色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

お盆休みはいつからいつまでなの?お盆に込められた意味とは?

お盆休みは1年のうちにある数少ない連休期間となるため、楽しみにしている方も多くいらっしゃいますが、そこで気になるのはお盆休みの期間ですよね。

 

せっかくの連休となりますので、その期間はどうなのかやっぱり気になるところですよね。

 

そこで今回は、お盆休みはいつからいつまでなのか、お盆とはどのような意味があるのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

お盆休みはいつからいつまでなの?

元々お盆の期間は地域によって違いがありますが、現在では、「8月13日~16日」までの期間をお盆といいまして、一般的にはその期間に合わせてお盆休みの期間となります。

 

地域によって違いがあるというのは、

・東京、横浜、静岡などの地域…「新暦7月15日(新盆)」

・沖縄地方など…「旧暦7月15日(旧盆)」

・その他の地域…「8月15日(月遅れの盆)」

というように、《15日》を中心にお盆の期間が異なったりします。

 

沖縄地方などのように旧暦に合わせてお盆が行われる地域がありますが、旧暦というのは月の満ち欠けによって暦が決められているため、その年によって旧暦の日というのは変わってきます。

 

新暦は現在のカレンダーどおりとなっていますので、新暦に行われるお盆の日は変わることはありません。

 

お盆休みは、一般的には「お盆の期間」に合わせて休みとなるところが多いですが、会社によってはお盆休みの期間に違いがあったりします。

 

会社によるお盆休みの違いとは?

各会社によって、お盆休みに違いがあるのですが、

・行政機関などの公的機関や銀行、郵便局など…「カレンダー通りの休日(期間)になる場合が多い」

・一般的な会社…「カレンダー通り、または、土日祝日を挟んだ連休期間

・サービス業や販売業など…「お盆の期間は稼ぎ時なので、連休時期(または休日の日)がずれる

などの違いがあったりします。

 

また、会社(製造業など)によっては、上記以上の長期連休期間となるところもあります。

 

最近では、2016年から「8月11日」を【山の日】として祝日にすることが制定されましたので、以前は「13日(または前後)」を連休期間の初めの日の目安にされている会社が多かったですが、会社によってはその《山の日》から連休を取るところもあり、お盆の連休期間が以前よりも増えた会社もあります。

 

公的機関や銀行、郵便局などは、基本的には特別にお盆休みというのは決められていませんので、お盆の期間に重なる日が土日などではない場合は「平日扱い」になったりします。

 

一般の会社に関しましては、各会社でお盆休みが決められていますので、期間の詳細は会社で確認を取られてくださいね。

お盆とはどのような意味があるの?

お盆とは「ご先祖様や亡くなった方々が地上に戻ってくるのをお迎えして供養する期間」のことを言います。

 

地域によってお盆の期間に違いがありますが、基本的には「15日」を中心(お盆の中日)に考えられていまして、【13日を盆の入り(迎え火)】として、【16日を盆明け(送り火)】とされています。

※旧暦にお盆が行われる地域によっては「15日=お盆の中日」ではない場合もあります。

 

盆の入りとなる「13日」に、ご先祖様や亡くなった方々の霊が迷わず帰ってこられるように、目印として《迎え火》を焚いてお迎えし、お盆の期間を共に過ごし、「16日」に《送り火》を焚いてご先祖様たちの霊を送り出します。

 

お盆のお供え物はどうするの?

ご先祖様たちの霊を迎えたり送る時には、「精霊馬(しょうりょうま)」と呼ばれる、《ナスとキュウリに割り箸などを刺したもの》をお供えします。

 

お供え物の意味ですが、

・ナス…「牛」

・キュウリ…「馬」

として見立てられていまして、ご先祖様の霊が牛に荷を引かせて、馬に乗って行き来するとされています。

 

お供え物はお盆の期間中は飾っておいて、期間を過ぎたら、基本的にはナスとキュウリは食べずに川へ流すか、土に埋めたりしますが、もしゴミとして捨てる場合は、そのまま捨てるのではなく、塩で清めてから白紙に包んで出すようになさってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お盆休みは連休期間となりますので、旅行や遊びに出かける予定を立てたり、ゆっくり休んだりするなど、リフレッシュを図ることを考えられている方も多いと思いますが、ご先祖様の霊を供養する期間でもありますので、そのことも忘れないで下さいね。

 

あんまり長い間、お墓参りに行っていないとご先祖様に怒られるかもしれないですから、お墓参りに行けない場合は、せめて、お墓のある方に手を合わせるだけでもなさってさしあげてくださいね。

-夏の行事
-,