色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

年賀状の書き方で上司への文例は?宛名の横書きやボールペンは大丈夫?

211c7c5710aba3572698f89ab66e889f_s

上司の方へ年賀状を出そうとする場合、失礼なことがあっては、
その後のお付き合いを考えると、出来ればしたくないものですよね。

ここでは、年賀状を上司の方に出す時の文例や、
宛名を書く時の横書きやボールペンを使って書くことは
失礼に当たるのかどうかなどをご紹介していますので、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

年賀状の書き方で上司の場合の文例はどう?

年賀状を上司に出す場合、どんな文面を書いたら良いのか迷うところですが、
まず、年賀状を出す際に気を付けるべきポイントをご紹介しますね。

 

■年賀状を上司に出す際に気を付けるべきポイント:

・賀詞(年賀状の初めに書かれる言葉)には、
「賀正」や「迎春」、「新春」という《2文字》のみの言葉は使わない

・縁起の悪い言葉は使わない
「去る」、「絶える」、「滅びる」、「倒れる」など

・年賀状に添える文章には、原則として句読点を付けない

・文章には「昨年のお礼」と「新年を迎えての挨拶」を添える

などが挙げられます。

 

賀詞は、目上の方へ敬意を表す場合の言葉として、
「2文字」だと敬意が足りないとされ失礼に当たりますので、
賀詞は「4文字」の言葉を使うようにしましょう。

 

また、新年を迎えることはめでたい事であるとされていますので、
「去る」や「絶える」などの縁起の悪い言葉は使わないようにしましょう。

これに関連するもので、年賀状の文章には句読点を付けないというのも、

・年始の言葉には「区切りをつけない」(諸説あり)

ということから、
【文章の区切りを示す句読点は付けないようにする】ことを
原則としてしたほうが良いとされています。

 

また、上司の方への昨年のお礼と、
新年を迎えての挨拶の両方を添えられると、
より丁寧に感じられると思いますので書かれると良いでしょう。

ただし、会社で報告するような近況報告などの言葉は必要ありませんので、
そのような言葉は書かなくても良いでしょう。

 

以上のことを踏まえた上での、
年賀状を上司に出す際の文例をご紹介しますね。

 

■年賀状を上司に出す際の文例「その1」:

------------------------------------------------------

謹賀新年

昨年は大変お世話になり有難うございました

今年もご期待に添えるべく精進いたす所存でおります

年頭にあたり本年も変わらぬご指導をお願い致します

平成二十九年 元旦

------------------------------------------------------

 

■年賀状を上司に出す際の文例「その2」:

------------------------------------------------------

謹んで年頭の御祝詞を申し上げます

旧年中は公私に渡り大変お世話になり心より感謝申し上げます

本年も何卒宜しくお願い申し上げます

平成二十九年 元旦

------------------------------------------------------

 

以上の2例を挙げさせていただきましたが、
よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

また、最近では、年賀状の文章をパソコンを使って作る人が増えていますが、
一言だけでも自筆で言葉を添えられると、より丁寧な気持ちが伝わり、
上司の方への誠意が伝わりやすくなりますので、
できれば一言を添えられると良いでしょう。

 

年賀状の書き方で上司への宛名は横書きで大丈夫?

上司の方へ年賀状を出す際の宛名は、
横書きで書いても良いのかどうかということですが、
一般的に目上の方に年賀状を出す場合には横書きは失礼に当たります。

そのため、上司の方へ年賀状の宛名を書く時は、
横書きではなく「縦書き」で必ず書かれるようにしましよう。

 

また、表面と裏面の文面は統一することもマナーの一つですので、
表面を縦書きで書いた時は、裏面も縦書きで統一しましょう。

他にも、宛名を書かれる際の住所の番地などの数字は、
縦書きの場合は「漢数字」で書くようにしましょう。

 

宛名を書く際に迷ってしまうものの一つとして、
「連名はどうするのか?」ということがありますが、

上司の方個人の方のみの名前を書かれる場合は、
名前の後に「様」を付けられれば良いですが、

もし、ご家族のお名前を書かれる場合は、

・名前を書いた際は、必ず全ての名前の後に「様」を付ける

・代表者以外の方の名前を書かない場合は、
代表者の方の名前の後には「様」を付け、
その左側に「ご家族の皆様」や「御一同様」と付ける

ということをされると良いでしょう。

 

年賀状の書き方で上司の場合はボールペンでも大丈夫?

上司の方へ年賀状を書く際に、
ボールペンを使って書いて良いのかどうかということですが、

・絶対に駄目というわけではないけど、できれば使わない方が良い

ということになります。

 

なぜ、ボールペンを使わないほうが良いのかといいますと、
ボールペンを使うと、文字の太さが常に一定の状態となり、
この「文字の太さが一定」というのが、
どうしても事務的な文字に見られてしまうことが多かったり、

ボールペンで書いた文字そのものが細い字になりがちなので
見えづらいということがあるため、

気持ちを込めて書いていたとしても、
その誠意や一生懸命さが伝わりにくいということがあるからです。

 

そのようなことから、年賀状を書く際はボールペンではなく、
文字の太さに変化が感じられたり、手書き感が感じられる
「筆」または「筆ペン」が良いと言われています。

 

とはいえ、筆や筆ペンを普段から使っている方ならともかく、
使い慣れていない方ですと、
なかなか上手く文字を書くことが難しかったりしますので、
そのような場合は、無理に筆や筆ペンを使わくても良いですが、

その際の代わりとしましては、
「油性のフェルトペン」がおすすめです。

 

こちらですと、文字の太さは一定になりがちではありますが、
ボールペンよりは文字が見やすくなりますので、
油性のフェルトペンのほうが良いかと思います。

 

また、宛名などを書く時に気を付けるべきポイントですが、
文字を書き間違えた時に「修正ペンなどは使わない」ようにしましょう。

他にも、文字の色は「黒色で統一し、他の色は使わない」ということも
心がけましょう。

 

もし、書く文字を間違ってしまった時は、上司の方への気持ちを伝えるためにも、
面倒くさがって修正ペンなどは使わず、初めから書き直しなさってくださいね。

 

まとめ

上司の方へ年賀状を送るのは結構気を使うことが多いため、
何かと大変だったりしますが、この記事を読まれたことにより、
あなたの思いが伝わる年賀状を書かれることのお手伝いに、
少しでもなれたら嬉しく思います。

-冬の行事
-,