色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

除湿機の場所は部屋のどこに置くと効果的なの?より良い使い方も紹介

梅雨の時期はどうしても室内の湿度が高くなりやすいですが、この時期は洗濯物も部屋で干すことが多くなるため、さらに湿度が高くなってしまいやすくなります。

 

湿度が高くなると、それだけで不快な感じがしますし、ダニやカビなども発生しやすくなりますので何とかしたいと思い、除湿機を設置しようとしたのはいいけど、「一体、どこに除湿機を置けばより効果があるんだろう?」と疑問に感じられる方もいらっしゃるかと思います。

 

ここでは、除湿機の場所は部屋のどこに置くと効果的なのか、除湿機の効果的な使い方はどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

除湿機の場所は部屋のどこに置くと効果的なの?

除湿機の有効的な置き場所は各目的によって異なりますが、部屋全体の除湿を行いたい時は「部屋の中央に置く」と効果的です。

 

除湿をする際は、部屋を締め切った状態で行うと、より除湿効果が高まりますので、できれば締め切った状態の環境を作るようになさると良いでしょう。

 

押し入れやクローゼット、下駄箱など、ピンポイントの場所を重点的に除湿したい場合は、その場所のすぐ近くに除湿機を置くと、より効果的な除湿を行うことができます。

 

部屋全体の除湿を行いながら、押し入れなどを除湿したい場合は、少し開けておくようにすると、それなりの除湿効果を期待することができます。

 

また、部屋の空気の流れが滞っていると、湿気が溜まりやすくなりますし、場所によっては埃が溜まりやすくなり、埃が溜まればダニが発生しやすくなります。

 

さらに、空気中の流れが滞るとカビの菌が付着しやすくなり、カビが発生しやすくなりますので、部屋の空気を循環させることも大切となってきます。

 

部屋の空気を循環させるためにも、除湿機を使う時には「扇風機」や「サーキュレーター」なども一緒に使われるようにされると、より除湿効果を高めたり、ダニやカビ対策も行うことができます。

除湿機の使い方で効果的なのはどうすると良いの?

除湿機の効果的な使い方ですが、梅雨の時期は部屋干しをすることも多くなりますので、どうしても部屋の湿度がより高くなりますし、なかなか洗濯物が乾かなかったり、部屋干し特有の臭いが発生してしまいますよね。

 

そんな時には、除湿機を使うことにより部屋干しの洗濯物を早く乾かすことができます。

 

除湿機を使うことで部屋の除湿を行うことができますし、洗濯物が早く乾けば臭いも発生しにくくなりますので除湿機を有効的に活用しましょう!

 

部屋干しの洗濯物を早く乾かしたい場合はどうするの?

部屋干しの洗濯物を早く乾かしたい場合は、

・洗濯物の下に除湿機を置いて使用する

ようにされることで、より早く洗濯物を乾かすことが出来るようになります。

 

洗濯物を早く乾かすコツは「出来る限り風に当てること」ですので、風が出るタイプ(送風タイプ)の除湿機でしたら、洗濯物の真下に置くことで風を効率良く当てることができます。

 

もし、送風タイプの除湿機ではなかったとしても、湿気は部屋の下にこもりやすいですので、洗濯物の真下に置くことで、洗濯物から出る水分を取り逃がさずに除湿を行ってくれます。

 

出来る限り洗濯物に風を当てることが出来るよう、洗濯物を干す場所は部屋の隅よりも「部屋の中央」で干すようになさるとより良いです。

 

部屋の隅にピッタリと洗濯物を干すと、部屋の隅側の方には風の通り道がなくなることで乾きにくくなってしまいますので、部屋の中央で干すのが難しい場合でも、お部屋の事情もあるかと思いますが、出来る限り洗濯物の周辺は隙間がある干し方を意識されるようになさってみてください。

 

洗濯物を早く乾かすコツに関しましては、こちらで詳しくご紹介していますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

⇒ 梅雨に洗濯物が乾かない時早く乾かす方法は?臭い対策や便利グッズも紹介!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

除湿機を効果的に活用できる場所に置いたり、効果的な使い方をされることで、より除湿効果を高めることができますので、ぜひ除湿機を有効に活用なさってくださいね。

-生活や住宅
-,