色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

秋の行事

中秋の名月の意味とは?その由来も一緒にご紹介!

中秋の名月と聞くと、秋に行われるお月見だということをイメージされるかと思いますが、実際に「中秋の名月の意味って何なの?」と聞かれると、その答えに困ってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、中秋の名月の意味とはどんなものなのか、その由来も含めてご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

中秋の名月の意味とは?

中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)とは、旧暦の「8月15日」の夜の月を示し、その日の月を眺めて楽しむことを言います。

 

日本には四季があり、この四季は各3ヶ月ごとに「春」・「夏」・「秋」・「冬」とやってきますが、旧暦では秋というのは「7月~9月」のことを言いまして、その季節の3ヶ月を早い順から『初』・『仲』・『晩』と各季節の頭につけて、その時期のことを呼びます。

 

例えば、7月~9月を例に挙げますと、

・7月…「初秋」

・8月…「仲秋」

・9月…「晩秋」

ということになります。

 

このことから、「仲秋」というのは《秋という季節の期間の真ん中の1ヶ月》を意味するということになるのですが、ここで、『中秋の名月の”中秋”と”仲秋”って同じ意味なの?それとも違うの?』といった疑問をお持ちになる方もいらっしゃるかと思います。

 

仲秋とは、上記でお伝えしましたとおり《秋の真ん中の1ヶ月》を示すのですが、「中秋の名月の”中秋”」は秋の季節のど真ん中を示す意味となります。

 

秋の3ヶ月間は「7月~9月」であり、その期間のど真ん中というのは『8月15日』ということになるため、【中秋というのは「8月15日」を示す】という意味であるということになるんですね。

 

また、中秋の名月には、同じ呼び方で「仲秋の名月」という言葉もあったりしますが、上記の意味から考えると、

・中秋の名月…「8月15日」の夜の月

・仲秋の名月…「8月の1ヶ月間」の夜の月

ということになります。

 

そのため、ちょっとややこしいですが、《中秋の名月》と《仲秋の名月》は、同じ呼び方でありながらも、実は意味が違うものであるということになります。

 

また、中には「月なら年に何回か見ることができるのに、どうして秋に月を見るのが良いと考えられるようになったの?」と疑問に感じられる方もいらっしゃるかと思います。

 

これには理由がありまして、その時期の《月の高さ》と《天気》に関係しているところがあります。

 

まず、月の高さですが、この時期は人が月を見上げるのにちょうどよい高さに月があるということが挙げられます。

 

太陽の高さを考えた時、夏の時期は太陽は高い位置にあり、冬の時期は低い位置にありますよね?

 

その太陽と同じように、月にも季節によって高さに違いがありまして、夏は低い位置にあり、冬は高い位置にあるのですが、月の高さが高すぎると見上げるのが大変ですし、低すぎると月が見えない(見えにくい)ということが起きてしまいます。

 

その月の高さというのが、旧暦の8月頃に人が月を見上げるのに丁度良い高さとなり、月を眺めやすいということが理由の一つとなっています。

 

もう一つの理由であります「天気」ですが、この時期は天気の良い日に恵まれることが多く、1年の間の中でも空気が澄みきっていて、月が大変綺麗に見ることができるということが理由であり、【月の高さとこの時期の天気により、秋に月を見るのが良いとされた】というわけです。

中秋の名月の由来は?

中秋の名月の由来ですが、元々、中国には昔から月を眺めて楽しむという「望月」という風習があり、その風習が平安時代の頃の日本に伝わり広がっていきました。

 

実際に残っている記録では、日本で最初に行われたお月見は「909年(延喜9年)に醍醐天皇が開いた月見の宴である」という記録があります。

 

中国からその風習が日本に伝わったはじめのうちは、貴族たちが水面に映る月を眺めながら宴会が行われるといった限定的なものだったのですが、江戸時代になると、農作物の豊作を祈る収穫祭として庶民にも浸透していきました。

 

ちょうどこの時期は、農作物の収穫に当たる時期となりますので、このような流れになったというわけですが、この時期はさつま芋や里芋などの芋類が穫れる時期でもありますので、「芋名月(いもめいげつ)」といった別の呼び方をされることもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

中秋の名月には、「月を眺めて楽しむ」という自然を見て感じながら時を過ごすという風情のあることと、農作物の豊作を願うためのお祈りをするということがあったのですね。

 

あなたもぜひ、月を眺められて、自然を見て感じながら楽しむという風情のある時を過ごされてみてはいかがでしょうか。

-秋の行事
-,