色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

浴衣に腕時計ってアリなの?アクセサリーなどは付けないほうが良い?

浴衣を着て外出しようと思った時、「浴衣に腕時計はしないほうが良いのか?それともしても大丈夫なのか?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

せっかくの浴衣での外出ということもあって、恥ずかしい思いなどはしたくないですので気になりますよね。

 

そこで今回は、浴衣に腕時計をするのはアリなのか、その他のアクセサリーは付けないほうが良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

浴衣に腕時計ってアリなの?

浴衣に腕時計はアリなのかどうかですが、基本的にはアリですので、身につけても大丈夫です。

 

本来であれば、浴衣などの着物類を着るときは、出来る限り余計なものは身につけないようにすることが大切だったりしますが、最近では、浴衣はファッションとして捉えられている傾向が強くなってきていることから、浴衣に腕時計はタブーということはありませんので身につけること自体は問題ありません。

 

ただ、浴衣の時に腕時計を身につける際の注意点として、

・出来る限りシンプルなデザインの時計を身につける

・浴衣の袖口に引っかかったりするような形状のものは選ばない

ということを心掛けられたほうが良いかと思います。

 

と言いますのも、浴衣とのバランスを考えた時に、あまり派手なデザインの腕時計を身につけていると、その腕時計ばかりが目立ってしまい、せっかくの浴衣姿が台無しになってしまう可能性があります。

 

また、浴衣の袖口に引っかかったりするような形状のものは、何度も腕時計が袖口に引っかかることにより、袖口を傷めてしまう可能性もあります。

 

そのため、浴衣の時に腕時計を身につけることは問題ありませんが、ある程度、浴衣とのバランスを考えられることが大切だったりします。

浴衣はアクセサリーなどは付けない方が良い?

腕時計の他に、浴衣の時にアクセサリーなどは付けても良いのか、それとも、付けないほうが良いのかということですが、こちらも腕時計のところでお話しましたように、浴衣などの着物類を着るときは、本来であればアクセサリーを身につけることはNGだったりします。

 

その理由としましては、アクセサリーなどを身につけると、もちろん、見た目にも良くないということもありますが、そのアクセサリーが浴衣(着物)の生地に触れている部分はどうしても傷みやすくなってしまうからです。

 

そのため、本来であれば、着物類を着る時にはアクセサリーなどはNGとなっているのですが、とはいえ、最近は浴衣はファッションとして捉えられている傾向が強くなっていることを考えると、全てが駄目だということではありません

 

全てが駄目とは言いませんが、やはり、浴衣(着物)を着るということで、気を付けられたほうが良いこともあります。

 

アクセサリーを身につける際の注意点としましては、

・ネックレスは見た目の観点からしない方が良い

・ブレスレットもしないほうが良いが、する場合はシンプルなデザインのものを身につける

ということを心掛けられたほうが良いかと思います。

 

ネックレスに関しましては、浴衣(着物)を着た時に、顔以外の部分で素肌を露出するのは「うなじ」と「手元」だけで、その部分は何も身につけていない状態のほうが美しいと考えられているからです。

 

そのようなことから、ネックレスは身につけないほうが良く、同様に、ブレスレットも身につけないほうが良いのですが、どうしても身につけたい場合は、ジャラジャラしているようなものは避けて、シンプルなデザインのものを身につけるようにされると良いでしょう。

 

ピアスやイヤリングに関しましては、浴衣の場合でしたら、浴衣とのバランスを考えながらではありますが、「お好みで」という感じで身につけられれば良いでしょう。

 

指輪、髪飾り、帯留などに関しましても、身につけられても良いですが、これらの場合も浴衣とのバランスを考えながら身につけるようにされると良いでしょう。

 

浴衣の時の小物類はどこにしまうの?

浴衣を着る時の腕時計やアクセサリーに関することをお伝えしましたが、財布とか携帯電話などの小物類はどこにしまうと良いのかと悩む方もいらっしゃるかと思います。

 

小物入れなどを持ち歩かれる場合は、そちらに入れていただければ良いですが、「小物入れなどを持ち歩くのは面倒くさい。(持ち歩きたくない。)」という方の場合は、財布に関しましては「袖のたもと(袖のブラブラしている部分)」に入れるようにされると良いでしょう。

 

携帯電話は「浴衣と帯との間」に入れるようにされたり、ハンカチなどは「着物の上前と下前の間の部分(胸元の部分)」に入れるようにされると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

浴衣などの着物類を着るときは、基本的には腕時計やアクセサリーなどは身につけないものではありますが、最近では、身につけるということに関しましては、浴衣とのバランスを考えながらではありますが、特に問題はないようです。

 

とはいえ、せっかくの浴衣ということもありますし、あまり、あれやこれやと考えすぎると楽しくなくなってしまいますので、ご自分なりに着こなされて楽しまれてくださいね^^

-夏の行事
-,