色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

浴衣のクリーニング料金の相場はいくら?日数は?帯はどうすると良い?

浴衣をクリーニングに出そうかと思った時、「クリーニングの料金はどれくらいかかるのだろう?」と気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

もし、それなりの料金だった場合は考えてしまいますし、仮に安くてもクリーニングに何回も出すようであれば結構な金額になってきますので、大体の相場は気になるところですよね。

 

そこで今回は、浴衣のクリーニング料金の相場はいくらぐらいなのか、クリーニングに出した時にかかる日数の目安や、帯もクリーニングに出したほうが良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

浴衣のクリーニング料金の相場はいくらぐらい?

浴衣のクリーニング料金の相場は、クリーニング店によって安かったり高かったりするなど金額の差はありますが、おおよその相場は「1,000円~3,000円」くらいとなっています。

 

より専門的なお店に出す場合は「5,000円」ほどかかることもありますが、一般的な相場は上記の価格帯だと考えていただければと思います。

 

クリーニング料金の差はどこに違いがあるの?

クリーニング店によって料金に差があるのはどうしてなのかですが、これは「機械仕上げ」か「手仕上げ」かといった仕上げ方による違いがあります。

 

クリーニング料金が安いお店の場合は、主に「機械仕上げ」となっているところが多く、機械で仕上げるということもあり、一定の仕上がりは期待できますが、手仕上げの時のような各浴衣に合わせた《きめ細かい丁寧な仕上がり》がされるわけではないため、場合によっては、大きく目立つほどではないとはいえ、浴衣に細かいシワができてしまうことがあります。

 

また、浴衣の縫い目にかけてある「きせ」が取れてしまうということもよくある話だったりしますので、『きせが取れたり、シワができるのは避けたい』という方は、低料金のクリーニング店(機械仕上げのお店)に出すことは避けられたほうが良いでしょう。

 

反対に、「きせ」のない浴衣の場合や、多少のシワなら気にならないという方の場合でしたら、低料金のクリーニング店で十分かと思います。

 

クリーニング料金が高めのお店は手仕上げで行われる分、高めの料金設定となっていますが、浴衣に対する知識が豊富だったり、各浴衣に合わせた仕上げを行ってくれたりするなど、きめ細かい丁寧な仕上がりを行ってくれます。

 

そのため、「きせが取れてしまった…。」とか、「シワが付いている…。」と言った、機械仕上げにありがちな心配をすることなく安心して浴衣を出すことが出来ます。

 

浴衣のクリーニングの日数はどれくらい?

浴衣をクリーニングに出した場合にかかる日数はどれくらいなのかですが、おおよその目安で「1週間前後」が一般的な日数となります。

 

急ぎでお願いした場合は「3日ほど」で仕上げてもらえる場合もあるかと思いますが、浴衣のシーズン中の場合はそのお願いを聞いてもらえるのは難しいでしょう。

 

それどころか、浴衣のシーズン中は、一般的なクリーニングに出した時にかかる日数の目安である「1週間前後」よりも長くかかる場合もあるくらいです。

 

そのため、万が一、何かしらのトラブルが起きて「浴衣を着ることができなかった…。」ということがないようにするためにも、浴衣を着る前にクリーニングに出す場合は、シーズンに入る前に出すようにされるなど、余裕を持って早めに行動を取られるようになさることをおすすめします。

浴衣のクリーニングで帯も洗ったほうが良いの?

浴衣をクリーニングに出すついでに、帯も出したほうが良いのかどうかですが、基本的には出さなくても良いです。

 

その理由などの詳細に関しましては、こちらでご紹介していますので、よろしければご覧になられてみてくださいね。

⇒ 浴衣帯の洗い方はどうすると良いの?お手入れ方法も紹介します!

 

浴衣をクリーニングに出すタイミングは?

浴衣を着るたびに毎回クリーニングに出す必要はあるのかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

 

もし、汗をたくさんかいた場合は、浴衣もそれなりに汗を吸っていますのでクリーニングに出されると良いですが、それほど汗をかいていなかったり、汚れたりしていない場合は、シーズン中にもう一度着る機会があれば、クリーニングに出さず、次回にそのまま着ても大丈夫です。

 

ただし、浴衣を着るのがそのシーズンの最後だった場合は、クリーニングに出されると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

浴衣に対してこだわりがある方や、大切にしていきたいという方は、クリーニングに出される場合は、それなりの料金となったとしても「手仕上げ」で仕上げてくれるお店に出されたほうが良いでしょう。

 

せっかくの浴衣シーズンを楽しむためにも、事前の準備は早めに済ませておくようになさることをおすすめします。

-夏の行事
-,