色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

土用とはどんな意味があるの?してはいけないこととは?

土用と聞くと、土用の丑の日を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、中には、「そもそも土用ってどういう意味があるの?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は、土用とはどんな意味があるのかということをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

土用とはどんな意味があるの?

土用とは四立(立春・立夏・立秋・立冬)の前の約18日間の期間をいい、それぞれを【春土用・夏土用・秋土用・冬土用】と呼ばれたりもします。

 

各土用の時期は各四立の前の18日間を目安に考えると、

春土用…立夏の前の期間に当たる「4月後半から5月の初旬頃まで」

夏土用…立秋の前の期間に当たる「7月後半から8月の初旬頃まで」

秋土用…立冬の前の期間に当たる「10月後半から11月の初旬頃まで」

冬土用…立春の前の期間に当たる「1月後半から2月の初旬頃まで」

となります。

 

『土用の丑の日』の「丑の日」に関しましては、丑というのは干支の「丑」のことを言いまして、干支の十二支は方角や月、日にちを数えたりする時に用いられたりします。

 

その日にちの周期は十二支に合わせて《12日周期》となっていまして、その周期に合わせて各干支の日にちが巡り廻ることになります。

 

そして、土用の丑の日というのは、土用の期間の中の丑の日に当たる日のことを言います。

 

カレンダーによっては、「土用」や「丑の日(または、うしという文字のみ)」などが書かれているものもありますが、土用に関しましては、土用と書かれていても、土用の期間に入る始まりの日(土用入)のことを示している場合もありますので、その日が必ずしも【土用の記載日=土用の丑の日】とは限りませんのでご注意くださいね。

 

もちろん、カレンダーの中には「夏土用入」とか「土用の丑の日」と書かれているものもありますので、その場合は、それをご参考になさってください。

 

土用の丑の日の由来とは?

本来は、土用というのは夏以外にもあるのに、なぜ夏の土用の丑の日だけ、うなぎを食べるという風習が残っているのかについてですが、その由来は、江戸時代に遡ります。

 

江戸時代に、あるうなぎ屋が全然うなぎが売れなくて困っていたため、平賀源内という人物に相談したところ、『本日土用丑の日』という張り紙を貼ることを提案されたので、それを実行したところ、これが大当たりしました。

 

では、なぜ、この発案が大当たりしたのかといいますと、もともと、「丑の日に《う》のつく食べ物を食べると病気にならず健康に過ごせる」という風習がありまして、これが背景にあったことが大当たりへと繋がったというわけです。

 

そして、他のうなぎ屋もこれを真似るようになり、土用の丑の日にうなぎを食べるということが風習として広まり、それが現在まで残っているということなんですね。

 

ちなみに、この風習が広まるきっかけとなったとされるうなぎ屋の「うなぎが全然売れなかった。」ということに関してですが、今の土用の丑の日にうなぎを食べるということからすると、《うなぎの旬は夏》をイメージする方もいらっしゃるかと思います。

 

ですが、天然のうなぎの旬は元々「冬」でして、そのために、夏の時期にうなぎが全然売れなかったということが起きていたということなんですね。

 

現在、土用の丑の日に食べられるうなぎは《養殖》がほとんどで、天然のうなぎを食べるということは少なくなりましたが、江戸時代などの昔には天然のうなぎがよく獲れていたため、旬の時期により、売れる売れないの時期があったというわけです。

土用にしてはいけないこととは?

土用の期間にしてはいけないことですが、土に触れる(関する)ことは全般的にしてはいけません

 

これはなぜかといいますと、土用は、「すべてのものは木・火・土・金・水の5つから成り立っている」という中国の五行思想に由来していまして、各それぞれには、【木は春/日は夏/土は季節の変わり目/金は秋/水は冬】を示すと考えられています。

 

そして、土用の期間には土の中に「土の神様」がいるため、そんな時に土をいじったりすると、神様の怒りに触れると考えられているため、土に触れる(関する)ことはしてはいけないとされています。

 

では、土に触れる行為とはどういうことかですが、

・土いじりをする

・植物を植えたりする

・土を掘る(土葬や建築の基礎工事、井戸掘りなど)

などがありますが、他にも喧嘩など騒がしいこともしてはいけないとされています。

 

このように言われることの背景には、季節の変わり目は体調や心のバランスを崩しやすいため、その時期は体と心をゆっくりと休めましょうという意味合いがあります。

 

確かに考えてみると、今でも季節の変わり目に体調を崩してしまう方は結構多かったりしますし、そういう意味ではちゃんと考えられた先人たちの知恵と言うことになりますね^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

土用の期間は、体調や心のバランスを崩しやすい時期でもあるため、ゆっくりと休みましょうという考え(想い)が込められていますので、現代ではなかなか難しいかと思いますが、この時期は出来る限り体と心を休ませるように意識なさってみてくださいね。

-生活や住宅
-,