色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

七夕の歌詞の意味とはどんなもの?のきばやすなごって何なの?

七夕の時に歌う「笹の葉さ~らさら~」という歌ですが、よくよく歌詞を見てみると、何となくでも意味が分かるものもありますが、中には「?」と思う歌詞があったりしますよね。

 

『のきば』とか『すなご』、『ごしき』など、気になる歌詞がありますよね。

 

ここでは、七夕の歌の歌詞の意味とはどういうものなのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

七夕の歌詞の意味とは?

七夕の時に歌われる歌ですが、正式名称は「たなばたさま」と言って、1941年(昭和16年)に発刊された『うたのほん 下』に掲載されている歌なんですね。

 

私も子供の頃に歌ったことがありますが、記憶の中ではあっという間に歌い終わるイメージが残っています。

 

実際に「たなばたさま」は何番まであるのかといいますと…

作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波 作曲/下総皖一

ささの葉さらさら のきばにゆれる

お星さまきらきら きんぎんすなご

 

ごしきのたんざく わたしがかいた

お星さまきらきら 空から見てる

と、《ささの葉~すなご》までの1番と、《ごしき~見てる》までの2番までとなっていまして、歌全体としましては短い歌となっていることが分かりますね。

 

では、「たなばたさま」の歌の歌詞にある『のきば』、『すなご』、『ごしき』の意味とはどんなものなのでしょうか。

以下に各歌詞の意味をご紹介していきます。

 

七夕の歌詞の意味でのきばってどういうこと?

1番の歌詞にある「のきば」ですが、漢字では『軒端』と書きます。

 

「軒」とは、日本家屋の屋根の部分で言うところの《外側の部分(下側の部分)》の事を言いまして、簡単に言えば『屋根の端』のことを示します。

 

「軒端」は、軒のさらに端のことを示しますので、意味としましては【屋根の一番下端の部分】ということになります。

 

このことから、「たなばたさま」の《ささの葉さらさら のきばにゆれる》というのは、【軒端(庭先や玄関先など)に飾ったささの葉が風に揺られている情景】を表している歌詞になります。

七夕の歌詞にあるすなごの意味は?

「すなご」はどういう意味なのかと言いますと、漢字では『砂子』と書きます。

 

「砂子」とは、金箔や銀箔を細かい粉にしたものを示し、蒔絵や色紙、襖紙などの装飾に使われていたりします。

 

「たなばたさま」の歌詞を見ると、《お星さまきらきら きんぎんすなご》とありますので、【夜空の光り輝く天の川の美しさ】を表した歌詞なんだということが分かります。

 

「ごしき」の意味は?

「たなばたさま」の2番の歌詞にあります《ごしきのたんざく わたしがかいた》の「ごしき」ですが、漢字では『五色』と書きます。

 

この「五色」とは、中国の陰陽五行思想に由来するもので、この世は《木・火・土・金・水》から成ると考えられており、それらを示す色が【青(木)/赤(火)/黄(土)/白(金)/黒(水)】となっています。

ただ、日本では黒は好まれない色であったため、その代わりに「紫」が使われるようになりました。

 

このことから、《ごしきのたんざく》は【五色の短冊】という意味となります。

※近年では、上記五色以外の色の短冊もあったりします。

 

これらのことを踏まえて歌詞を見た場合、《ごしきのたんざく わたしがかいた》という歌詞は、【ささの葉に飾られた五色の短冊に書かれているお願いごとは私が書いたものです】ということを表している歌詞となります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「たなばたさま」は短い歌ではありますが、その歌詞の一つ一つに想いが込められていたことが分かりましたね。

 

その意味を感じながら歌ったり聞いてみると、より七夕の素敵な情景を思い浮かべることが出来るかと思いますので、ぜひ、思い出に残る楽しい七夕の時間をお過ごしになられてくださいね^^

-夏の行事
-,