色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

インフルエンザが完治する期間は?頭痛の理由や証明書は会社に必要かを紹介

2016/09/30

082245

インフルエンザに罹ってしまうと、
しばらくの間会社を休まないといけない事は分かっているけど、
かと言って、あまり長く休むわけにもいかないと思いもあったりして、
「完治するまでの期間ってどれくらいなんだろう。」ということが
気になってしまうことってありますよね。

ここでは、インフルエンザに罹った時に完治するまでの期間や、
完治後でも頭痛が続く理由、完治証明書を会社に提出する必要があるのか、
などの疑問について紹介していきますので、
よろしければご確認なさってみてくださいね。

インフルエンザが完治するまでの期間はどのくらい?

インフルエンザに罹った時、
完治するまでの期間はどれくらいかということですが、

・インフルエンザが発症してから「5日間」

かつ、

・解熱後から「2日間」

は、感染の恐れがあるため、
外出や人との接触は避けるようにと言われています。

 

こちらは【学校保健安全法】によるものなのですが、
大体の目安としての期間ですので、個人差があることを考えると、
この期間を過ぎれば必ず大丈夫であるというわけではありませんが、
このくらいの期間は必要だと言われています。

ですので、インフルエンザが発症してから完治するまでは、
個人差なども考えて「約1週間~10日」ほどと
考えていただければと思います。

 

上記でお伝えしました期間中は、
周りの方に感染させる恐れがあるため、
会社の出勤はもちろんのこと、外出をするのは絶対に避けましょう。

 

また、上記の期間をたとえ過ぎたとしても、
完治までに個人差があることを考えると、
咳やくしゃみがまだ続いている場合は、
マナーとしてマスクをするなどをなさってくださいね。

 

インフルエンザの完治後に頭痛がするのはどうして?

インフルエンザに罹った時、
辛い症状の一つに「頭痛」がありますが、
こちらは「インフルエンザウィルスと体が戦っている」時による、
体の反応としての発熱や痛みによるものだったりします。

 

ですので、インフルエンザが完治するまでは、
辛い頭痛が続いたりするのですが、
たとえ、発熱が治ったりしても、時には頭痛が続くこともあります。

これは、発熱などが治り、体が回復の状態へ向っていたとしても、
まだ体内にインフルエンザウィルスが残っている場合は、
上記でお伝えした体の反応が続いていることにより
頭痛が続いてしまうということがあります。

 

また、インフルエンザに罹ると、
体力を大変消耗してしまったり、免疫力が低下してしまったために、
風邪などの別の病気にかかってしまうという可能性もあるため、
それによるものの場合もあります。

中には、重症化しやすく、
場合によっては後遺症が残ってしまうこともある「髄膜炎」などの
可能性もあるため、インフルエンザが完治しているはずなのに、
頭痛が続くようでしたら、早めに医師への診断をなさってください。

 

また、普段から頭痛や、頭痛に関連する症状や病状がある方は、
インフルエンザに罹った時は、さらに症状や病状を悪化させる恐れもありますので
注意が必要となります。

もし、いつもと比べて痛みが強く感じた時は、
早めに医師にご相談なさってください。

 

インフルエンザ完治証明書は会社に提出する必要があるの?

インフルエンザに罹ったため、会社を休むことになったけど、
完治してから出社する時に、会社によっては完治証明書の提出が
求められるときがありますが、本当にこれは提出しないといけないかどうか、
考えてしまうことってあるかと思います。

 

厚生労働省などの行政による通達では、
「会社や学校が完治証明書の提出を求めるのは適切ではない」
という見解を示しているのですが、

会社によっては、完治証明書の提出を求めてくるところも
まだあったりします。

 

行政の見解を考えれば、
完治証明書を提出する必要性はないかと感じますが、
会社に勤めている側としては、会社が提出を求めた時に、
きっぱりと拒否というのは難しかったりしますよね…。

もし、会社から完治証明書の提出を求められた場合は、
インフルエンザの診断を受けた病院で書いてもらってください。

※注意すべき点として、インフルエンザの診断を受けた病院以外では
 完治証明書を書いてもらうことが出来ないので、
 必ず、インフルエンザの診断を受けた病院で書いてもらうようにしてください。

 

また、インフルエンザの完治証明書を書いてもらう際の料金は、
完治証明書は保険適用外となっていることもあり、
各医療機関により料金に差があったりします。

大体の相場は「3,000円~5,000円」が一般的となっているようです。

 

医療機関によっては、
上記の金額よりも低額の料金で書いてくれる良心的な所もありますし、
また、反対に高額の料金を求められる所もありますので、
事前に医療機関に確認をしておくと良いでしょう。

 

まとめ

インフルエンザに罹ってしまうと、本当にそれだけでも辛いのに、
頭痛が続いてしまったり、完治証明書の提出とか考えると、
それだけでさらに余計に辛くなってしまわれるかと思います。

この記事を読まれることによって、あなたの負担や不安が
少しでも解消されることが出来たら嬉しく思います。

-健康
-,