色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

お盆の提灯の意味とは?いつから飾る?飾り方はどうすると良い?

お盆になると提灯が飾られたりしますが、中には「提灯を飾る意味って何だろう?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

当たり前のようにお盆になると提灯が飾られていたりするので、特に疑問を感じることがなかったとしても、よくよく考えてみるとその意味が気になることもあるかと思います。

 

そこで今回は、お盆に提灯が飾られる意味や、飾る時期はいつからなのか、飾り方はどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

お盆の提灯の意味とは?

お盆は、ご先祖様や亡くなった方々を家に迎えて供養する期間ですが、その時に、ご先祖様たちが迷うことなく家に帰ってこられるようにという目印として「迎え火」と焚いたり、家からあの世へ帰る時に迷わないようにという目印として「送り火」を焚いたりします。

 

この「迎え火」と「送り火」は、実際に家の門前やお庭などで火を焚いたりされる家庭や地域もありますが、提灯はその「迎え火」と「送り火」の役割を担うという大切な意味があります。

 

他にも、お盆の提灯はご先祖様や亡くなった方々の冥福を祈り、感謝の気持ちを表すものとしての意味もありまして、お盆にお供え物として贈られたりします。

 

盆提灯はいつから飾るものなの?

お盆の時期というと、一般的には「8月」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、地域によってはお盆の期間に違いがあり、「7月」をお盆の期間と考えられている地域もあります。

 

盆提灯を飾る時期ですが、

・7月をお盆の期間とする地域(東京、横浜、静岡など)の場合は「7月初めから

・8月をお盆の期間とする地域(一般的に8月に行われる地域)の場合は「8月初めから

飾り始めますが、遅くても迎え盆/お盆の入り(7月13日または8月13日)」までには飾るようになさってください。

 

盆提灯に明かりを灯す時期ですが、盆の入りとなる「13日の夕方」に迎え火として灯します。

そして、送り盆(お盆の明け)となる「16日の夕方」に送り火として灯します。

 

明かりを灯すのは、基本的には《夕方~夜》の間明かりを灯しますが、一晩中であったり、お盆の期間中ずっと明かりを灯し続けないといけないというわけではありませんので、夜眠る前に明かりを消されても構いません。

 

最近の提灯は「電気灯」が主流となっていますので、長時間の点灯も大丈夫かと思いますが、安全面を考えた時、やはり電球は熱を持つわけですので注意をしておくことは大切となります。

 

電気灯ではなく、ろうそくを使われる場合は、誰かは提灯の近くにいてその場を離れないようにするなど、より細心の注意を払うようになさってくださいね。

 

提灯を片付けるタイミングは、送り盆の翌日以降となる「17日以降」となります。

お盆の提灯の飾り方はどうすると良いの?

お盆の提灯の飾り方ですが、基本的には「一対、または二対」となるように、精霊棚(盆棚)やお仏壇の前に飾ります。

 

提灯を飾る時の数は特別決められてはいませんので、一つか二つにされたり、それ以上にされたりなど、各ご家庭に合わせて飾っていただければ良いでしょう。

 

提灯を飾るときですが、初盆を迎える場合は、初盆用の提灯として「白提灯」を飾りますが、白提灯を飾る場所は、亡くなった方が迷わず家に帰ってこられるようにという目印として《玄関やお庭》などに飾るのが良いとされています。

 

ですが、防犯上の心配もあることから、家の中に飾る家庭も増えてきていまして、家の中に飾っても目印となるように《窓際》に飾られたりしますし、窓際以外では《仏壇》などの前に飾られる場合が多いです。

 

白提灯の数に関しましては「一つ」あれば良いですので、それ以上の数を無理にご用意なさらなくても大丈夫です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お盆の提灯には、ご先祖様や亡くなった方々を迎えたり送ったりするための目印や感謝の気持ちを表すという大切な意味が込められています。

 

ご家庭によっては「提灯を飾るスペースが…。」というご家庭もあるかと思いますが、最近では小さいタイプの提灯などもあったりします。

 

たとえ提灯が一つだけだったとしても十分ですので、この機会にご先祖様や亡くなった方々への供養や感謝の気持ちをお伝えするためとしてご用意されてみてはいかがでしょうか。

-夏の行事
-,