色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

子育て

離乳食は風邪で下痢の時はどうする?嘔吐の時は?バナナが良いは本当?

104696

離乳食の段階のお子さんが風邪をひいた時に悩むところは、
「離乳食をどうしようか?」というところですよね。

下痢や嘔吐の時の離乳食はどうしたら良いのかであったり、
そもそも離乳食は止めたほうが良いのかなど迷いますよね。

ここでは、下痢や嘔吐の時の離乳食に関することや、
風邪をひいた時にバナナは本当に良いのかどうかをご紹介しますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

離乳食は風邪で下痢の時はどうすれば良いの?

お子さんが風邪をひいて、
下痢の症状が出ている時の離乳食はどうすれば良いかですが、
そのような時は胃腸が弱くなっている状態ですので、

「今まで食べていた離乳食の段階よりも前の段階に戻してあげる」
という意識のもと、柔らかく消化に良いものをあげましょう。

 

離乳食の柔らかさの状態としましては、

・「便と同じ状態の離乳食」

を目安にされると良いでしょう。

 

また、体や胃腸を温めることも大切ですので、
温かいメニューの離乳食を食べさせてあげましょう。

 

以上のことから、おすすめのメニューをご紹介しますと、

・煮込みうどん

・お粥、卵粥

・湯豆腐

・白身魚をペースト状にしたもの

・リンゴジュース

・子供用イオン飲料

※子供用がない場合は、
 大人用のもの(一般的に売られているもの)を3倍ほどに薄める。

・温かい飲み物

などがおすすめです。

 

逆に、食べさせるのを控えたほうが良いものは、

・繊維の多いもの(キャベツ、さつまいも、豆類、にら、ねぎ、小松菜など)

・ヨーグルト類などの乳製品

・冷たい食べ物や飲み物

・脂分が多いもの

などで、これらのものは下痢を促進させたり、
胃腸に負担をかけたりしますので、
控えるようにしましょう。

 

また、下痢の時は、離乳食を食べることを嫌がり、
母乳のみを欲しがる時もありますが、
そのような時は、無理に離乳食を食べさせないで、
母乳のみをあげましょう。

 

下痢の時に一番気を付けなくてはいけないのは、
体内の水分が下痢により失われることによる「脱水症状」です。

そのため、食事を嫌がる時は無理強いをしなくても良いですが、
水分補給だけはしっかりとされるように心掛けてくださいね。

 

離乳食は風邪で嘔吐している時はどうすれば良いの?

お子さんが風邪をひいて、
嘔吐している時の離乳食はどうすれば良いかですが、
下痢をしている時と同じような離乳食のメニューを
食べさせてあげると良いでしょう。

また、反対に食べさせるのを控えたほうが良いものも
同じものとなります。

 

嘔吐をしている時は、
食べ物や水分をほんの少しの量を口に入れても
嘔吐してしまうことがありますので、
そのような時は、「無理に口に入れずに吐き気がおさまるのを待つ」
ということを心掛けてください。

 

また、吐き気が収まった時は、まず、水分を飲ませますが、
その際は、一度に多くの量を与えるのではなく、
お子様用のスプーン(おちょこなどもおすすめ)などを使って
少量ずつを何回かに分けて飲ませてあげましょう。

母乳を欲しがっている場合も、
同様に少量ずつあげるようにしてください。

 

また、嘔吐をしている時も、
下痢の時と同様に「脱水症状」になりやすいので、
水分補給だけはしっかりとなさってあげてくださいね。

 

離乳食は風邪の時はバナナが良いの?

風邪をひいている時の離乳食として、
バナナが良いのかどうかということですが、
結論から言いますと、おすすめの食べ物です。

 

なぜ、バナナがおすすめなのかと言いますと、

・栄養を豊富に含んでいる

・栄養が体内に吸収されやすい

・消化に良い食べ物である

・赤ちゃんや子供でも食べやすい「甘さ」や「柔らかさ」がある

ということがあるからです。

 

風邪をひいているときは、胃腸が弱っている状態ですので、
できる限り消化の良いものを与えたほうが良いですし、
食べることも大変だったりするので、食べやすいということ、
そして、栄養も豊富にあることでおすすめなんです。

 

バナナを食べさせる時は、そのままの状態よりも、
潰した状態で食べさせてあげたほうが、
より消化も良くなります。

 

バナナだけを食べさせても良いですが、
それだけだと飽きてきたりすることもありますので、
以下に、バナナを使ったレシピをお伝えしておきますね。

 

■バナナパン粥(一人分)

▼用意するものは…

・バナナ(1本)

・食パン(1枚/白い部分のみ)

※できれば8枚切りタイプの薄さがおすすめです。

となります。

 

▼次に、調理方法ですが…

1:バナナを小さく潰す

2:食パンを細かくちぎる

3:「1」と「2」」をしっかりと混ぜ合わせて完成!

以上となります。

 

とても簡単に作れますし、後片付けも簡単ですので、
よろしければぜひお試しになってみてくださいね。

 

まとめ

大切なお子さんが風邪をひかれた時は、
体調の変化に常に注意を向けないといけなかったりしますので、
本当に大変だったりします。

この記事を読まれることによって、
少しでもあなたの不安や負担を軽くできることの
お役に立つことができたら嬉しく思います。

-子育て
-,