色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

遮光日傘の効果は?寿命は何年くらいもつものなの?

紫外線対策のために遮光日傘を使おう(購入しよう)と思った時、「遮光日傘で紫外線はどれくらい防げるのか?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

せっかく使うのでしたら、ちゃんと効果があって欲しいと思いますので、その効果はどれくらいなのか気になりますよね。

 

そこで今回は、遮光日傘の効果はどれくらいなのか、その効果の寿命は何年くらいもつものなのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

遮光日傘の効果は?

遮光日傘には「遮光率◯%」と「UVカット率◯%」という表記がされているのを目にするかと思います。

 

「遮光率99%」や「遮光率99.99%」であったり、「UVカット率90%」、「UVカット傘」などの表記がされていますよね。

 

こうなると、『何を選んだら良いのか迷ってしまう…。』という方もいらっしゃるかと思いますが、よりしっかりとした紫外線対策を行いたいと思われましたら、【UVカット率100%】など、「UVカット率」のより高い数字が表記されているものを選ぶようになさると良いでしょう。

 

「UVカット傘」や「UVカット率90%」なども全く効果がないとはいえませんが、紫外線対策をしっかりと行いたいという方には効果はどうしても弱くなってしまいます。

 

「UVカット傘」は、紫外線を反射させる加工を行うことで紫外線を防ごうというものですが、これですと、生地の繊維の隙間から光が差し込んでしまいますので、紫外線対策としては効果は弱くなってしまいます。

 

「UVカット率90%」も、90%のカット率がありますので、高い効果が得られそうではありますが、やはり、少しでもよりしっかりと紫外線対策を行っていきたいという方には物足りなかったりします。

 

また、『紫外線対策もそうだけど、日よけ対策もしっかりとしていきたい!』という方の場合は、「UVカット率」だけでなく、「遮光率」も意識して確認するようになさってください。

 

遮光率を見た場合、「遮光率99%」の場合は、99%となると《ほぼ100%》の遮光となるわけですので一見良さそうに思えますが、1%は太陽の光が傘の中に入ってきていることになります。

 

実際に、太陽のもとで傘に手をかざしてみてください。

手の形が透けて見えると思います。

 

『いや~、それでもたったの1%でしょ?』と思われるかもしれませんが、これが大きな落とし穴となりますので、日除け対策も万全にしたいという方はご注意くださいね。

 

このようなことから、紫外線対策だけでなく、よりしっかりとした日除け対策も行っていきたいという方の場合には、遮光率の表記のところで【完全遮光(または、遮光1級)】か【遮光率99.99%(または、それ以上)】と表記されているものを選ばれることをおすすめします。

 

傘の色は関係あるの?

傘の色を考えた時、『せっかくなら少しでも紫外線対策効果が高いものが良い。』という方の場合は、紫外線を吸収してくれる《黒》が効果的だったりします。

 

白やシルバーなどの色は紫外線を反射させる働きはあるのですが、全ての紫外線を反射することは出来ず、反射しきれなかった紫外線を傘の中に透過させてしまいます。

 

また、紫外線は建物の壁や地面などに当たると反射しますので、地面に当たり反射した紫外線が白の日傘に反射して肌に当たってしまうということも起きてしまいます。

 

そのため、色を選ぶとすれば《黒》が効果的なのですが、黒は紫外線以外に太陽熱も吸収してしまいますので、傘の内側に熱がこもりやすくなるというデメリットもあります。

 

こうなると、『じゃあ、どうすればいいのよっ!』と思われるかもしれませんが、最近では、白色でもUVカット加工がしっかりとされているものもありますし、傘の内側に熱がこもりにくい工夫がされている傘もありますので、是が非でも黒にしなければならないというわけでもありません。

 

ただ、より高い紫外線対策をしたいという方には、おすすめの傘としまして、【傘の外側が「白(またはシルバーなどの薄い色)」で、内側が「黒(または、濃い色)」】などになっている傘をおすすめします。

遮光日傘の寿命は何年くらいもつものなの?

一般的なものを見た場合、遮光効果は使い続けるほど(古くなるほど)弱くなってしまう傾向にあるため、UVカット加工されたものであれば、「2~3年」を目安に定期的に買い替えたほうが良いです。

 

ただ、中には値段が「1万円」以上しますが、生地が破れない限り、摩擦を加えたり、汚れがついたとしても、遮光効果が低下しないものもあったりします。

 

価格だけを考えると、高いと感じられるかもしれませんが、長い目で見れば、破れたりしない限りは遮光効果が低下しないということですので、何度も買い替えたりしないで長持ちするということを考えれば、お得だと考えることもできるかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

遮光日傘を選ばれる場合は、理想は【「完全遮光タイプ」のもので「外側が白」・「内側が黒」の傘】を選ばれるのが良いですが、完全遮光タイプのものを選ばれる場合は、色などはお好みの色を選ばれても良いです。

 

そうでないタイプを選ばれる場合は、色選びをしっかりとされるようになさってくださいね。

-生活や住宅
-,