色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

冷え性の改善に良い食べ物や飲み物は?半身浴や筋肉が付く効果的な方法は?

2016/11/04

437825

冷え性は普段の生活を送る上でも大変辛いものですので、「なんとか冷え性を改善したい!」と思っている方は本当に多くいらっしゃいます。

ここでは、冷え性に効果的と言われる食べ物や飲み物に加え、冷え性に効果的な半身浴の方法や効果的な筋肉の付け方などを
紹介していますので、よろしければご確認なさってみてくださいね。

冷え性の改善に良さそうな食べ物や飲み物はどれなの?

冷え性の改善というのは冷え性に悩んでいる方にとっては、本当に切実な想いや願いだったりします。

その冷え性の改善に効果的と言われている食べ物や飲み物をご紹介していきますので、普段の食生活の中に是非取り入れてみてくださいね。

 

まずは、冷え性に効果的と言われている食べ物をご紹介していきます。

 

■冷え性に効果的な食べ物:

1:小魚、赤身の肉、レバー

2:玉子、納豆、はちみつ、チーズ

3:にんにく、ネギ、ニラ、香辛料

4:ショウガ

などが挙げられます。

 

上記のそれらには、

「1」は、冷え性の原因と言われる鉄分不足を補う

「2」は、体を燃やすためのエネルギー源になる

「3」は、糖質や脂質を燃やしやすくする

「4」は、体をポカポカと温める

といったことが期待できますので、上記のものを中心にバランスよく食事をされると良いでしょう。

 

反対に、気を付けなくてはいけない食べ物として、体に良いと言われる野菜ではありますが、その中でも「サラダ(冷たい野菜)」などは、体を冷やしてしまうので、できれば避けていただき、野菜を食べる場合は【温野菜(特に根野菜)】を食べるようになさってください。

 

次に、冷え性に効果的と言われている飲み物をご紹介していきます。

 

■冷え性に効果的な飲み物:

・生姜湯、ホットココア、ホットミルク

が挙げられます。

 

これらは就寝前に飲まれることで体をポカポカと温めてくれますので、「冷え性で体が寒くてなかなか眠れない…。」という方の心強い味方となってくれます。

反対に、「コーヒー」は体を冷やしてしまう可能性があるので、できれば飲むのは避けられたほうが良いでしょう。

 

もし、今まで《コーヒーを飲むとトイレが近くなる》と感じられていましたら、それは、体が冷えてしまっている可能性があります。

とはいえ、普段からコーヒーを飲まれている方にとっては、飲まなくなるというのはかえってストレスになってしまうので、飲まれる間隔をご自分の体調などに合わせてご判断なさってくださいね。

 

上記でご紹介しました、冷え性に効果的な食べ物や飲み物の両方に「ショウガ」が入っていましたが、もし、ショウガを毎回すりおろしたりするのは面倒な場合は、市販されている「チューブタイプの生姜」でも使えます。

ただ、チューブタイプのものは、自分ですりおろした時よりも成分が多少減っていたりするようなので、気持ち多めに入れると良いですよ。

 

冷え性の改善に良いと言われる半身浴の効果的な方法は?

冷え性に良いと言われる半身浴ですが、ただ、半身浴をすれば良いというわけでなく、効果的な方法で半身浴をしないと、

・あまり効果を実感できない…

・ただ、風呂冷えしてしまうだけ…

となってしまいますので、以下に効果的な方法をご紹介しますので、ご参考になさってみてくださいね。

 

■冷え性に効果的な半身浴の方法:

1:「38℃~40℃」ぐらいのお湯をはる

2:「みぞおち(胸から拳1個分下)」から下の部分で浸かる

3:両腕は必ずお湯の外に出しておく

4:「10分間半身浴をして、一度出る(クールダウン)」を1セットとして、これを《2~3回》繰り返す

※寒い時期は体を冷やさないように、肩にタオルをかけたり、湯船の半分くらいを蓋しておくなどをなさってください。

5:お湯を全身浴ができるくらいまではり、お湯の温度は少し熱めの状態(41℃~42℃ほど)にして全身浴をする

以上となります。

 

慣れないうちは、「ちょっと面倒くさそう…。」・「なんだか大変そう…。」と思われるかもしれませんが、冷え性には入浴が一番効果的だったりしますので、ぜひ一度実践されてみてはいかがでしょうか。

 

また、半身浴の他にも、寝る前の「足湯」も効果的だったりしますので、こちらもよろしければお試しなさってみてくださいね。

 

冷え性の改善のために筋肉をつける効果的な方法は?

冷え性の改善方法として「筋肉をつける」ことで、体内の代謝機能が改善され、血行が良くなり、その結果、冷え性の改善に繋がっていくことが期待できるため、ぜひ、筋肉をつけるためのトレーニングや運動をなさってみてください。

 

筋肉をつける方法として効果的なのは、

・ジムに通って筋肉トレーニングを行う

というのがありますが、

 

こちらはジムに通われることで、「トレーナーからアドバイスを受けながら、効果的なトレーニングが行える」というメリットがありますので、もし可能でしたら、ジムに通われることをおすすめします。

 

また、同じように通うことが可能であれば、「ホットヨガスタジオに通う」という方法もおすすめです。

ホットヨガを行うことで、筋肉が付いてくるのはもちろんのこと、体を暖める効果もあるので、冷え性対策には相性が良かったりします。

また、ダイエットにも効果的と言われていますので、通うことが可能であれば、こちらもよろしければご検討なさってみてくださいね。

 

とはいえ、上記のように「何処かへ通うのは大変…。」ということもあるかと思いますので、自宅で出来るトレーニング方法をご紹介しますね。

 

筋肉をつけるトレーニングを行う際、「腕立て伏せ」・「腹筋」・「スクワット」など行い、全身をバランスよく鍛えるのが良いですが、

中でも「足回り」を鍛え筋肉をつけることが有効的だったりします。

 

さらにその足回りの中でも「ふくらはぎ」というのは、《第二の心臓》と言われ、このふくらはぎの筋肉が衰えると血行が悪くなってしまいます。

そのため、ふくらはぎの筋肉をつけるということが大切だったりします。

 

自宅で出来るふくらはぎの筋肉をつける方法としましては、

・つま先立ちを「100回」行うを1セットとして、朝、昼、晩の3セット行う

という方法があります。

 

ただ、これはあくまでも目安ですので、やり始めのうちは「30回くらい」から始めて、3セットを2セットにする(朝・晩)などして、ご無理をなさらないように行ってください。

 

他にも、「1日30分程度、早めの速度でウォーキングを行う」という方法もあります。

ウォーキングを行うことでふくらはぎをはじめ、足回りの筋肉のトレーニングになりますので、よろしければご検討なさってみてくださいね。

また、こちらのウォーキングもやり始めのうちは、足を傷めないように《早めではなく普通の速度で行う》から始められると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冷え性の改善にはどれか一つではなく、体の外側と内側の両面からという、様々な角度からの総合的な改善方法を行うことでより効果的となりますので、今回ご紹介させていただきました方法が、あなたの冷え性の改善に少しでもお役に立つことができたら嬉しく思います。

-健康
-,