色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

七夕にそうめんが行事食となった由来とは?食べる意味はどうなの?

七夕にそうめんを食べる風習があることを知っていた方ならともかく、知らなかった方にとってはちょっとした驚きですよね。

 

そんな話を聞くと、「七夕にそうめんを食べるようになった由来ってなんだろう?」と気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は、七夕にそうめんが行事食となった由来や食べる意味などをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

七夕にそうめんが行事食となった由来とは?

七夕にそうめんが食べられるようになったきっかけは、平安時代に「延喜式(えんぎしき)」と呼ばれる、宮中の儀式や作法などをまとめて記された法典があるのですが、その中に【7月7日の七夕の節句にそうめん(索餅)をお供え物にすることを定めた】ということが書かれています。

 

そのお供え物となっている「索餅」というのは、中国から伝わったもので、小麦粉と米粉を練り合わせて細くねじって油で揚げたお菓子なのですが、見た目のイメージで言いますと《ねじりパン》のような形をしていました。

 

そして、なぜその「索餅」がお供え物になったのかですが、これには古代中国の伝説に由来します。

 

古代中国の伝説とは?

その昔、「高辛氏」という帝の子供が7月7日に亡くなったのですが、その子供が霊鬼神となり、人々に熱病を流行らせていました。

 

そこで、その子供が生前に好物だった《索餅》を供えたところ、流行り病がおさまり祟りを沈めることができたということから、【索餅を食べると流行り病にかからないで健康に過ごすことが出来る】として考えられるようになりました。

 

そのことから、7月7日に病除けとして索餅を食べるという習慣が広まっていき、それが日本にも伝わり、日本でも七夕に索餅が食べられるようになったというのが由来とされています。

七夕にそうめんを食べる意味とは?

七夕にそうめんを食べる意味にはどんな願いが込められているのかですが、上記でご紹介しました願いの他にもいくつかの意味があると言われています。

 

七夕にそうめんを食べる意味は?

・そうめんを天の川に見立てて食べる

・機織りの糸に見立てて食べる

・夏の時期を元気に過ごせるようにという健康増進のため

など、そうめんを食べる意味にはこのような願いが込められていると言われています。

 

■そうめんを天の川に見立てて食べる

こちらは七夕の「織姫と彦星の伝説」にある『天の川』にそうめんを見立てて食べるようになったとされています。

 

■機織りの糸に見立てて食べる

七夕には短冊にお願い事を書きますが、昔の人達は、「習字が上手になりたい」といったように、自分が達成させたい目標をお願いごととして書いていました。

 

このように、本来、短冊に書くお願い事は習い事やお稽古の上達を願うものでしたが、これは、織姫が機織りが上手だったことから、「自分も織姫のように着物を上手く織れるようになりたい」と願うようになったことが始まりだとされています。

 

そのため、そうめんを織物に使う《白い糸》に見立てて食べることで、織物の上達を願ったとされています。

 

■夏の時期を元気に過ごせるようにという健康増進のため

そうめんは栄養価が高いことから、夏の時期にそうめんを食べて暑い時期を乗り切ろうという想いから食べるようになったとされています。

 

また、そうめんを食べることの他に、大変寒い極寒の時期に作られたそうめんを蔵で寝かせることを「厄をこす」というのですが、そこから【そうめんを食べると厄除けになる】と考えられ、小麦の収穫を神様に報告するためにお供えしたという説もあるなど様々な説があります。

 

まとめ

七夕にそうめんが行事食となった由来や食べる意味などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

このように昔の人達は、そうめんに対して様々な願いや想いを込めて食べたりお供えをしていたんですね。

 

あなたも七夕に、そうめんに願いや想いを込めながら食べられてみてはいかがでしょうか^^

-夏の行事
-,