色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

五月晴れとは何時のことをいうの?本当の意味をご紹介!

5月の時期に気持ちよく過ごしやすい晴れた天気のことを「五月晴れ」と表現したりすることもありますが、実際はと言いますと、本来の使い方としては間違った使い方となってしまうんです…。

 

そこで今回は、本当の意味では五月晴れとは何時のことをいうのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

五月晴れとは何時のことをいうの?

五月晴れ(さつきばれ)という文字だけを見ると、「五月=現在のカレンダーでの5月」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、実は、五月晴れの”五月(さつき)”というのは、旧暦では【現在のカレンダーでの6月】のことを示しています。

 

そのため、本当の意味での五月晴れとは何時のことをいうのかといいますと、【梅雨の晴れ間(梅雨の合間の晴れた天気)】のことを示していることになります。

 

実際に、五月晴れの”五月”が旧暦では6月(梅雨の時期)を示していたという事がわかる俳句もありまして、『五月雨を集めて早し最上川』という松尾芭蕉が読んだ俳句にある”五月雨(さみだれ)”は《梅雨の時期に降り続く雨》のことを示しています。

 

この俳句の意味は、「梅雨に降り続く雨によって最上川の水位が増して流れが早くなっている状態」を表しています。

 

このことから、五月晴れや五月雨の”五月”とは【現在の6月(梅雨の時期)】を示した言葉であるということがお分かりいただけたかと思います。

五月晴れの本当の意味以外で使うのは間違いなの?

五月晴れは「梅雨の合間の晴れた天気」を示す言葉であるということをお伝えしましたが、現在では多くの方が『現在のカレンダーの5月の晴れた天気のことを示す言葉』として使っていたりしますよね。

 

本当の意味としては使い方は間違っていたとしても、実際に、今の5月の晴れた天気を示す言葉として使うのは間違っているのかというと、そうではありません

 

と言いますのも、国語辞典などにも五月晴れの意味として、本来の意味とは別に【現在の5月の晴れ】を示す意味として記載されていたりしますので、現在では、5月の晴れた天気のことを五月晴れと言っても間違いではないということになります。

 

なんだかちょっとややこしい話ではありますが、

【五月晴れの本当の意味は「梅雨(旧暦の6月)の合間の晴れた天気」を示す言葉ではあるけど、現在では、今のカレンダー(新暦)の5月の晴れた天気のことを示す言葉として使っても間違いではない】

ということになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

五月晴れの本当の意味をご紹介しましたが、現在では、文字通り「5月の晴れた天気」を示す言葉として使っても間違いではないということになります。

 

もし、それでも使い方に不安がある場合は、「快晴」や「気持ちのよい天気」、「すがすがしい天気」などの言葉を使われて、『今日は快晴ですね。』といったような会話をされると良いかと思います。

-生活や住宅
-,