儀となりますが、書中をもって御礼申し上げます。

寒さがより厳しくなるようですので、
お風邪などひかれませんようお体にはお気をつけ下さい。

敬具

 

文面を見ると、結構固いなと思われるかと思いますが、
こちらは上司の方に対してのお礼状ですので、
これくらいでちょうど良いくらいに思われていると、
相手の方に対して失礼がないと思います。

 

お歳暮のお礼状の文例で部下への書き方はどうなの?

お歳暮が会社の部下の方から届けれた時のお礼状の書き方ですが、
上司の方に対しての書き方よりは少しくだけた感じの文章となります。

抑えるべきポイントは上司の方と変わりませんが、
ただ、いくらくだけた文章だと言っても、
相手の方に対して失礼のないようにくだけすぎた文章を書くことだけは
しないようにしてくださいね。

部下の方へのお礼状の例文:

拝啓

寒冷の候 ○○様にはおかれましては
たいへん頑張っているいる様子で何よりに存じます。

さて、この度はご丁寧にもお歳暮を頂戴しまして有り難く存じます。

お気遣いに感謝しておりますことを申し上げるとともに、
有難く拝受させていただきます。

今後、寒さが本番となるようですので、
どうぞご自愛下さいませ。

まずは取り敢えず書中をもって御礼申し上げます。

敬具

上司の方の時と比べると、
いくらかくだけた感じにはなっていますが、
かといって、くだけすぎず、固すぎずの文章となっています。

 

お歳暮のお礼状でのお断りの書き方とは?

お歳暮を頂いたことはとても嬉しく思うけど、
それが今後も毎年となってくると
負担に感じてしまうこともありますよね。

そのような時のお礼状のお断りの書き方についてですが、
上記でお伝えしました文章の中に「お断りの文面」を加えれば良いです。

 

例として:

上司の方に対してのお礼状で「例文:その1」の場合、

----------------------------------------------------------------------

拝啓

寒冷のみぎり、寒さもひとしお身にしみるところではございますが、
〇〇部長には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度は結構なお品を戴きまして、誠に有り難うございました。

お心遣いに恐縮しております。

せっかくのお気持ち大変有難く存じますが、
どうか今後はお気遣いなさいませんようお願い申し上げます。

時節柄、どうぞご自愛いただきますようお祈り申し上げます。

----------------------------------------------------------------------

のように、御礼の言葉を述べられた後に
お断りの文面を入れていただくことで、
相手の方に失礼なくお断りを入れることができます。

部下の方に対しても同じ所に
お断りの言葉を入れていただければと思います。

 

まとめ

お歳暮を頂いた際には、
お礼状を出すのは大切なマナーですので、
上司の方はもちろんのこと、
部下の方にもお礼状をお返しなさってください。

 

また、お歳暮を届けられた方には、
できるだけ早くお礼状を出してくださいね。

あまりにも遅くなってしまうと、
「お歳暮はちゃんと届いただろうか?」と
気になられてしまいます。

せっかくのご厚意で頂いたわけですので、
お互いにトラブルになる事のないようにお気をつけ下さいね。

-冬の行事
-,