色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

浴衣の下着はどうすると良い?透けないための対策とは?

浴衣を着る時に「浴衣の時の下着はどうしたら良いのか?」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

浴衣の時は下着やブラジャーはつけない方が良いということも聞きますが、浴衣によっては結構透けてしまうものもあったりしますので、「それじゃ、透けないための対策はどうするの?」って余計に悩んでしまうところですよね…。

 

そこで今回は、浴衣の時の下着はどうすると良いのか、ブラジャーはそもそもしないものなのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

浴衣の下着はどうすると良い?

浴衣の時の下着ですが、浴衣の色や織り方によっては透けてしまいますので、透けないための対策をしっかりとしておく必要があります。

 

では、浴衣を着た時の透けないための対策はどうすると良いのかですが、そんな時におすすめなのが「浴衣スリップ」という浴衣用の下着を着用することです。

 

本来であれば、浴衣などの和装用の下着(肌着)には、「肌襦袢(はだじゅばん)」に「裾よけ」を着用するのが一般的だったりするのですが、これが結構高かったりします…。

 

浴衣や着物を頻繁に着る機会がある方は、それらの購入も検討されるのも良いかと思いますが、多くの方は夏などの浴衣シーズンに浴衣を着ることが多いですので、それだけのために「肌襦袢」や「裾よけ」を購入しようというのは負担が大きいと感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

浴衣スリップは「肌襦袢」や「裾よけ」が一体になったワンピースタイプのもので、価格も比較的安価な浴衣用の下着(夏用の和装下着)となっていますのでおすすめなんです。

 

とはいえ、中には「浴衣の下着は浴衣スリップなどの和装下着じゃないと駄目なの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、必ずしもそうではなく、普段着ている下着の組み合わせでも代用は可能となっています。

 

例えばですが、

・「ロングキャミソール」

・「キャミソール」+「ペチコート(または、フレアパンツ)」

・「キャミソール」+「7分丈レギンス」

などですね。

 

7分丈レギンスは体のラインが出やすいので、それが気になる場合は「ステテコ」に変えられても良いでしょう。

 

これらを代用する場合は、汗をかきやすい時期でもありますので、汗の吸湿性や放湿性、速乾性に優れた素材のものを選ばれるようになさるとより良いです。

 

また、脇汗が気になる人は、脇に汗取りパットが付いたタイプのものを利用なさるのも良いでしょう。

 

浴衣の下着(肌着)を着用する際の注意点は?

浴衣の下着を着用する際の注意点として、色には十分に注意するようになさってください。

 

白などの色が薄く透けやすい浴衣に色の濃いものを着用されば、どうしてもそれが透けてしまいますし、透けてしまうどころかかえって強調させてしまうことになってしまいます。

 

そのため出来れば、色は「」か、肌に近い「ベージュ」などを選ばれることをおすすめします。

浴衣の時はブラジャーはしないものなの?

浴衣の時にブラジャーはどうしたら良いのかと悩まれる方は、実際に結構いらっしゃったりしますが、基本的には浴衣を着る時はブラジャーはしないほうが良かったりします

 

その理由は、着物を着る時などにも共通することですが、浴衣や着物などを着る場合は、見た目の体のラインを考えた時に【凸凹が強調されない(しない)ラインの方が着姿(見た目)がキレイになる】ため、バストを強調するブラジャーはしないほうが良いとされています。

 

ただ、「ブラジャーをしないのはどうも不安に感じる…。」という方もいらっしゃるかと思いますので、そのような方の場合は、「和装ブラジャー」や「ワイヤレスブラ」、「スポーツブラ」などをつけられると良いでしょう。

 

浴衣の時は基本的にはブラジャーをつけない、または、つけるのなら上記のブラジャーなどをつけるようにするという考えで良いですが、バストが大きめの方の場合は、ブラジャーをつけることをおすすめします。

 

と言いますのも、バストの大きめの方がブラジャーをつけないで浴衣を着ると、帯の上にバストがのった状態に見え、その着姿(見た目)がかえって老けてみられやすい傾向にあるからです。

 

そのようなこともあり、バストが大きめの方はブラジャーをつけられると良いのですが、その時に選ばれるブラジャーは、浴衣など和装の時に着姿が映えるようにするためにつけるブラジャーとして適している「和装ブラジャー」がおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

浴衣を着る時には下着のことで悩んでしまう方というのは、実際に結構多かったりします。

そのため、浴衣を選ばれる際は、下着のことを考えながら選ばれるようにされると、浴衣を着る時に慌てたり悩んでしまうことも少なくなるかと思います。

-夏の行事
-,